スーパーカー 関連ニュース - Autoblog 日本版

スーパーカー

  • Official: 新型Audi R8 Spyderを受注開始し7月上旬発売
    2017年03月28日 16時00分

    アウディ ジャパンは、Audi R8 Spyderをフルモデルチェンジし受注開始し、7月上旬発売する。  2010年に1世代目が発売されたAudi R8 Spyderが、2世代目へと大きく進化した。新型は、Coupéと同様、ボディサイドのエアインテーク部にサイドブレードを装着し、ミッドシップ スポーツであることをアピールしている。  フロントには左右に37個のLEDを備えたLEDマトリックスヘッドライトを標準装備。LEDリヤコンビネーションライトの間にハニカムグリルを装着し、Coupéとは異なる表情を演出している。フレームにはアルミとカーボンファーバー強化プラスチック(CFRP)を組み合わせた総重量わずか208kgの新世代アウディ スペース フレーム(ASF)を採用し、ねじれ剛性は先代モデルとの比較で50%の改善を果たした。  油圧電動式ソフトトップはクロス製で、フレームにはアルミニウムと鋳造マグネシウムを採用、トップコンパートメントカバーはCFRP製となっている。重量は約44kgで軽量化と低重心化に貢献。開閉に要する時間は約20秒。50km/h以下であれば走行中の操作も可能。  最高出力540PSを発揮する自然吸気V10 5.2ℓの高回転型エンジンは、7速Sトロニックトランスミッションを介し、新開発のquattroフルタイム4WDシステムへと動力を伝達。電動油圧多板クラッチは、運転状況に応じて駆動トルクを自動で分配し、極限の状況では前輪または後輪のいずれかへ100%のトルクを伝達することも可能。低負荷時にはエンジンの片バンクを休止させるシリンダー オンデマンド(COD)を採用。アクセルペダルをオフにしたときにはエンジンを駆動系から切り離すコースティングモードとあわせて、高い燃費性能を実現している。 Audi R8 Spyder V10 5.2 FSI quattroの車両本体価格(消費税込み)は、26,180,000円。 ...

  • Followup: ランボルギーニ、ニュルブルクリンク最速記録の偽装疑惑に改めて反論
    2017年03月26日 18時00分

    ランボルギーニは、「ウラカン・ペルフォルマンテ」がニュルブルクリンクで達成した量産車最速タイムについて、その信憑性を疑う声に対し、改めて正当性を主張した。...

  • Featured: 【試乗記】ランボルギーニ ウラカン LP580-2 スパイダー、荒々しいだけのスーパースポーツではなく、洗練された猛獣だ:木下隆之
    2017年03月26日 17時00分

     まったくもって、ランボルギーニというイタリアのメーカーは遠慮がない。超高性能フラッグシップのアヴァンタドールに、そのスペックをわずかも抑えることなくスパイダーをリリースしたのだから、弟分たるウラカンにさえ屋根を取っ払ってしまうであろうことは想像していた。とはいえ、こうして現実になり、ステアリングを握ってみると、ランボルギーニの熱い魂に吸い込まれてしまう。  ウラカンには「LP610-4スパイダー」が存在している。610psと途方も無いパワーをしぼりだし、4輪で駆動させるバケモノだ。  今回試乗したのは「LP580-2スパイダー」である。ランボルギーニの公式どおりに、グレード名がパワーと駆動方式をアピールする。そう、580psを誇るエンジンを縦置きに搭載し(LP)、そのパワーを2輪で受け止めるというミッドシップマシンなのである。ある意味刺激的である。  まず最初にスペックを公表しておこう。ボディサイズは全長4459mm×全幅1924mm×全高1180mmである。乾燥重量は1509kg。  V型10気筒5.2リッターユニットをミッドシップに縦置きで搭載、最高出力は580ps/8000rpm、最大トルクは540Nm/6500rpmを炸裂させる。ミッションは7速2ペダルである。スペックを確認しただけで身震いする。  ちなみに、クローズドボディのウラカン「LP580-2」よりは、全高で15mm高く、車重も120kg増える。それは電動ルーフの処理によるものだろう。ともあれ、この強烈なスペックを思えば、ルーフの高さや乾燥重量の増加分などまったく感じさせないほど些細なことである。サーキットでタイムを計測でもしない限り、その差が現れることはないだろう。少なくとも体感的には、強烈に恐ろしいほど速いという以外にないのだ。...

  • Exclusive: マクラーレンのフルイットCEO、間もなく登場する新型3シーター・スーパーカーについて語る
    2017年03月24日 10時00分

    最近、マクラーレンの自動車製造部門は多忙を極めている。先頃のジュネーブ・モーターショーで新型スーパーカー「720S」を発表し、現在は同社の研究開発部門が9種類もの車両プロジェクトに取り組んでいるのだ。マクラーレン・オートモーティブのマイク・フルイットCEOは、そのうちの1台が長く待ち望まれている(そして噂されている)3シーターのスーパーカーであることを改めて表明した。...

  • Video: 【ビデオ】『トップギア』司会のクリス・ハリスが、ブガッティ「シロン」の驚異的な加速を体験!
    2017年03月22日 06時00分

    ブガッティ「シロン」が恐ろしく速いことは誰でも知っている。最高出力1,500hpのW型16気筒エンジンを搭載し、0-100km加速2.5秒以下、最高速度は420km/hでリミッターが作動するというスペックを耳にした人も多いだろう。しかし、英国の自動車番組『トップギア』で司会を務めるクリス・ハリスは、単なる数字を見ただけではクルマの実力を正しく理解していないということを証明してくれた。彼がステアリングを握るシロンの動画では、スピードメーターの針があっという間に3桁の数字に達し、250を超えてもまだ軽々と上がり続ける様子を確認できる。...

  • Geneva: ジュネーブ・モーターショーでデビューした魅力的なイタリアのスーパーカーを一挙ご紹介!
    2017年03月20日 19時00分

    今月7日から19日まで開催されていたジュネーブ・モーターショーでは、フェラーリやランボルギーニをはじめ様々なイタリア製スーパーカーが登場し、セクシーな魅力と莫大なパワー、そして途方もない価格を競い合っていた。実際に手に入れることができる人はごく限られているが、いつでも我々クルマ好き全員の目を楽しませてくれる。今回はそんな地中海気質溢れる素敵なスーパーカーを、まとめてご覧いただこう。 ...

  • Report: メルセデスAMGの新型ハイパーカーは、走行5万kmごとに全面的なオーバーホールが必要!?
    2017年03月18日 10時00分

    メルセデスAMGから今後発表予定のハイパーカーを購入しようと考えている方は、保証延長サービスを付けた方がよさそうだ。でなければ、かなりの維持費を覚悟しなければならないだろう。というのも、自動車情報サイト『Motor 1』がメルセデスAMGのトビアス・ムアースCEOから聞いた話によると、この新型ハイパーカーが搭載するV6ターボ・エンジンはF1用がベースであるため、走行距離5万kmごとに全面的なオーバーホールが必要になるというのだ。それほどの距離を走らないとしても、このメルセデスAMGの新型マシンは価格が250万ドル(約2億8,000万円)にも上り、1,000馬力を超えるハイパーカーになるという噂なので、メインテナンスを必要とする頻度はトヨタ「カムリ」並みというわけにはいくまい。...

  • Official: ピレリジャパン、「P Zero エクスペリエンス」キャンペーンを実施中 「トップギア」のテストトラックでスーパーカーを運転できる!
    2017年03月15日 18時00分

    ピレリジャパンでは4月5日まで、「P Zero エクスペリエンス」キャンペーンを実施中。応募された方の中から抽選で1組2名の方を、英国ダンスフィールド・パークで開催される「Top Gear トラックデー(ピレリ/トップギア P Zero イベント)」にご招待するという。...

  • Video: 【ビデオ】初めてフェラーリの名前を冠したクルマが、70年前に走り始めた日を再現
    2017年03月14日 19時30分

    一昨日の2017年3月12日は、フェラーリにとって記念すべき日だった。ちょうど70年前の同じ日に、創設者エンツォ・フェラーリの名前を冠した最初のクルマが初めて走ったのだ。それは現在の世界で最も有名なスーパー・スポーツカー&レーシングカー・コンストラクターの歴史が走り始めた瞬間でもある。...

  • Geneva: パガーニ、「ウアイラ 」のロードスター・バージョンを公開
    2017年03月11日 18時30分

    パガーニ「ウアイラ」が発表されてからすでに6年が過ぎた今、ジュネーブ・モーターショーで遂にそのロードスター・バージョンが公開された。見た限りでは、どこを取っても実に素晴らしい仕上がりだ。...

読み込み中

Loading