スーパーカー 関連ニュース - Autoblog 日本版

スーパーカー

  • Report: 【東京オートサロン2017】ロータス「3-Eleven」の生産台数は世界で311台、この秋日本導入か!:山田弘樹
    2017年01月16日 18時30分

    ロータスのインポーターであるエルシーアイのブースで主役を張っていたのは、「3-Eleven」(スリー・イレブン)。これはロータス2-Eleven(ツー・イレブン)の流れを汲むオープン・レーシングで、2015年のグッドウッドフェスティバルで世界初登場。昨年春に開催された「ジャパン・ロータスデー」では、ロータスユーザーにもお披露目され大きな注目を集めていた。 ベースとなるのはロータスのミドルスポーツであるエキシージ。そのシャシーはエリーゼを基礎とするアルミ製バスタブ型の「スモールプラットフォーム」で、そのサスペンションレイアウトもエキシージを踏襲している。 ただしそのノーズデザインは同じながらも、ボディパネルは完全に新設計。というのもこの「イレブン・シリーズ」はトコトン軽量化にこだわったモデルで、フロントウインドーは小型なスクリーンに変更され、ドアさえ持たない、究極のホビー・レーサーなのだ。 とはいえ単に軽量化のためだけにドアを排したわけではなく、そこには空力性能がしっかりと盛り込まれている。サイドパネルの造形などはホイールアーチの正圧を走行風で引き抜くために大きくえぐられているし、ディフューザーを備えるリアのクラムシェルもブランニュー。そしてとうとう大型のウイングも装着された。 ちなみにそのボディにはロータスでは珍しくカーボン素材が複合され(FRPに対して40%軽量)、その乾燥重量はなんと925kgにまで軽量化された。これはベースとなるエキシージに対して225kgも軽く、最軽量のエリーゼ(900kg)にすら迫る数値だ。 そしてそのエンジンも、ロータスのトップモデルである「EVORA400」(406ps)と同様、トヨタ製3.5リッターV6+スーパーチャージャーにインタークーラーを組み合わせ、ロードバージョンでは416ps/410Nm、レース仕様では466ps/525Nmという、シリーズ最強の出力を発揮させている。 1tを切る車重に対して466psの出力だから、そのパワー・トゥ・ウェイトレシオは1.98kg/psと強烈。果たしてそんな軽量ミドシップを真っ直ぐ走らせられるのか? と思うけれど、オープントップにもかかわらずそのダウンフォースは240km/h時に215kgを発揮するのだという(レース仕様)。 ...

  • Official: LEXUS GAZOO Racing、「LEXUS RC F GT3」を2017年シーズンGT3カテゴリーに投入
    2017年01月16日 15時30分

     LEXUS GAZOO Racingは、2017年シーズンに日本と米国で開催されるGT3カテゴリーのレース参戦に向けた車両として「LEXUS RC F GT3」を投入する。 「LEXUS RC F GT3」は、「RC F」をベースに、GT3カテゴリーのレースに参戦することを目的に開発したレース車両。  「LEXUS RC F GT3」は、世界三大耐久レースの1つである「デイトナ24時間レース」でのデビューを皮切りに、2017年シーズンは日本、米国において各2台をレースに投入。米国では、IMSA WeatherTech SportsCar ChampionshipシリーズのGTDカテゴリーにおいて3GT Racing(スリージーティーレーシング)から、日本では、SUPER GTシリーズのGT300クラスにおいてLMcorsa(エルエム・コルサ)から参戦する予定。...

  • Featured: エアレースパイロット室屋義秀選手が操縦するマシンでレーシングドライバー木下隆之空を舞う!:木下隆之
    2017年01月13日 12時00分

     まず最初に言おう。慣れた横Gはほとんどなく、たえず強烈な縦Gに襲われた。脳天の血液が下がり、視界がぼーっと薄れる感覚に見舞われる。水平感覚が麻痺し、地上と空の上下感覚が曖昧になった。これはすごい世界だぞと・・・。  陸上のコンペティションマシンには慣れている。レース界に身を投じてから30数年。様々なマシンをドライブしてきた。だから少々手強いくらいではヒカかない。たとえどんな横Gが首を襲っても耐えられる。  だが、スピードのステージが空となれば話は別だ。今回体験したのは空のレーシングマシン、日本人唯一のエアレース優勝パイロットである室屋義秀選手が操縦するマシンで空を舞ったのである。そして実感したには、とてつもない世界だということだ。  アクロバチック体験のチャンスを得たのは、レクサスがLC500とのコラボ走行をすることになったからだ。僕に演出のお鉢が回ってきた。CMやカーパーフォーマンスショーの演出を評価されたからだろうと思う。  地上でレクサスLC500を走らせ、その真上を室屋義秀さんに待ってもらおうと企んだのだが、なんとアクロバチック飛行の経験がない。知らないで演出するわけもなく、アイデアを巡らせる前に、一度空の世界を知ろうということが今回の飛行体験のきっかけなのだ。 ...

  • Official: 新型「フォードGT」、燃費は先代やライバル達より劣ることが明らかに
    2017年01月11日 19時00分

    自動車は時代が進むに連れてあらゆる面が良くなる傾向にあるが、例外もある。新型「フォード GT」の最高出力は先代より50hpもアップしているので、そのパフォーマンスは間違いなく先代に勝ると言われているが、燃費に関してはまったく改善されていないようだ。米国環境保護庁(EPA)によると、新型GTの燃費は、市街地と高速道路を合わせた複合で14mpg(約5.9km/L)、市街地のみでは11mpg(約4.7km/L)、高速道路だけなら18mpg(約7.6km/L)だったという。...

  • First Drive: 【試乗記】Honda NSX。エンジン始動で火が入れば、背後から勇ましい低音が響く:木下隆之
    2017年01月09日 17時00分

     今年一番の、過激マシンの誕生である。  ホンダのフラックジップスポーツ、いや、日本に現存する超本格的ミッドシップスーパーマシンがついに誕生したのだ。  外観を眺めるだけで、ただならぬオーラに身構えることだろう。低くワイドなボディシルエットてからして、こいつが超絶の高性能を得ていることは誰もが想像するに違いない。このマシンを見て鈍感でいられるわけはない。  搭載するエンジンはV型6気筒3.5リッターDOHCツインターボ。Vバンクは75°だ。潤滑形式はドライサンプ。なかなか華やかな文言がならぶ。それだけで最大出力507ps/6500rpm〜7500rpm、最大トルク550Nm/2000rpm〜6000rpmを絞り出す。  それでいて、さらには3つの電気モーターを搭載する。48psモーターはエンジンに直結され、そのままミッションを経由して後輪に伝達される。もう二基はフロント左右に組み合わせられる。プラス37ps。新型NSXは、ホンダの伝家の宝刀「SH-AWD」とハイブリッドを合体させたミッドシップスポーツなのである。ミッションはデュアルクラッチの9速MTである。  このマシンの華やかな機構を紹介していたら、いくらページがあってもたりないだろう。足回りは電子制御磁性流液式のダンパーを採用し、減衰力はモードによって切り替えられるように設定されているし、オプションながらカーボンブレーキも選択可能だ。  ボディはアルミ材を主体にした軽量素材で固められ、サウンドチューニングも行き届いている。これでもほんのわずかなのだ。つまり、2016年の今、考えられるすべての機能を押し込んだと言っていい。したがって広報資料は、数十ベージもの分厚さになっていた。  『さて、走ろう。』 ...

  • Featured: 【試乗記】Audi R8 珠玉の自然吸気エンジンを搭載し、スポーツカーの存在を示している:山田弘樹
    2017年01月08日 17時00分

    AudiのフラッグシップスポーツであるR8を、公道とサーキットというふたつのシチュエーションで乗り比べることができた。 R8に乗って、まっさきに思い出したのは双子のウラカンでも、ポルシェ911ターボでも、日産GT-Rでもなくて、HONDA NSXだ。 この二台、ミドシップ4WDという成り立ちもそっくりなら、「日常で快適に乗れるスーパースポーツ」というコンセプトまで同じ。しかしその乗り味は、しっかりとドイツと日本・・・もといドイツと北米の、好みの違いが現れているから面白い。 今回試乗したのは、R8でも最もハイパワーなモデルとなるR8 V10プラス。5.2リッターの排気量から610ps/8250rpmの最高出力と560Nm/6500rpmを発生するV型10気筒エンジンを車体中央に縦置き配置し、前述の通りクワトロシステムで4輪を駆動する。ちなみにノーマルモデル(?)の5.2TSFIは最高出力が540ps/7800rpm、最大トルクは540Nm6500rpmとなっており、プラスがより高回転で高い出力を得る、コンベンショナルなNAエンジンであるということがわかる。 もはや絶滅種となりつつあるノンターボエンジン。これがV型10気筒という形で現在に残っている価値は大きい。大排気量ゆえに低速からのトルク不足を感じることなどまったくないし、何よりその鼓動が乗り手を興奮させてくれる。はっきり言って日本の公道ではその実力など片鱗すら味わうことはできないのだが、常に低く唸るエンジンがコクピットの背後に居座っている印象は、見事に"タダモノではない感"を演出している。 そんなわけで、公道で乗り手にR8のアウディ・クオリティを感じさせるのは、主にハンドリングだ。それも極めて低い速度域から「私はアウディである」という主張を、はっきりと感じることができるのが嬉しい。 アウディの美点は、直進状態でステアリングがビシッと座っていること。剛性が高いステアリングコラム、そのまま手を離していても真っ直ぐ突き進みそうなEPS(電動パワステ)の抑えはR8にも受け継がれていて、そこからステアリングを切ると、極めて角度が浅い段階からサスペンションがしなやかに伸縮し、ジワッとタイヤへ荷重をかけて行く。 小さなステアリングを握ったときに肩を包み込むよ...

  • Official: マクラーレン、次世代型「スーパー・シリーズ」用に新開発されたカーボンファイバー製シャシーを公開
    2017年01月05日 06時00分

    マクラーレン・オートモーティブは4日、「スーパー・シリーズ」と呼ばれる「650S」の後継モデルを3月のジュネーブ・モーターショーで発表すると予告。まずはそのカーボンファイバー製シャシーの写真を公開した。...

  • First Drive: 【試乗記】誕生したばかりの新型『 NSX 』、新しい世界観に挑んだことを評価したい:山田弘樹
    2017年01月02日 18時30分

     とうとう新型NSXへの試乗が叶った。しかもこれを許された場所は、ホンダの聖地である鈴鹿サーキット。天候が危ぶまれたなかでの試乗ではあったが、午前中は図らずもドライ。そして午後はウェット路面と、短い時間ながら超濃密に、その性能を確かめることができた。 新型NSXの美点は数あれど、その中で最も光るのはハンドリングだ。 こう聞くと、初代NSXのカミソリのような挙動を思い起こす人も多いだろうが、レベルがまったく違う。ボクがいうハンドリングとは、ハンドルを切って感じるフロントタイヤのゲインや、リアの不安定さではなくて、クルマ全体の身のこなし。これが新型NSXは、抜群に素晴らしい。それはポルシェ911ターボSや、ランボルギーニ・ウラカンといった直接のライバルたちにもまったく負けない。フェラーリやマクラーレンを持ち出すと、そこにはレーシングの世界観が絡んで来るし、それは真剣勝負として"ガチ"に比べねばならないから、"R"が出るまでひとまず置いておきたい。 NSXが人間でいうところの、優れた"体幹"を持つ理由は、そのエンジンが車体の一番低いところに搭載されているからだ。いわゆる重心位置が、極めて低い。間違いなく国産スポーツの中では、一番だと思う。 これを実現するために、ホンダは一番の重量物であるエンジンを磨き上げた。 3.5リッターの直噴ツインターボは、汎用性のある60度ではなく、75度のバンク角で新設計。そしてヘッドは、少しでもその慣性重量を減らす為に、かつての代名詞であるV-TECを捨て去り、スイングアーム式のバルブトレインを採用した連続可変バルタイ機構(VTC)に変更した。 極めつけは、ドライサンプユニットの採用だ。これはオイルの潤滑システムで、エンジンブロックの下にオイルパンを持たないことから、高いコーナリングG領域でも常時オイルを吸い上げることが可能になる。そして何より、オイルパンが無くなった分だけ、エンジンの搭載位置が60mmも下がったのだ。 ドライサンプユニットはコストが掛かり、「市販車ではとても採用できない」という声をメーカーエンジニアからはよく耳にする。しかし世界のスーパースポーツは、みなこの形式を採用している。NSXは、ようやくここにたどり着けた。 こうしてできあがったエンジンを、ホンダは縦置きに配置...

  • Official: 【ビデオ】7台のランボルギーニが「ミウラ」の由来となった闘牛牧場を訪問
    2016年12月29日 10時00分

    1966年3月、ランボルギーニはジュネーブ・モーターショーで、アグレッシブな設計をエレガントなスタイルで包んだ1台のスーパーカーを発表した。そして50年後の12月2日、その名称の由来となった地を、7台のスーパーカーが目指した。スペインのマドリッドを出発したランボルギーニの一団が向かったのは、アンダルシア州ロラ・デル・リオにある「ミウラ」一族が経営する闘牛牧場だ。...

  • Rumormill: 【噂】GMの内部資料で発覚! シボレー「コルベット」の2018年モデルはDOHCエンジンを採用か?
    2016年12月27日 06時00分

    どうやら噂は本当だったようだ。シボレー「コルベット」の2018年モデルでは、少なくとも1つのグレードに、プッシュロッド式(OHV)ではなくダブル・オーバーヘッド・カムシャフト(DOHC)エンジンが搭載される可能性があるようだ。ゼネラルモーターズ(GM)のサービスやパーツを管理するサイトに掲載された資料には、同社の2018年版パワープラント一覧に「LT5」という型番と6.2リッターという排気量が記載されており、それがコルベットに振られた記号と対応していることが判明したのだ。...

読み込み中

Loading