スポーツ/GT 関連ニュース - Autoblog 日本版

スポーツ/GT

  • First Drive: 【海外試乗記】2018 Mercedes-AMG GT R、サーキットでのパフォーマンスに特化した硬派なモデル。:島下泰久
    2017年01月15日 17時00分

     メルセデス・ベンツのモデルをベースとしない、AMGの自社開発スポーツカー第二弾としてデビューしたAMG GTが、じわじわとラインナップを拡大中だ。この度、登場したのはメルセデスAMG GT R。昨秋、ワールドプレミアされたロードスターから一転、サーキットでのパフォーマンスに特化した硬派なモデルである。  何しろAMG GTのレーシングバージョンであるAMG GT3は今、世界のサーキットで大活躍中だ。とりわけ強烈だったのは昨年のニュルブルクリンク24時間レースでの、1-4位独占である。もっとも日本のスーパーGTでは、車両規定の不利もあって振わない状況ではあったのだけれど。ともあれAMG GT Rには、こうして実戦で培われたノウハウがたっぷりと注ぎ込まれているわけだ。  初対面で驚いたのは、そのアピアランスである。見るからに低く、そして強烈にワイド。スペックを確認すると何と全幅は2007mmにも達しているのだ。フェンダーは大幅に拡大されていて、前275/35ZR19、後325/30ZR20という極太サイズのタイヤが収められている。ちなみにAMG GT Sでは前265、後295サイズである。  GT3マシンと同様のAMGパナメリカーナ・グリルをはじめ、大きな開口部をもつフロントエプロン、大型リアスポイラーなども備わり、ルックスは威圧的とすら評せるが、実はこのボディ、見えないところにこそノウハウが詰まっている。  まず空力の面では、必要な時以外は閉じて空気を車体下面に導く、フロント開口部内側のエアパネルや、床下のエンジン前方辺りに設置され、高速域で下方にせり出してヴェンチュリー効果によってダウンフォースを生み出す、アクティブエアロダイナミクスシステムが特徴と言える。  軽量化も進められており、フロントフェンダーやルーフなど目に見える部分だけでなく、車体各部の補強用部材、ドライブシャフト、トランスアクスルのトルクチューブなどがCFRP化されている。これは当然、高剛性化にも貢献するものだ。  そしてV型8気筒4.0Lツインターボエンジンは、主にターボチャージャー周辺の変更により、最高出力をAMG GT Sに対して75ps増の585psにまで高めている。トランスアクスルレイアウトとされた、7速DCTの変速の切れ味を...

  • First Drive: 【試乗記】Honda NSX。エンジン始動で火が入れば、背後から勇ましい低音が響く:木下隆之
    2017年01月09日 17時00分

     今年一番の、過激マシンの誕生である。  ホンダのフラックジップスポーツ、いや、日本に現存する超本格的ミッドシップスーパーマシンがついに誕生したのだ。  外観を眺めるだけで、ただならぬオーラに身構えることだろう。低くワイドなボディシルエットてからして、こいつが超絶の高性能を得ていることは誰もが想像するに違いない。このマシンを見て鈍感でいられるわけはない。  搭載するエンジンはV型6気筒3.5リッターDOHCツインターボ。Vバンクは75°だ。潤滑形式はドライサンプ。なかなか華やかな文言がならぶ。それだけで最大出力507ps/6500rpm〜7500rpm、最大トルク550Nm/2000rpm〜6000rpmを絞り出す。  それでいて、さらには3つの電気モーターを搭載する。48psモーターはエンジンに直結され、そのままミッションを経由して後輪に伝達される。もう二基はフロント左右に組み合わせられる。プラス37ps。新型NSXは、ホンダの伝家の宝刀「SH-AWD」とハイブリッドを合体させたミッドシップスポーツなのである。ミッションはデュアルクラッチの9速MTである。  このマシンの華やかな機構を紹介していたら、いくらページがあってもたりないだろう。足回りは電子制御磁性流液式のダンパーを採用し、減衰力はモードによって切り替えられるように設定されているし、オプションながらカーボンブレーキも選択可能だ。  ボディはアルミ材を主体にした軽量素材で固められ、サウンドチューニングも行き届いている。これでもほんのわずかなのだ。つまり、2016年の今、考えられるすべての機能を押し込んだと言っていい。したがって広報資料は、数十ベージもの分厚さになっていた。  『さて、走ろう。』 ...

  • Featured: 【試乗記】Audi R8 珠玉の自然吸気エンジンを搭載し、スポーツカーの存在を示している:山田弘樹
    2017年01月08日 17時00分

    AudiのフラッグシップスポーツであるR8を、公道とサーキットというふたつのシチュエーションで乗り比べることができた。 R8に乗って、まっさきに思い出したのは双子のウラカンでも、ポルシェ911ターボでも、日産GT-Rでもなくて、HONDA NSXだ。 この二台、ミドシップ4WDという成り立ちもそっくりなら、「日常で快適に乗れるスーパースポーツ」というコンセプトまで同じ。しかしその乗り味は、しっかりとドイツと日本・・・もといドイツと北米の、好みの違いが現れているから面白い。 今回試乗したのは、R8でも最もハイパワーなモデルとなるR8 V10プラス。5.2リッターの排気量から610ps/8250rpmの最高出力と560Nm/6500rpmを発生するV型10気筒エンジンを車体中央に縦置き配置し、前述の通りクワトロシステムで4輪を駆動する。ちなみにノーマルモデル(?)の5.2TSFIは最高出力が540ps/7800rpm、最大トルクは540Nm6500rpmとなっており、プラスがより高回転で高い出力を得る、コンベンショナルなNAエンジンであるということがわかる。 もはや絶滅種となりつつあるノンターボエンジン。これがV型10気筒という形で現在に残っている価値は大きい。大排気量ゆえに低速からのトルク不足を感じることなどまったくないし、何よりその鼓動が乗り手を興奮させてくれる。はっきり言って日本の公道ではその実力など片鱗すら味わうことはできないのだが、常に低く唸るエンジンがコクピットの背後に居座っている印象は、見事に"タダモノではない感"を演出している。 そんなわけで、公道で乗り手にR8のアウディ・クオリティを感じさせるのは、主にハンドリングだ。それも極めて低い速度域から「私はアウディである」という主張を、はっきりと感じることができるのが嬉しい。 アウディの美点は、直進状態でステアリングがビシッと座っていること。剛性が高いステアリングコラム、そのまま手を離していても真っ直ぐ突き進みそうなEPS(電動パワステ)の抑えはR8にも受け継がれていて、そこからステアリングを切ると、極めて角度が浅い段階からサスペンションがしなやかに伸縮し、ジワッとタイヤへ荷重をかけて行く。 小さなステアリングを握ったときに肩を包み込むよ...

  • Official: 間もなく公開!! 日産の「東京オートサロン」注目モデルを紹介!!
    2017年01月08日 06時00分

    日産と同社の関連会社であるオーテックジャパン、およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)は、1月13~15日に開催される「東京オートサロン2017」に新しいカスタマイズの世界を提案するモデルを出展する。そこで、今回注目されるであろうモデルを紹介しよう。 オートパイロットで注目を浴びているミニバンの「セレナ」には、スポーティースタイルのハイウェイスターをベースに、よりプレミアム感とスポーティ感を向上させるアイテムを配した参考出品車として、「ハイウェイスター・プレミアムスポーツコンセプト」が登場する。 落ち着いたブラックのボディカラーにインテリアと共通のブロンズカラーをアクセントとして効かせ、1クラス上のプレミアム感を表現している。 エクステリアでは、ボディ下部を貫くブロンズアクセントが低重心な安定感を、アグレッシブに張り出したフロントプロテクターや大径ホイールがスポーティ感を演出。さらにインテリアにはキルティングやパイピングを施した高級感あるブラウンカラーのレザーを採用することで上質感あふれる移動空間に仕上げられている。 この他、セレナでは、オーテックジャパンが手がけた「ライダー」も展示される予定だ。 1957年の誕生以来、日本を代表するセダンとして存在し続け、2017年で生誕60周年を迎える「スカイライン」。そのスカイラインには、よりプレミアム感と存在感を向上させるアイテムを配した参考出品車の「プレミアムスポーツコンセプト」が登場する。 鍛え抜かれた走りを予感させるカーボンエアロパーツを装備し、外観のクロームパーツをよりスポーティなダークカラーで統一しマットカラーとのコントラストを高め、更にリアビューを引き立てる専用エグゾーストを装着することで、一つ上の存在感を演出している。 一方、インテリアは誕生60周年を記念して発売された「60th Limited」同様、セミアリニン本革シートを全席に、オープンポアウッドをトリムに採用し、上質な室内空間となっている。スカイラインファンは要チェックだ。...

  • Official: スバル、「BRZ」と「WRX S4」の「STI Sport CONCEPT」を東京オートサロン 2017に出展!!
    2017年01月02日 10時00分

    スバルは、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(以下略称:STI)と共同で、2017年1月13日~15日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2017」に「BRZ」と「WRX S4」の「STI Sport CONCEPT」等を出展すると発表した。...

  • Official: 最新のカスタマイズパーツをまとったコンセプトカーが公開!! ホンダが東京オートサロン 2017の出展概要を発表!!
    2016年12月19日 10時00分

    ホンダは、2017年1月13~15日まで千葉県の幕張メッセにて開催される「東京オートサロン 2017」において、四輪車、二輪車、モータースポーツ競技車両を出展し、さまざまなカスタマイズの可能性を提案するとともに、モビリティーの楽しさやモータースポーツの魅力を伝える展示を行うことを発表した。 画像は、「フリード アクティブコンセプト」だ。「フリード プラス」にアクティブなスタイリングとユーティリティー性能を加え、アウトドアスポーツを楽しむライフスタイルを提案するコンセプトモデルとなっている。 ユーティリティについては、未公開のインテリアの仕上がりが気になるところだ。 こちらは、フリードをさらにしなやかで上質な乗り味に仕上げた、コンプリートカーブランド「モデューロX」シリーズのコンセプトモデル「フリード モデューロ エックス コンセプト」。 最近また流行りだしたスポーティーなレッドを差し色に使ったカラーリングがポイント。...

  • Motorsports: 無限、2017年 SUPER GT参戦体制を発表
    2016年12月14日 16時30分

     株式会社M-TEC (代表取締役:橋本朋幸)は、TEAM MUGENとして2014年GT300クラスでの挑戦以来、3年ぶりの復帰となる2017年SUPER GTシリーズGT500クラスに参戦することを発表し、MUGEN NSX-GTのシェイクダウンを行った。 2012年以来のコンビ武藤選手、中嶋選手という経験豊富なドライバーでGT500クラスをNSX-GTで戦う。 ...

  • Motorsports: レーシングドライバー 木下隆之 の S耐参戦「優勝が見えてきた 」岡山国際サーキットの巻:木下隆之
    2016年11月20日 17時00分

     優勝が見えてきたぞ。そう感じさせるレースだった。  スーパー耐久第5戦は岡山国際サーキットは、今年からチームを起こした我々クスコレーシングチームにとって4戦目。マシン製作が間に合わずに開幕戦を欠場したことで、実質的には4戦目となる。そう、わずか4戦目にしてトップ争いを演じられるレベルまで駆け上ってきたのだ。かなりの自慢である。  スーパー耐久のST4クラスは、相当の激戦区である。エンジン排気量が2リッター以下のNAマシンが集結するこのクラスのトップランカーは、我々が走らせるトヨタ86を筆頭に、ホンダS2000のガチンコである。  そこに伏兵ロードスターが加わる。ホンダ・シビックRやGRMNヴィッツターボという個性的なマシンもエントリーしているものの、実質的にはトヨタ86とホンダS2000の一騎打ちで覇権争いが展開されているのだ。  しかもトヨタ86には、すでに参戦4年目のトヨタ・ガズー・レーシングが参戦している。つまりワークスである。資金力に優れているだけに、シリーズ優勝争いを展開しているのがこのチーム。そこに、そもそも自力で優るS2000が割って入るという構図。レベルがとても高いのである。  しかも、である。ドライバーラインナップが豪華極まりない。ガスーレーシングは、スーパーGT300チャンピオンの松井孝允を起用、同じくスーパーGT300で優勝を記録している井口拓人と蒲生尚也という3名体制。豪華な布陣である。  彼らとはニュルブルクリンク24時間でコンビを組んでいる。公私ともに遊ぶことの多い後輩たちである。彼らが高いスキルを備えていることは重々承知なだけに、手強い相手である。一方で、脇阪寿一や織戸学もトヨタ86をドライブしている。日本のトップドライバーがST4には集結しているのだ。  何を隠そう我がチームも、負けず劣らず豪華なドライバーで固めている。レギュラーの山田英二は野生的なキャラで有名だ。人気実力とも高い。そればかりではなく、スーパーGT500でランキング2位の大嶋和也が助っ人。前回の富士ラウンドでは、2016年のスーパーフォーミュラー王者に輝いた国本雄資を起用。一番豪華なドライバーラインナップを敷いているのは、我々なのかもしれない。  そんな華やかなチームでの挑戦4戦目。今回は山田英二と僕...

  • Official: 2016 DTMシリーズ・チャンピオンを記念し特別限定車 「BMW M4 DTM Champion Edition」を発売
    2016年11月14日 21時00分

     ビー・エム・ダブリュー(代表取締役社長:ペーター・クロンシュナーブル)は、BMWのハイ・パフォーマンス・モデル、BMW M4クーペの全世界200台の特別限定車「BMW M4 DTM Champion Edition」を、25台限定で、注文の受付を開始すると発表した。納車は、2017年4月からを予定。  BMW M4 DTM Champion Editionは、ドイツ・ツーリング・カー選手権「DTM」において、マルコ・ヴィットマン選手が、2014年シーズンに続き、2016年シーズンの年間ドライバー・チャンピオンを記念し導入する全世界特別限定車で、世界200台限定モデルとなる。  BMW M4 DTM Champion Editionは、「インターナショナル・エンジン・オブザ・イヤー2015」の2.5~3.0リッター部門において大賞を受賞したBMW M4クーペの3リッター直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンをベースに、4月に30台限定で日本導入を発表した「BMW M4 GTS」と同様に、革新的なウォーター・インジェクション・システムを組み合わせ、最高出力51kW(69ps)アップの368kW(500ps)、最大トルク50Nm(5.1kgm)アップの600Nm(61.2kgm)を実現。僅か3.8秒(ヨーロッパ仕様車値)で時速100kmまで加速する圧倒的な加速性能を誇る。 ...

  • Official: トヨタ、86にGT Solar Orange Limited を設定し期間限定発売
    2016年11月14日 20時00分

     トヨタは86に特別仕様車GT"Solar Orange Limited"を設定し、2017年3月10日の発売を予定、2017年1月31日まで期間限定で注文を受け付けている。 Brembo(ブレンボ)社製のブレーキを採用した"Limited・High Performance Package"をGTグレードに設定し、2017年2月7日の発売を予定。 ...

読み込み中

Loading