スポーツ/GT 関連ニュース - Autoblog 日本版

スポーツ/GT

  • Official: 新型Audi TT RS Coupé / TT RS Roadsterの受注開始し、5月中旬発売
    2017年03月28日 18時00分

     アウディ ジャパンは、プレミアムコンパクトスポーツカーAudi TTシリーズのトップモデルAudi TT RS Coupé / TT RS Roadsterを2011年以来6年ぶりにフルモデルチェンジを行い、5月中旬より発売する。  Audi TT RS Coupé / TT RS Roadsterは、アウディのハイエンドスポーツモデルを手がけるAudi Sport GmbHが開発したAudi TTシリーズのトップモデル。  新開発のオールアルミ製の直列5気筒TFSIガソリン直噴ターボエンジンは、従来型に比べて26kgの軽量化を実現。新たなターボチャージャーを備え、先代モデルに比べて最高出力は60馬力向上し400馬力を発揮、最大トルクは30Nm高められ480Nmを発生する。0-100km/h加速タイムは3.7秒(Roadsterは3.9秒)となり歴代TTで最速。  エクステリアは、ハニカムメッシュのシングルフレームや専用のフロントバンパー、固定式リヤスポイラーなどを装備。アウディの量産モデルとしては初めて、テールライトにOLED(有機発光ダイオード)をオプション設定した。  インテリアは、インスツルメントパネルに設置された12.3インチのTFTディスプレイに、スピードメーターやタコメーターだけでなく、ナビゲーションシステムをはじめとする様々な情報を表示できるアウディ バーチャル コックピットを標準装備している。  新型Audi TT RSのquattroフルタイム4WDシステムは、コンパクトかつ軽量な電子油圧制御式の多板クラッチをプロペラシャフトの後部に配置し、前後重量配分を最適化した。TT RSとしては初めてアウディドライブセレクト(comfort、auto、dynamic、individualの4つの走行モードが選択可能)と協調制御することで、先代モデルよりも緻密な制御を行う。コーナリング時には狙い通りのラインをトレースするようトルク配分を調整し、ドリフト状態になった場合でもESC(エレクトロニックスタビライゼーションコントロール)が内輪のブレーキを調整。ボタン操作により、ESC働きを完全にキャンセルすることも可能。  シャシーは、4リンク式リヤサスペンションを採用し、ダ...

  • Report: ジャガー・ランドローバー・ジャパンと読売巨人軍が、オフィシャルカー契約を締結し、車両70台を監督やコーチ、選手等に提供
    2017年03月24日 18時00分

     ジャガー・ランドローバー・ジャパンと読売巨人軍は、オフィシャルカー契約を締結し、読売巨人軍の監督、コーチ、選手等を対象に、ジャガー車およびランドローバー車をオフィシャルカーとして計70台提供する。  初めて読売巨人軍が、自動車ブランドとオフィシャルカー契約を締結した。読売巨人軍は、1934年に大日本東京野球倶楽部として創立されたプロ野球球団で、「巨人軍は常に強くあれ、巨人軍は常に紳士たれ、巨人軍はアメリカ野球に追いつき、そして追い越せ」という正力松太郎遺訓に象徴されるように、未来を見据えた新たな野球文化を創造し続けている。  ジャガーは"THE ART OF PERFORMANCE"、ランドローバーは"ABOVE & BEYOND"というブランド・タグラインを活用し、それぞれの世界観をもった製品をグローバルで展開している。読売巨人軍は、自らの限界を設けず高みを目指し常にNo.1に挑戦する姿勢が、ジャガーおよびランドローバーのブランド精神と共通することから、今回の契約締結が実現した。 ■ジャガー・ランドローバー・ジャパン マグナス・ハンソン 社長コメント 「この度、歴史と格式ある読売巨人軍と、創設以来初めてとなるオフィシャルカー契約を締結することができ、大変光栄に思います。読売巨人軍の皆様が試合で素晴らしいパフォーマンスが発揮できるよう、安全で楽しく、そしてリラックスできるジャガーおよびランドローバー車両を提供し、グランドの外からサポートしてまいります。移動時間が最高のドライビング・エクスペリエンスになることを願っています」 ■読売巨人軍 久保博 社長コメント 「英国を代表するトップブランドのジャガー・ランドローバー様に"オフィシャルカー"としてサポートして頂けることになり大変感激しております。伝統を守りながら革新を追求する企業とチームのコラボレーションでお互いのブランド価値が一層高まっていくことを期待しています」 ■読売巨人軍 高橋由伸 監督コメント 「この度こうしてスポンサー契約をして頂く事となり、大変嬉しく思います。私自身も今レンジローバーで球場に通勤させて頂き快適な時間を過ごさせて頂いています。この契約を励みにそして期待に応えられる様に今シーズン精一杯頑張りたいと思います」 ■阿部慎之...

  • Video: 【ビデオ】フェリー・ポルシェの誕生日に贈られた特別な「928」
    2017年03月19日 10時00分

    ポルシェが今年のジュネーブ・モーターショーで発表した「パナメーラ スポーツツーリスモ」のような、クーペとワゴンを融合した自動車の形は「シューティング・ブレーク」と呼ばれる。その語源は19世紀に作られた狩猟用の馬車にまで遡るが、1960年代にはスポーツカーの後部を拡張して猟犬や猟銃を載せる荷室とハッチゲートを備えたスタイルをこう呼ぶようになった。最近ではその用途も狩猟に限らず拡大解釈され、後部座席や荷室の実用性を高めたハッチバック付きのクーペを、メーカーがシューティング・ブレークと称することも多い。例えば、メルセデス・ベンツの「CLA シューティングブレーク」などがこれに当てはまる。ポルシェによれば、パナメーラ スポーツツーリスモは同社初の"量産"シューティング・ブレークであるという。 ...

  • Official: TRD、レクサス「LC」用エアロパーツと21インチ鍛造アルミホイールを発売
    2017年03月17日 19時00分

    TRD(ティー・アール・ディー)ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタテクノクラフト株式会社は、レクサスの新型クーペ「LC」用に開発されたエアロパーツおよび鍛造アルミホイールを「LEXUS LC EXTERIOR PARTS(TRD)」として発売した。...

  • Geneva: ホンダ、新型「CIVIC TYPE R」欧州仕様の量産モデルをジュネーブ国際モーターショーで発表
    2017年03月07日 20時30分

     ホンダは、ジュネーブモーターショーにて、新型「CIVIC TYPE R」欧州仕様の量産モデルを発表した。  新型「シビックTYPE R」は、サーキットでの走行性能に加えて、一般公道でのグランドツアラー性能を大幅に進化させた次世代のTYPE Rを目指し開発された。  パワートレインは、「2.0L VTEC TURBOエンジン」を採用。先代TYPE Rを凌ぐ最高出力320馬力と最大トルク400N・mを達成。6速マニュアルトランスミッションは、変速操作に合わせエンジンの回転数が自動で調整されるレブマッチシステムを新たに採用。これにより変速時のアクセル操作が不要となり、よりステアリングやブレーキに集中した運転が可能になった。  リアサスペンションにマルチリンク式を新たに採用し、高剛性化を図った新プラットフォーム、20インチタイヤの採用、ホイールベースおよびトレッドの拡大、重量配分の最適化などに加え、エアロダイナミクス性能をより高めたエクステリアデザインとし、運動性能を大幅に向上させた。  コンフォートモードを追加したことで3パターンより選択可能となったドライビングモードにより、市街地からサーキットまで、幅広い走行シーンにマッチしたダイナミック性能を提供する。  新型シビック TYPE Rは、ホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッドで生産され、2017年夏より欧州と日本・北米を含む世界各国で販売を開始する予定。 ...

  • Featured: 【試乗記】「日産オールラインナップ氷上雪上試乗会」様々な駆動システムを持ち、クルマのキャラクターに合わせ技術を使い分けている:木下隆之
    2017年03月07日 16時00分

     「日産オールラインナップ氷上雪上試乗会」が今年も開催された。長野県南東に位置する女神湖には、日産専用の特設氷上ステージに設えられ、その周辺のスノーロードを含めて走り尽くそうという企画である。  会場には、日産イチオシのモデルが顔を揃えていた。4WDはもちろんのこと、FFとFRが集められ、より滑りやすい路面でシステムの有効性を確認しようというわけである。  ジューク16GT-FOURは、オールモード4×4-i(トルクベクタリング)を備える4WDだ。コーナリング時には、リアタイヤの左右輪の駆動トルク配分を制御する。その幅、左右自在に0~100である。旋回時にはリア外輪に強いトルクを分け与える。それによってアンダーステアを抑えてくれるのである。  前後のトルク配分も制御可能で、最大ではフロントトルクが100%、アンダーステアを感じたら50%まで抑える。そう、前後左右のトルクを緻密に制御することで、4輪に理想的な駆動トルクを与えるように細工されているというわけである。  スノーブーツでさえ立っているのもおぼつかない低ミュー路でその効果は顕著だった。アンダーステアで旋回中に、タイミングを合わせてスロットルを全開にすれば、テールが流れてはじめる。そのまま踏み切っていれば、FR風のカウンタードリフトにも持ち込めるのは驚きだった。  FRのフェアレディZもなかなか楽しい。トラコンをオフにすればもちろんテールスライドの嵐なのだが、たとえばハイスピードからの減速シフトダウンで武器が炸裂。シンクロレブコントロールがそれで、意外なことにスノードライブでの大きなメリットを再確認した次第だ。  シフトダウン時にクラッチを切ると、エンジン回転数とミッションの回転数を同期させてくれるのがこのシステム。つまり、プロ級のヒール&トゥを代行してくれるのがこれ。  高ミュー路面のサーキットなら多少ラフな操作でも問題はないけれど、シフトロックしやすい低ミューでは何度も救われたのである。コーナーを前に、ただただクラッチペダルを踏み込んでギアを押し込めば、エンジンが一瞬唸りを上げてシフト完了なのだ。その分、ハンドリングに集中できるというわけ。なかなかの代物である。...

  • Official: ポルシェ、荷室と後部座席の実用性を高めた「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表
    2017年03月04日 12時00分

    ポルシェは3月7日に開幕するジュネーブ・モーターショーで、「パナメーラ」の新たなボディ・バリエーションとなる「パナメーラ スポーツツーリスモ」をワールドプレミアすると発表。一足先にその画像と概要を公開した。...

  • Featured: ポルシェ ジャパン、第2世代に進化した新型「パナメーラ」を公開
    2017年03月02日 19時30分

    ポルシェ ジャパンは2月28日、第2世代となる新型「パナメーラ」を日本で公開。ドイツのポルシェ本社からDr. シュテファン・ウチが来日し、プロダクト説明を行った。 2009年に初代が登場したパナメーラは、前後座席用の4ドア+ハッチゲートを備えたポルシェの大型セダン...というより、同社では"グランツーリスモ"、あるいは「4ドアのスポーツカー」と称している。2016年6月にベルリンで発表された2代目モデルは、ポルシェのDr. ウチによれば「先代から引き継いだものは、4ドアのスポーツカーというコンセプト、車名、そしてエンブレムの3つだけ」だという。 4ドアのクーペらしさが強まったボディは、リアのサイド・ウィンドウが先代では後部ドアに設けられていたのに対し、新型ではボディ側に移された。なだらかに傾斜したルーフの後端は先代より20mm低くなったというが、車内のヘッドルームは減っていないとDr. ウチは言う。ホイールベースは30mm延長され、前輪をより前方に配置。同時にオーバーハングは前側が切り詰められ、後部は伸ばされたという。また、フロント・フェンダーが明確にボンネットより高くなったことで、ポルシェの代表的なスポーツカーである「911」との関連性が強まったように見える。 フロントには4灯のデイタイム・ランニング・ランプが特徴的なLEDヘッドライトが全車に標準装備され、さらにハイビーム時に片側84個のLEDが状況に応じて点灯/消灯して前走車や対向車の眩惑を防ぐマトリクスLEDヘッドライトもオプションで用意。レンズが立体的なテールライトは両側をライティング・ストリップがつなぐ。高性能モデルの「パナメーラ ターボ」はその上に分割しながら拡張するユニークなウイングが装備されている。 ...

  • Motorsports: バサースト12時間耐久レース、ポルシェが総合2位と4つのクラスで優勝
    2017年02月20日 22時00分

     ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)のカスタマーチームが、2月5日にバサーストのマウント・パノラマ・サーキットで快挙を達成した。  コンペティション モータースポーツの911 GT3 Rをドライブした、ポルシェ ワークスドライバー、パトリック・ロングおよびポルシェ ジュニアのマット・キャンベルは、マルク・リーブ/デビッド・カルバート-ジョーンズと共に、総合2位とクラスA-GT3 Pro-Amの優勝を飾った。14の自動車メーカーが参加したレースは、ウォーキンショーGT3の911 GT3 R、スティーブ リチャーズモータースポーツの911 GT3カップ、プロスポーツ パフォーマンスのケイマンもそれぞれクラス優勝を果たした。  911 GT3 Rは、ドバイとデイトナの24時間クラシックに続く、このバサースト12時間耐久レースにおいても素晴らしい結果を残した。ドバイでは、ヘルベルス モータースポーツが総合優勝を飾り、デイトナではアレグラ モータースポーツがGTDクラスを制するなど、最高出力500PS超の911 GT3 Rは完璧なシーズンのスタートを切った。...

  • Featured: 【試乗記】LEXUS『 RCF 』流行のダウンサイジングターボでは味わえない大排気量NAの魅力がある:木下隆之
    2017年02月19日 16時00分

     レクサスのスポーツフラッグシップに君臨していたLFAが、世界500台の限定販売を完了してからは、ずいぶん時が経つ。それからというもの、レクサスのスポーツイメージを牽引してきたのがRC Fだ。  流麗なスポーツクーペのシルエットは、極めて安定感あるスポーツカーの形をし、詰め込まれているスポーツマインドは熱く激しい。  ただ、プレミアムレクサスが掲げるスポーツカーである以上、ただ闇雲に速さを求めているのではないだろうし、そこには無骨な油臭さはないだろうと想像する。上質なスポーツフィールに終始するのだろうと。  僕は知っている。都会の喧騒から連れ出して、手綱を緩めてサーキットを走らせても、スポーツカーに対峙するほどの走りの性能を秘めていることを、だ。  今回、袖ヶ浦スピードウエイに引っ張り出して、RCFの性能を確認することにした。プレミアムスポーツの走りとは・・、はたして サーキットに通用するのか・・である。  RCFに搭載されるエンジンはV型8気筒5リッターDOHCである。最高出力は477ps/7100rpm、最大トルク530Nm/4800rpm~5600rpmである。ポア×ストロークは94mm×84.9mm。高回転化に有利なショートストロークタイプである。  さすがに5リッターもあると、過給機の助けを借りずとも、過不足ないトルクを発揮する。ターボトルクとは異なる。極低回転域から湧き上がるようなトルク感ではない。アクセル開度を先回りするような強引なトルク特性ではなく、ドライバーの狙い通りの出力が発揮されるのである。これぞ大排気量NAの魅力だ。最近流行のダウンサイジングターボでは味わえない感覚である。  組み合わされるギアは8速もあるから、パワーバンドをはずことはまずないのだが、ギアの選択に迷ったら、一段高めのギアでのダッシュを試みても不満はない。ターボ流の走り方に挑んでも耐えうるだけのトルクが備わっているのは嬉しかった。  しかも高回転域が抜けている。スペックデータが証明するように、ピークパワーの発生回転数は7100rpmに及ぶ。さらに言えば、回転リミッターに頭を叩かれて慌ててシフトアップをする羽目になるほど、高回転域で絞られる感覚がないのだ。もっとリミッ...

読み込み中

Loading