安全性 関連ニュース - Autoblog 日本版

安全性

  • Official: 安全機能に過信は禁物!! 大根がばっさり切れるほどの力を持ったパワーウィンドーの危険性をJAFが検証!!
    2017年03月20日 09時00分

    JAFは、 パワーウインドーの挟み込みの危険性について検証を行い、その結果をホームページに公開した。 昨今、パワーウインドーに関連する乳幼児の事故が多発しており、2016年11月には2歳の男児が首を挟まれ、心肺停止に陥る事案も発生している。 そこで、JAFはパワーウインドーの使用時における注意を促すため、加わる力の大きさや「挟み込み防止機能」の作動状況について検証を行ったとのこと(子供の使用シーンはイメージ)。 テスト1では、「パワーウインドーの機能と閉まる力」を軽自動車、セダン、ミニバンの3台で検証。 結果は上記表の通りで、挟み込み防止機能の作動も関係するが窓が閉まる力は車種により7.0〜34.6kgfと差が大きいことが判かった。 この実験結果によると、挟み込み防止機能は車種によってはすべての窓に装備されておらず、 また挟み込み防止機能もスイッチを引き続けると働かないこともあるとのことなので、子どもを乗せる際には充分注意が必要であることを再認識させられた。...

  • Official: スバル「EyeSight(アイサイト)」搭載モデルの国内累計販売台数が50万台を突破
    2017年03月17日 06時00分

    富士重工業は16日、同社が販売する運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」搭載モデルの国内累計販売台数が、2017年2月に50万台を達成したことを発表した。...

  • Official: マツダ、新世代現行モデル5車種に先進安全技術を標準装備化すると発表
    2017年03月13日 18時30分

    マツダは13日、日本国内で販売するほぼすべての新世代商品を対象に、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の標準装備化を2017年度中に行うことを発表した。...

  • Study: 2017年の「米国自動車耐久品質調査」で、日本とドイツのブランドが同率1位に
    2017年03月12日 10時00分

    米国の調査会社J.D. パワーが2017年の「米国自動車耐久品質調査(Vehicle Dependability Study)」を発表した。しかし、調査結果によれば、年々クルマの信頼性が全体的に低くなっているようだ。この調査は、すべての自動車メーカーにおける100台当たりの不具合指摘件数を点数化するもので、数値が小さいほど品質が高いことを示す。2017年の自動車業界全体における平均は156件だったが、2016年は152件、2015年は147件だった。...

  • Official: ランドローバーの新型「ディスカバリー」が、 ユーロNCAPの安全評価で最高の5つ星を獲得
    2017年03月10日 05時00分

    ランドローバーは、2016年のパリ・モーターショーでデビューした新型「ディスカバリー」が、世界に認められた自動車安全性試験機関であるユーロNCAP(European New Car Assessment Programme:欧州における新車アセスメント・プログラム)において、最高評価である5つ星を獲得したことを発表した。...

  • Official: 「Fiat 500X Safety Package」限定150台発売
    2017年02月22日 21時00分

     FCAジャパン(本社:東京都港区、社長:ポンタス ヘグストロム)は、フィアット・ブランドのスモールSUV「フィアット500X」の限定車「フィアット500Xセーフティパッケージ」を計150台、3月4日より販売開始する。  フィアット500Xセーフティパッケージの特徴は、ベースモデルでは搭載されていない安全装備を全て(フィアット500Xで設定のもの)搭載。前面衝突警報、車線逸脱警報、ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション、リアパーキングカメラ、アダプティブクルーズコントロール、計5つの安全装備を備え、ベースモデルより108,000円高とした。アダプティブクルーズコントロールは上級モデルにも非設定の装備。上位グレードに標準設定されているバイキセノンヘッドライトおよび18インチのアロイホイールも採用している。  フィアット500Xセーフティパッケージの販売台数は、ブルーアバター 100台、レッドヒュプノティック 50台、希望小売価格(消費税込み)2,970,000円。 ...

  • Official: スバル 2017年型インプレッサ、米国IIHSの2017年安全評価で最高評価「トップセイフティピック(TSP)+」を獲得
    2017年02月22日 17時00分

     北米地区で現在販売されているスバルの2017年型インプレッサ(アイサイト装着車)が、IIHS(道路安全保険協会)が行う最新の2017年の安全性評価において、最高評価の「トップセイフティピック+」を獲得した。全面改良モデルとなる2017年型インプレッサはセダン・5ドアモデルともに、要求される全ての耐衝撃性能試験において最高評価「Good」を、前面衝突予防性能試験においても最高評価「Superior」を獲得。新規導入されたヘッドライト性能試験においても最高評価「Good」を獲得し、チャイルドシート取り付け性評価においても最高評価「Good+」を獲得、小型車として唯一、IIHSの全評価項目で最高評価を獲得した車種として認定された。  IIHSは2017年安全評価からヘッドライト性能評価を新たに導入し、その安全評価の受賞要件を強化した。「トップセイフティピック」を受賞するには前・側・後面・スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)耐衝撃性能試験すべてにおいて最良の乗客保護性能を持ち合わせた車として最高の「Good」を獲得、前面衝突予防評価において「Superior」または「Advanced」を獲得することが要求される。「トップセイフティピック+」を受賞するには、ヘッドライト性能評価における「Good」、「Acceptable」のいずれかの獲得が必要となる。  アイサイトを装着したインプレッサは、IIHSが実施した衝突予防性能試験において、時速12マイル・時速25マイルいずれの速度域においても衝突を未然に回避し、最高評価「Superior」を獲得。また、ヘッドライト性能試験においては、ハイビームアシスト機能付LEDヘッドライト装着車が最高評価「Good」を、LEDヘッドライト装着車が「Acceptable」を獲得した。...

  • Video: 【ビデオ】強風に煽られた大型トレーラーが高速道路で横転 警察車両を押し潰す!
    2017年02月20日 09時00分

    米国ワイオミング州の高速道路で、一台の大型トレーラーが強風にあおられ横転し、路肩に停車していたパトカーの上に倒れ込むという事故が起こった。...

  • Official: フォード「F-250 スーパーデューティー」2017年モデル、米国道路交通安全局の衝突安全テストで最高の5つ星評価を獲得
    2017年02月01日 17時00分

    米国運輸省道路交通安全局(NHTSA) は、2017年モデルのフォード「F-250 スーパーデューティー クルーキャブ」で衝突安全テストを行い、全項目で最高の5つ星に認定した。この結果は前年型の同モデルと比較すると飛躍的な向上となる。今回テストされたのは「F-250 クルーキャブ 4x2」の2017年モデルだが、同型の2016年モデルの総合評価は4つ星にとどまり、その内訳はフルラップ前面衝突試験が4つ星、側面衝突試験が5つ星、ロールオーバー試験が4つ星だった。「スーパーキャブ」と「レギュラーキャブ」の2016年モデルはそれを若干下回り、フルラップ前面衝突とロールオーバーの両試験で3つ星しか獲得できなかった。...

  • Official: フォード「マスタング」、オーストラリアの安全性試験で2つ星の低評価
    2017年01月27日 10時00分

    間もなくアップデートされるフォード「マスタング」だが、オーストラリア自動車アセスメント・プログラム(ANCAP)は、現行型の「マスタング GT ファストバック」に厳しい評価を下した。同車はより厳格になった衝突試験において、星5つ中2つしか獲得できなかったのだ。...

読み込み中

Loading