パフォーマンス 関連ニュース - Autoblog 日本版

パフォーマンス

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】起亜、公約通りに市販化されたスポーツ・セダン「スティンガー」を発表
    2017年01月17日 10時00分

    起亜がスポーティな野心を表現した「GTコンセプト」を発表したのは2011年、つまり5年余り前のことだ。そして、今年の北米国際オートショー開幕前日に、同ブランドはこのコンセプトカーを市販化した「スティンガー」を発表した。起亜モーターズアメリカは「スティンガーは我々にとってドリーム・カーなのです」と言うが、刺激的なコンセプト・モデルとそれが大幅に薄められた市販モデルとの差に、エンスージアストは酔いが醒めたような気分だろう。それでも、この新型スティンガーは起亜の中では最もスポーティなクルマなのだ。...

  • Teased: ダッジ、「ヘルキャット」から悪魔的な進化を遂げた「チャレンジャー SRT デーモン」の登場を予告!
    2017年01月17日 06時00分

    ダッジの「チャレンジャー SRT ヘルキャット」が搭載する最高出力707hpのスーパーチャージャー付きV型8気筒エンジンは、マッスルカー好きにとって光り輝くスター的な存在だ。シリンダー数と排気量の減少を憂う人々にとってのパナケイア(治療の女神)でもある。しかし、ダッジの特設サイト(www.ifyouknowyouknow.com)によると、このヘルキャットからさらにクレイジーな進化を遂げたチャレンジャーが登場するらしい。その名もダッジ「チャレンジャー SRT デーモン」という。...

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】メルセデス・ベンツ「GLAクラス」、AMGモデルも含めスタイリングや機能がアップデート!
    2017年01月16日 19時00分

    「メルセデスAMG GT」のアップデートほどエキサイティングなニュースではないかもしれないが、コンパクトSUVの「GLAクラス」にも改良が施されたのでお知らせしよう。現在開催中の北米国際自動車ショーで、新しくなった「GLA 250」「GLA 250 4MATIC」「メルセデスAMG GLA 45 」の全3モデルが出展されている。...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】スバルとSTI、3つのプロジェクトを中心としたモータースポーツ活動計画を発表 
    2017年01月15日 19時00分

    富士重工業とそのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)は13日、東京オートサロン 2017の会場において、今年度のモータースポーツ活動計画について発表した。 登壇したSTIの平川良夫社長はまず、モータースポーツに取り組む理由として、スバルがクルマ作りで掲げる「安心と愉しさ」、それを実証するために「モータースポーツという極限の場に取り組んでいる」と説明。そして今シーズンの「特に開発投資を大きく掛けた3つのプロジェクト」に、ニュルブルクリンク24時間レース、SUPER GT、グローバルラリークロス選手権を挙げた。 2008年の初参戦から今年で10回目の節目を迎えるニュルブルクリンク24時間レースには、今年も「WRX STI」で出場し、SP3Tクラス(排気量2.0リッター以下のターボ付きエンジン搭載車)で3年連続、5度目のクラス優勝を目指す。 ドライバーを務める山内英輝選手によると、WRX STIの強みは何と言っても「ライバルと比べて、路面コンディションの変化に一番強い」こと。昨年はコースに雹が降った際、並み居る上位クラスのGT3レーシングカーを差し置いて、スバルが総合1位の順位で走っていた時間もあったほど。これはスバルの優れた全輪駆動システム「シンメトリカルAWD」が威力を発揮したからだが、今年はさらに強さを増してきているライバルに対抗するため、「体力、適応力、そして地力を上げないと」と昨年からチームを率いる菅谷重雄監督は語る。 そのためには「基本に立ち返る」ということで、エンジンは燃焼効率を上げて出力を向上させ、車体は剛性バランスの改善と軽量化に取り組み、さらに空力とタイヤも開発を進めているとのこと。また、今年のマシンにはついにパドルシフトが採用されるという。ドライバーは日本の山内選手と、カルロ・ヴァンダム選手(オランダ)、マルセル・ラッセー選手(ドイツ)、ティム・シュリック選手(ドイツ)が今回も担当することになっている。彼らが「安心して、なおかつ楽しんで、それだけではレースはダメなので、攻めていけるクルマを渡したい。それが3連覇に続く道だと信じています。そのために今、この瞬間もエンジニアは頑張ってクルマを作っています」と菅谷監督は言う。「全員でしっかりつないで頑張ります」と述べた山内選手によれ...

  • Report: BMW新型5シリーズ日本発表 将来的には自動車線変更機能の搭載も!?
    2017年01月13日 13時00分

    BMWジャパンは2017年1月12日、第7世代となる5シリーズの新型を発表した。パワートレインのバリエーションは4気筒2.0Lターボのガソリン(523i)、ディーゼル(523d)、そして高出力仕様のガソリン4気筒ターボ(530i)、6気筒3.0L自然吸気ガソリン(540i及び4WDの540i xDrive)、そして4気筒2.0Lガソリンターボエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド(530e)となる。デリバリーは「530e」と「523i」が年後半~年末になる予定だが、それ以外のモデルは2月からスタートする(ベーシックグレード「523」はガソリンよりもディーゼルが先に発売されることも興味深い)。 価格帯はボトムモデルの「523i」が599万円、ハイエンドの「540i xDrive M Sport」が1017万円だ。 ラインナップで特筆すべきは、当初からハイブリッドモデル「530e」がバリエーションに組み込まれていることだろう。しかも「523i」に準じた4気筒ガソリンターボエンジンにモーターを加えたコストのかかったパワートレインでありながら、わずか33万円(「Luxury」同士の比較)しかアップしていない魅力的な価格設定となっていることも見逃せない。新型BMWでもっとも戦略的なグレードであることは間違いないだろう。 プレミアムブランドの新型車として注目はやはり先進安全装備の充実だが、単刀直入に言ってしまえば「昨年フルモデルチェンジした7シリーズ譲り」ということになる。歩行者検知機能付きの追突回避・被害軽減ブレーキや停止保持機能付きのアダプティブクルーズコントロールを引き続き採用するのはもちろんのこと、高速走行時には車線の中央を沿うように、渋滞時は先行車両を追従するようにステアリング操作をサポートして部分的な自動運転を実現する「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」なども新たに採用した。またオプションではあるが、キーを使って車外から車庫入れがおこなえる「リモート・コントロール・パーキング」も装着可能だ。...

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】アウディ、ターボに替わった新型「SQ5 TFSI」を発表
    2017年01月13日 11時00分

    アウディが今年の北米国際オートショーで公開したクロスオーバーは大型の「Q8」だけではない。その隣には、同社のハイパフォーマンスなミニサイズのクロスオーバー、新型「SQ5 TFSI」が並んでいる。この最新モデルの3.0リッターV6エンジンが備える過給機は、先代のスーパーチャージャーからターボチャージャーに替わった。このパワートレインは「S4」や「S5」に採用されているものに近い。...

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】マイナーチェンジを受けた「メルセデスAMG GT」シリーズに、「メルセデスAMG GT Cクーペ」も登場
    2017年01月12日 20時00分

    メルセデス・ベンツは、今年の北米国際オートショーにおいて、リフレッシュされた「メルセデスAMG GT」および「メルセデスAMG GT S」に加えて、より高性能な「メルセデスAMG GT Cクーペ」を発表した。 このGT Cには、AMGの設立50周年を記念した特別限定モデル「エディション50」が発売され、GT CクーペとGT Cロードスターが50台ずつ製造される予定だ。GTとGT Sにはフェイスリフトが施され、パワーも向上した。...

  • Official: ポルシェ、「911」シリーズに5種類の新型「GTS」を追加
    2017年01月12日 10時00分

    現在、ポルシェの「911」シリーズには16種類のモデルが存在する。既に十分な数だが、「さらに5モデル くらい増やしてもいいんじゃないか?」と思ったらしく、ポルシェは北米国際オートショーに参加していないにも拘わらず、その開催初日となる1月8日に新しい5種類の「GTS」を発表した。その内訳は、クーペで後輪駆動の「911カレラ GTS」、その4輪駆動版の「911カレラ4 GTS」、後輪駆動でソフトトップの「911カレラ GTS カブリオレ」、その4輪駆動版の「911カレラ4 GTS カブリオレ」、そして電動開閉式ルーフを備える「911タルガ4 GTS」だ(タルガは4輪駆動のみ)。いずれも同仕様の「カレラ」や「カレラS」より性能が引き上げられている。...

  • Official: 英国ホンダ、「シビック TYPE R」の生産を終了 100台限定の最終特別仕様車「ブラック・エディション」を発売
    2017年01月11日 11時00分

    次期型の登場を控え、ホンダは英国スウィンドン工場で「シビック TYPE R」の生産を終了したと発表。最後に100台のみとなる限定モデル「シビック TYPE R ブラック・エディション」を発売した。 ...

  • Opinion: ベントレー、フラッグシップモデル新型「Flying Spur W12 S」を今春発売予定
    2017年01月10日 20時00分

    Bentley Motors Limitedはラグジュアリーとスタイリングとパワーが三位一体となった「Flying Spur W12 S」を新たなフラッグシップとしてラインアップに追加すると発表した。 Bentley MotorsのWolfgang Dürheimer会長兼CEOは、 「Flying Spur W12 Sは、究極の高性能ラグジュアリーセダンです。動的性能の切れ味を向上させ、当社が誇るW12エンジンをパワーアップするとともに、エクステリアとインテリアには、これまで以上に堂々とした印象のデザインを採用しました。従来のFlying Spurとは一線を画す存在感をお求めの方におすすめしたい一台です」と語った。 ...

読み込み中

Loading