ニューモデル 関連ニュース - Autoblog 日本版

ニューモデル

  • Official: メルセデス・ベンツ、「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」を全国限定4台発売(注文受付締切1月31日)
    2017年01月16日 21時00分

     メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」を発表し、注文の受付を開始した。納車開始は2017年第4四半期以降を予定。(全国限定4台、注文受付締切:1月31日) <LAショー2015> メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレは、2015年のロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアとして発表した。ラグジュアリー4シーターオープンモデルのメルセデスAMG S 65 カブリオレをベースに、パフォーマンス、安全性、快適性はそのままに専用デザインを施している。 エクステリアは、フロント、サイド、リアの随所にクロームを採用、サイドビューは、ソフトトップを閉じた状態では美しいクーペスタイルとなる。ソフトトップの操作はセンターコンソールのスイッチを使って行い、時速50km/h以下であれば、走行中でも約20秒で開閉が可能、ソフトトップを閉める際にはトランク内で自動的に展開するラゲッジカバーに格納され、荷物がソフトトップにより汚れることを防ぐ機構がある。 ヘッドライトは、片側47個のスワロフスキークリスタルを組み込んだ専用LEDハイパフォーマンスヘッドライトを採用。 フロントフェンダーには丸みのある三角形の中に2つのMをあしらった"Maybach Manufaktur"(マイバッハ・マヌファクトゥーア)のエンブレムが装着され、専用の20インチ鍛造アルミホイールが重厚感のある輝きを放っている。 インテリアは、2013年のフランクフルトモーターショーで発表されたコンセプトカー「コンセプトSクラスクーペ」のアイデアを部分的に取り入れている。センターコンソール、フロントシート前面およびヘッドレスト後部、車両後部インテリアトリム、後席エアコンディショナーにはマイバッハのエンブレムを、ステアリング、カップホルダー上部、イルミネーテッドステップカバーには"MAYBACH"のレタリングが、カップホルダーカバーにクロームで仕上げた「1 of 300」のレタリングが施されている。 メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレのパワートレインには、メルセデスAMG 6.0リッターV型12気筒ツインターボエンジンを採用。最高出力463kW/630PS、最大トルク1,000Nmを発揮する。...

  • Report: 【東京オートサロン2017】ロータス「3-Eleven」の生産台数は世界で311台、この秋日本導入か!:山田弘樹
    2017年01月16日 18時30分

    ロータスのインポーターであるエルシーアイのブースで主役を張っていたのは、「3-Eleven」(スリー・イレブン)。これはロータス2-Eleven(ツー・イレブン)の流れを汲むオープン・レーシングで、2015年のグッドウッドフェスティバルで世界初登場。昨年春に開催された「ジャパン・ロータスデー」では、ロータスユーザーにもお披露目され大きな注目を集めていた。 ベースとなるのはロータスのミドルスポーツであるエキシージ。そのシャシーはエリーゼを基礎とするアルミ製バスタブ型の「スモールプラットフォーム」で、そのサスペンションレイアウトもエキシージを踏襲している。 ただしそのノーズデザインは同じながらも、ボディパネルは完全に新設計。というのもこの「イレブン・シリーズ」はトコトン軽量化にこだわったモデルで、フロントウインドーは小型なスクリーンに変更され、ドアさえ持たない、究極のホビー・レーサーなのだ。 とはいえ単に軽量化のためだけにドアを排したわけではなく、そこには空力性能がしっかりと盛り込まれている。サイドパネルの造形などはホイールアーチの正圧を走行風で引き抜くために大きくえぐられているし、ディフューザーを備えるリアのクラムシェルもブランニュー。そしてとうとう大型のウイングも装着された。 ちなみにそのボディにはロータスでは珍しくカーボン素材が複合され(FRPに対して40%軽量)、その乾燥重量はなんと925kgにまで軽量化された。これはベースとなるエキシージに対して225kgも軽く、最軽量のエリーゼ(900kg)にすら迫る数値だ。 そしてそのエンジンも、ロータスのトップモデルである「EVORA400」(406ps)と同様、トヨタ製3.5リッターV6+スーパーチャージャーにインタークーラーを組み合わせ、ロードバージョンでは416ps/410Nm、レース仕様では466ps/525Nmという、シリーズ最強の出力を発揮させている。 1tを切る車重に対して466psの出力だから、そのパワー・トゥ・ウェイトレシオは1.98kg/psと強烈。果たしてそんな軽量ミドシップを真っ直ぐ走らせられるのか? と思うけれど、オープントップにもかかわらずそのダウンフォースは240km/h時に215kgを発揮するのだという(レース仕様)。 ...

  • Report: 【東京オートサロン2017】ホンダ、「シビック」6年ぶりに日本市場復活:山田弘樹
    2017年01月16日 16時30分

    今年のオートサロンで、一番その内容が充実していたメーカーはホンダだとボクは思う(そもそもオートサロンはカスタムカーの祭典だという話もあるが)。そのフラグシップであるNSXを3台も展示し、その2台はなんと平置き。これ以外にもF1やスーパーフォーミュラ、NSX GTを展示するなど、新年の幕開けをアグレッシブに彩っていた。 そんなホンダが一番力を入れてアナウンスしたのが、6年ぶりとなるシビックの日本市場復活だ。壇上には「5ドアハッチバック」を中心に、「4ドアセダン」と「タイプR」がその両脇を陣取った。 これは2015年に登場した10代目シビックがベースとなったプロトタイプ。日本仕様はインテリアが異なるようで、当日は外観のみがお披露目された。そのデザインはかつてのフォードのキネティックデザインともタメを張るエッジーなラインとパッキパキな面で構成されており、完全なアメリカ風味。リアのブーメランテールなどはシリーズでも一番派手な意匠で、日本人にウケるのかはわからないが、個人的には挑戦的で好ましいと感じた。 またそのプロポーションはCセグメントの枠を目一杯使い切った伸びやかさがあり、セダンはクーペ的、ハッチもスポーツバックのような美しい仕上がりとなっている。とにかくそのパーツひとつひとつが巨大で、まるで金髪美女を見ているような気分になるが、アメリカのどでかい街並みにはこれくらいの迫力が必要なのだろう。 搭載されるエンジンは1.5リッターの直噴VTECターボ(174ps)。トランスミッションについての言及はなかったが、北米仕様を見る限り6MTかCVTの選択になるだろう。駆動方式はFFだ。...

  • First Drive: 【海外試乗記】2018 Mercedes-AMG GT R、サーキットでのパフォーマンスに特化した硬派なモデル。:島下泰久
    2017年01月15日 17時00分

     メルセデス・ベンツのモデルをベースとしない、AMGの自社開発スポーツカー第二弾としてデビューしたAMG GTが、じわじわとラインナップを拡大中だ。この度、登場したのはメルセデスAMG GT R。昨秋、ワールドプレミアされたロードスターから一転、サーキットでのパフォーマンスに特化した硬派なモデルである。  何しろAMG GTのレーシングバージョンであるAMG GT3は今、世界のサーキットで大活躍中だ。とりわけ強烈だったのは昨年のニュルブルクリンク24時間レースでの、1-4位独占である。もっとも日本のスーパーGTでは、車両規定の不利もあって振わない状況ではあったのだけれど。ともあれAMG GT Rには、こうして実戦で培われたノウハウがたっぷりと注ぎ込まれているわけだ。  初対面で驚いたのは、そのアピアランスである。見るからに低く、そして強烈にワイド。スペックを確認すると何と全幅は2007mmにも達しているのだ。フェンダーは大幅に拡大されていて、前275/35ZR19、後325/30ZR20という極太サイズのタイヤが収められている。ちなみにAMG GT Sでは前265、後295サイズである。  GT3マシンと同様のAMGパナメリカーナ・グリルをはじめ、大きな開口部をもつフロントエプロン、大型リアスポイラーなども備わり、ルックスは威圧的とすら評せるが、実はこのボディ、見えないところにこそノウハウが詰まっている。  まず空力の面では、必要な時以外は閉じて空気を車体下面に導く、フロント開口部内側のエアパネルや、床下のエンジン前方辺りに設置され、高速域で下方にせり出してヴェンチュリー効果によってダウンフォースを生み出す、アクティブエアロダイナミクスシステムが特徴と言える。  軽量化も進められており、フロントフェンダーやルーフなど目に見える部分だけでなく、車体各部の補強用部材、ドライブシャフト、トランスアクスルのトルクチューブなどがCFRP化されている。これは当然、高剛性化にも貢献するものだ。  そしてV型8気筒4.0Lツインターボエンジンは、主にターボチャージャー周辺の変更により、最高出力をAMG GT Sに対して75ps増の585psにまで高めている。トランスアクスルレイアウトとされた、7速DCTの変速の切れ味を...

  • Official: 【Honda】VFR800FとVFR800Xをそれぞれ1月16日に発売
    2017年01月13日 15時00分

     Hondaは、スポーツツアラーとして定評のある「VFR800F」※1の各部の熟成に加え、装備を充実させるとともに、クロスオーバータイプである「VFR800X」のツーリングでの快適性を高めて、それぞれ1月16日(月)に発売することを発表した。 ...

  • Official: 【DUCATI】スクランブラー クラシックに、新色のシュガーホワイトを追加!
    2017年01月13日 14時00分

    Ducatiスクランブラーの中でも、往年のスクランブラーのイメージを再現し、ディテールにこだわって作り上げられた、クラシックなたたずまいが特徴的な「スクランブラークラシック」。このスクランブラークラシックの2017年モデルに、新色の「シュガーホワイト」が追加される。 ...

  • Report: BMW新型5シリーズ日本発表 将来的には自動車線変更機能の搭載も!?
    2017年01月13日 13時00分

    BMWジャパンは2017年1月12日、第7世代となる5シリーズの新型を発表した。パワートレインのバリエーションは4気筒2.0Lターボのガソリン(523i)、ディーゼル(523d)、そして高出力仕様のガソリン4気筒ターボ(530i)、6気筒3.0L自然吸気ガソリン(540i及び4WDの540i xDrive)、そして4気筒2.0Lガソリンターボエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド(530e)となる。デリバリーは「530e」と「523i」が年後半~年末になる予定だが、それ以外のモデルは2月からスタートする(ベーシックグレード「523」はガソリンよりもディーゼルが先に発売されることも興味深い)。 価格帯はボトムモデルの「523i」が599万円、ハイエンドの「540i xDrive M Sport」が1017万円だ。 ラインナップで特筆すべきは、当初からハイブリッドモデル「530e」がバリエーションに組み込まれていることだろう。しかも「523i」に準じた4気筒ガソリンターボエンジンにモーターを加えたコストのかかったパワートレインでありながら、わずか33万円(「Luxury」同士の比較)しかアップしていない魅力的な価格設定となっていることも見逃せない。新型BMWでもっとも戦略的なグレードであることは間違いないだろう。 プレミアムブランドの新型車として注目はやはり先進安全装備の充実だが、単刀直入に言ってしまえば「昨年フルモデルチェンジした7シリーズ譲り」ということになる。歩行者検知機能付きの追突回避・被害軽減ブレーキや停止保持機能付きのアダプティブクルーズコントロールを引き続き採用するのはもちろんのこと、高速走行時には車線の中央を沿うように、渋滞時は先行車両を追従するようにステアリング操作をサポートして部分的な自動運転を実現する「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」なども新たに採用した。またオプションではあるが、キーを使って車外から車庫入れがおこなえる「リモート・コントロール・パーキング」も装着可能だ。...

  • Featured: エアレースパイロット室屋義秀選手が操縦するマシンでレーシングドライバー木下隆之空を舞う!:木下隆之
    2017年01月13日 12時00分

     まず最初に言おう。慣れた横Gはほとんどなく、たえず強烈な縦Gに襲われた。脳天の血液が下がり、視界がぼーっと薄れる感覚に見舞われる。水平感覚が麻痺し、地上と空の上下感覚が曖昧になった。これはすごい世界だぞと・・・。  陸上のコンペティションマシンには慣れている。レース界に身を投じてから30数年。様々なマシンをドライブしてきた。だから少々手強いくらいではヒカかない。たとえどんな横Gが首を襲っても耐えられる。  だが、スピードのステージが空となれば話は別だ。今回体験したのは空のレーシングマシン、日本人唯一のエアレース優勝パイロットである室屋義秀選手が操縦するマシンで空を舞ったのである。そして実感したには、とてつもない世界だということだ。  アクロバチック体験のチャンスを得たのは、レクサスがLC500とのコラボ走行をすることになったからだ。僕に演出のお鉢が回ってきた。CMやカーパーフォーマンスショーの演出を評価されたからだろうと思う。  地上でレクサスLC500を走らせ、その真上を室屋義秀さんに待ってもらおうと企んだのだが、なんとアクロバチック飛行の経験がない。知らないで演出するわけもなく、アイデアを巡らせる前に、一度空の世界を知ろうということが今回の飛行体験のきっかけなのだ。 ...

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】アウディ、ターボに替わった新型「SQ5 TFSI」を発表
    2017年01月13日 11時00分

    アウディが今年の北米国際オートショーで公開したクロスオーバーは大型の「Q8」だけではない。その隣には、同社のハイパフォーマンスなミニサイズのクロスオーバー、新型「SQ5 TFSI」が並んでいる。この最新モデルの3.0リッターV6エンジンが備える過給機は、先代のスーパーチャージャーからターボチャージャーに替わった。このパワートレインは「S4」や「S5」に採用されているものに近い。...

  • Official: ポルシェ、「911」シリーズに5種類の新型「GTS」を追加
    2017年01月12日 10時00分

    現在、ポルシェの「911」シリーズには16種類のモデルが存在する。既に十分な数だが、「さらに5モデル くらい増やしてもいいんじゃないか?」と思ったらしく、ポルシェは北米国際オートショーに参加していないにも拘わらず、その開催初日となる1月8日に新しい5種類の「GTS」を発表した。その内訳は、クーペで後輪駆動の「911カレラ GTS」、その4輪駆動版の「911カレラ4 GTS」、後輪駆動でソフトトップの「911カレラ GTS カブリオレ」、その4輪駆動版の「911カレラ4 GTS カブリオレ」、そして電動開閉式ルーフを備える「911タルガ4 GTS」だ(タルガは4輪駆動のみ)。いずれも同仕様の「カレラ」や「カレラS」より性能が引き上げられている。...

読み込み中

Loading