ニューモデル 関連ニュース - Autoblog 日本版

ニューモデル

  • First Drive: 【試乗記】英断か迷走か!? おいおい、もしやプチキャデラックになっちゃったのかい? スズキ・ワゴンR&ワゴンRスティングレー:小沢コージ
    2017年03月24日 17時00分

    ●ワゴンR伝説を天才、鈴木修・当時社長の大英断から振り返ってみる!  いやはや一瞬、見返しちゃいましたぜ! 新型ワゴンR、それも特に超ワイルド顔のスティングレー。今の激動の軽自動車界を象徴する旧盟主たる存在で、振り替えればそもそも93年に生まれた初代は、実に画期的な実用車でありました。 <初代ワゴンR>  ほどよく楕円や台形フォルムを使いつつ、キャビン、ヘッドライト、そのほか見事にボクシーな四角アイコンを多用したシンプルかつ美しいエクステリアデザイン。まさしく走る無印良品そのもの! でした。  インテリアもそっけないほど直線的でシンプルで、しかし使い易く、なにより当時他にない全高1.6m台のトールボーイコンセプトを軽初採用。  ウワサじゃスズキは初代ワゴンRに当初別の名前を付けて「ニッチな趣味人」向けだか「アルトの傍流」として売ろうとしていたもよう。ところが販売直前、カタログ印刷まである程度済んた段階で、当時社長だった鈴木修さんが、おい、これは次世代系の主流派になりうる!? 的な判断を下し、当時のアルトに代わる軽のメイン車種として位置づけることを決定(あくまでもウワサですけど)。  名前も「ワゴンもあ〜る」というダジャレのごとき発想でワゴンRと土壇場で変えて発売。そしたらいきなりバカ売れで、その後何年も軽販売のランキングトップに君臨! 一時は白ナンバートップのトヨタ・カローラを超えて、新国民車となったほどよ。  実際安くてシンプルで使い易くて良かったんですワゴンR。いま初代を見ると若干の貧弱さは否めないけど、助手席座面を開けると出てくるバケツとか使い易かったもんね。洗車道具などを入れとくのにも便利だったし。 ●なんとのび太とジャイアンぐらい全然違うキャラの振れ幅!  ワゴンRはその後、ダイハツ・ムーヴやホンダ・ライフなどフォロワーを生みつつ快進撃。ところが10年目の2003年にダイハツ・タント、2011年にはホンダN-BOXと、ワゴンR以上の背の高さと広さと両側スライドドアを持つスーパーハイト系が出ちゃったからたまらない。  正直どっちも特別カッコ良くなかったけど、超実用性に徹したところがウケまくって現在軽ベストセラーとして君臨中。ワゴンRを始めとするセミトールワゴンはすっかりセカンドグループに...

  • Official: 横浜ゴム、低燃費で雨に強いミニバン専用タイヤ「BluEarth RV-02」にハイト系コンパクトカー・軽自動車向け新製品とSUV向けサイズを追加
    2017年03月22日 19時30分

    横浜ゴムは3月22日、低燃費性能と濡れた路面におけるグリップ性能を両立させたミニバン専用タイヤ「BluEarth RV-02」に、新たにハイト系コンパクトカーおよび軽自動車向け専用タイヤとなる「BluEarth RV-02CK」を発売。同時にSUVクロスオーバー向け新サイズも追加した。...

  • Geneva: ジュネーブ・モーターショーでデビューした魅力的なイタリアのスーパーカーを一挙ご紹介!
    2017年03月20日 19時00分

    今月7日から19日まで開催されていたジュネーブ・モーターショーでは、フェラーリやランボルギーニをはじめ様々なイタリア製スーパーカーが登場し、セクシーな魅力と莫大なパワー、そして途方もない価格を競い合っていた。実際に手に入れることができる人はごく限られているが、いつでも我々クルマ好き全員の目を楽しませてくれる。今回はそんな地中海気質溢れる素敵なスーパーカーを、まとめてご覧いただこう。 ...

  • Official: SUZUKI、GSX‐Sシリーズの 新型モデル「GSX‐S750 ABS」を発売
    2017年03月18日 11時00分

    スズキ株式会社は、ストリートスポーツバイクのGSX‐Sシリーズに、750ccの新型モデル「GSX‐S750 ABS」を追加し、3月30日より発売する。 「GSX‐S750 ABS」は、2016年10月にドイツ・インターモトで発表したモデルで、低く構えたアグ レッシブなスタイリングや、スーパースポーツバイク「GSX‐R750」(海外向けモデル)ゆずりのスムーズな スロットルレスポンスと爽快な走りを特長とする。...

  • Official: アクセントカラーでデザイン性がUP!! スバル「フォレスター」の人気グレード「X-BREAK」に「カラーアクセント仕様」が追加
    2017年03月17日 18時00分

    富士重工業は、スバル「フォレスター」に改良モデルを、2017年4月3日より発売すると発表した。 スポーティかつカジュアルな内外装とタフに使える機能性を持った人気グレード「X-BREAK」には、今回新たに、エクステリアのデザイン性を高めた「カラーアクセント仕様」を追加した。 ダークグレーメタリック塗装の専用17インチアルミホイール、オレンジの加飾を施したフロントフォグランプカバーとサイドクラッディングに加え、X-BREAKリヤオーナメントやブラックのルーフレール等を採用し、より躍動感のあるエクステリアに仕上げながらも、従来の「X-BREAK」と同一価格というお買い得なモデルとなっている。 ...

  • Featured: 【試乗記】マツダ CX-5、引き算の美学で生み出されたデザイン、人車一体の感覚を盛り込んだハンドリング:木下隆之
    2017年03月17日 17時00分

     このところ強烈にブランド力を高めているマツダの最新作品が「CX-5」である。全てのモデルを、光沢と深みのあるソウルレッドでイメージ統一するなど、斬新な手法で存在感を得ているマツダの主力車種がこれ。試乗した印象からすると、これから街に溢れるであろう予感が強くするのだ。これは間違いなく売れる、そう思わせてくれた。  デザインがまず整っている。どこにも破綻がないのだ。マツダの最新アイデンティティとなる顔つきだから、正面から眺めればそれがマツダのモデルだと誰もが気づく。だがそれだけではない。全体的なシルエットも最近のマツダに統一した造形なのだ。  新型CX-5はライト類を横長に細め、眼光を鋭くした。だが、強烈な印象を残すのはそこだけだ。ボディ全体には派手な突起やこれ見よがしの隆起や、あるいはアイキャッチとなるようなポイントがない。 「引き算の美学」   マツダのデザイナーは自らのコンセプトをこう呼ぶ。最近は各社、押し出しの強いデザインが好みのようだが、それとは背を向ける。一つの塊からシルエットをつくりだしてから、一筆二筆を足していく手法が目立つ。それは飽きのこないデザインだというのだが、マツダの引き算の美学で生み出されたCX-5こそ、シンプルがゆえに長く付き合えるような気がした。 <先代 / 現行>  それでも、先代に比較してAピラーポストを35mm後退させるなどで、ノーズが長く見えるようになった。SUV特有の、ともすればずんぐりと凡庸に見えるシルエットから脱却している。車格感が高まったような印象を受けるのだ。  ちなみに、マツダがイメージ戦略上統一していたソウルレッドは、CX-5になって微妙に変化させている。光や角度によって表情を変えるそれは、CX-5になってよりクリスタル度が高まっている。  大人になった印象は、コクピットにも表れていた。これまでのような、どこか大衆車的な香りが薄らいでいる。インテリアも引き算の美学でデザインされているようで、派手な凹凸は少ない。ここもシンプルなのだ。  だが、シート素材や細部のデザインには手が加えられているし、ダブルステッチの縫い合わせを採用するなど、高級感が加わったと思える。...

  • Official: Honda 、フルモデルチェンジした「CBR1000RR」、「CBR1000RR SP」を4月17日より発売開始
    2017年03月17日 11時00分

    Honda は、高性能な水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒1000ccエンジンを搭載し、徹底した軽量・コンパクト化、新たな電子制御技術を採用するなど、総合性能を高めた大型スーパースポーツ モデル「CBR1000RR」と、CBR1000RRをベースに、足回りなどの専用化とさらなる軽量化を図った「CBR1000RR SP」をフルモデルチェンジし、3月17日(金)から発売を開始する。...

  • Official: レクサス、新型ラグジュアリー・クーペ「LC」を発売 
    2017年03月16日 20時00分

    レクサスは16日、新型ラグジュアリー・クーペ「LC」を日本国内で発売した。2016年1月の北米国際オートショーでデビューしたレクサス LCは、その4年前に同じ場所で公開されたコンセプトカー「LF-LC」のデザイン・イメージをモチーフに、新開発プラットフォーム「GA-L」(global architecture for luxury vehicles)を採用することで、「慣性諸元の作りこみやボディの高剛性・軽量化に徹底的にこだわり、FR車が持つ本質的な魅力である優れた走りとデザインを実現」したという。 低くてワイドなボディは、全長4,770mm × 全幅1,920mm × 全高1,345mm。ホイールベースは2,870mm。オーバーハングを切り詰め、四隅に配した車輪を張り出したフェンダーが覆う。フロントのボディと一体化されたスピンドルグリルの両側には、新開発された超小型3連LEDヘッドライトとL字型に発光するLEDクリアランスランプ(デイライト機能付)を装備。スピンドル形状のテーマを反復したリアは、テールランプ外側から縦下方向に伸びたターンシグナルランプや、左右の下端に輝くエキゾースト・パイプと合わせ、重心の低さとワイド感を強調したという。ボディ・カラーは、高彩度なイエローの発色を実現した「ネープルスイエロー コントラストレイヤリンク」と呼ばれる新開発色を含め、全11色が設定されている。 フロント・ミドシップに搭載されるパワー・ユニットは2種類。「LC500」の5.0リッターV型8気筒エンジンは最高出力477ps/7,100rpmと最大トルク540Nm/4,800rpmを発揮。「天使の咆哮」と呼ばれたスーパーカー「LFA」のサウンドを継承しているという。吸気脈動によってダンパーを増幅振動させ、心地よいエンジン音を室内に響かせる「サウンドジェネレーター」や、排気流路の切替バルブを採用することで、クルージング時の静粛性と加速時の迫力あるサウンドを両立させている。このエンジンに組み合わされる10速トルクコンバーター式オートマチック・トランスミッション「Direct Shift-10AT」は、構成部品のアルミ化による大幅な軽量化と部品の小型化が施された。また、アクセルやブレーキ、車両のG(重力加速度)から、ドライバ...

  • Official: KAWASAKI「 Z1000 ABS」の2017年モデルを発表
    2017年03月16日 19時30分

    カワサキから、圧倒的な迫力を持つスタイリングと、スロットルを開けるほどに心が高鳴るパフォーマンスを兼ね備える、「Sugomi(凄み)」がコンセプトとなった「Z1000 ABS」の2017年モデルが4月15日より発売される。...

  • Official: KAWASAKI「Ninja 400 ABS Limited Edition」を発売
    2017年03月16日 19時00分

    爽快なツーリングパフォーマンスと独創のフルフェアリングスタイルが魅力の「Ninja 400」に、水転写によるカーボングラフィックを際立たせたカラーリングの「Limited Edition」が登場。300台限定で4月15日より発売開始される。...

読み込み中

Loading