ラグジュアリー 関連ニュース - Autoblog 日本版

ラグジュアリー

  • Official: メルセデス・ベンツ、「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」を全国限定4台発売(注文受付締切1月31日)
    2017年01月16日 21時00分

     メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」を発表し、注文の受付を開始した。納車開始は2017年第4四半期以降を予定。(全国限定4台、注文受付締切:1月31日) <LAショー2015> メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレは、2015年のロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアとして発表した。ラグジュアリー4シーターオープンモデルのメルセデスAMG S 65 カブリオレをベースに、パフォーマンス、安全性、快適性はそのままに専用デザインを施している。 エクステリアは、フロント、サイド、リアの随所にクロームを採用、サイドビューは、ソフトトップを閉じた状態では美しいクーペスタイルとなる。ソフトトップの操作はセンターコンソールのスイッチを使って行い、時速50km/h以下であれば、走行中でも約20秒で開閉が可能、ソフトトップを閉める際にはトランク内で自動的に展開するラゲッジカバーに格納され、荷物がソフトトップにより汚れることを防ぐ機構がある。 ヘッドライトは、片側47個のスワロフスキークリスタルを組み込んだ専用LEDハイパフォーマンスヘッドライトを採用。 フロントフェンダーには丸みのある三角形の中に2つのMをあしらった"Maybach Manufaktur"(マイバッハ・マヌファクトゥーア)のエンブレムが装着され、専用の20インチ鍛造アルミホイールが重厚感のある輝きを放っている。 インテリアは、2013年のフランクフルトモーターショーで発表されたコンセプトカー「コンセプトSクラスクーペ」のアイデアを部分的に取り入れている。センターコンソール、フロントシート前面およびヘッドレスト後部、車両後部インテリアトリム、後席エアコンディショナーにはマイバッハのエンブレムを、ステアリング、カップホルダー上部、イルミネーテッドステップカバーには"MAYBACH"のレタリングが、カップホルダーカバーにクロームで仕上げた「1 of 300」のレタリングが施されている。 メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレのパワートレインには、メルセデスAMG 6.0リッターV型12気筒ツインターボエンジンを採用。最高出力463kW/630PS、最大トルク1,000Nmを発揮する。...

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】メルセデス・ベンツ「GLAクラス」、AMGモデルも含めスタイリングや機能がアップデート!
    2017年01月16日 19時00分

    「メルセデスAMG GT」のアップデートほどエキサイティングなニュースではないかもしれないが、コンパクトSUVの「GLAクラス」にも改良が施されたのでお知らせしよう。現在開催中の北米国際自動車ショーで、新しくなった「GLA 250」「GLA 250 4MATIC」「メルセデスAMG GLA 45 」の全3モデルが出展されている。...

  • Official: レクサス、豊田章男氏も関与した高級ヨットのコンセプトを発表!
    2017年01月16日 06時00分

    レクサスといえば、現在開催中の北米国際オートショーにおいてフルモデルチェンジしたフラッグシップ・セダンの新型「LS」を発表したばかりだが、同社はさらに「フラグッシップ」ではなく実際の「シップ(=船)」を公開した。正確には、シップと呼ぶには少々小さいかもしれないが、米国フロリダ州マイアミで開催されたブランドイベント「Through the Lens」で世界初披露された「レクサス・スポーツヨット・コンセプト」をご紹介しよう。 ...

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】マイナーチェンジを受けた「メルセデスAMG GT」シリーズに、「メルセデスAMG GT Cクーペ」も登場
    2017年01月12日 20時00分

    メルセデス・ベンツは、今年の北米国際オートショーにおいて、リフレッシュされた「メルセデスAMG GT」および「メルセデスAMG GT S」に加えて、より高性能な「メルセデスAMG GT Cクーペ」を発表した。 このGT Cには、AMGの設立50周年を記念した特別限定モデル「エディション50」が発売され、GT CクーペとGT Cロードスターが50台ずつ製造される予定だ。GTとGT Sにはフェイスリフトが施され、パワーも向上した。...

  • Opinion: ベントレー、フラッグシップモデル新型「Flying Spur W12 S」を今春発売予定
    2017年01月10日 20時00分

    Bentley Motors Limitedはラグジュアリーとスタイリングとパワーが三位一体となった「Flying Spur W12 S」を新たなフラッグシップとしてラインアップに追加すると発表した。 Bentley MotorsのWolfgang Dürheimer会長兼CEOは、 「Flying Spur W12 Sは、究極の高性能ラグジュアリーセダンです。動的性能の切れ味を向上させ、当社が誇るW12エンジンをパワーアップするとともに、エクステリアとインテリアには、これまで以上に堂々とした印象のデザインを採用しました。従来のFlying Spurとは一線を画す存在感をお求めの方におすすめしたい一台です」と語った。 ...

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】レクサス、11年振りにフルモデルチェンジした新型「LS」を発表
    2017年01月10日 06時00分

    レクサスは9日、現在デトロイトで開催中の北米国際オートショーにおいて、11年振りにフルモデルチェンジしたフラッグシップ・セダンの新型「LS」を発表した。 日本ではトヨタ「セルシオ」と呼ばれた初代が1989年に登場して以来、5代目にあたる新型LSで一見して分かる最大の特徴は、新開発の「GA-L(global architecture for luxury vehicles)」プラットフォームを採用することで実現したという低く構えたスタイリング。これをレクサスでは「クーペシルエット」と呼ぶ。レクサスのセダンで初めて、片側3枚ずつのサイド・ウィンドウを持つ6ライト・キャビンと、そのガラスの内側にサイド・ピラーを統合したフラッシュサーフェイス・ウインドウが採用された。 全長5,235mm × 全幅1,900mm × 全高1,450mm(北米仕様)というサイズは、先代より125mm長く、25mm幅広く、そして25mm低い。同じプラットフォームを一足先に採用した「LC500」より延長されたホイールベースは3,125mmと、先代のロング・バージョンと比べても35mm長い。ホイールは19インチと20インチが用意される。 後部まで伸びたルーフラインと、前傾した後部ドア後端、そこからワイドに膨らんだフェンダーは、確かに保守的な4ドア・セダンのスタイルとは一線を画す。このボディ造形の抑揚を強調するため、レクサス独自の「ソニック」と呼ばれる二層構造の塗装技術をさらに進化させ、「金属を削りだしたような印象を与える」と同社が誇る新規開発色「マンガンラスター」を採用した。...

  • Official: ベントレー史上最速の市販モデル、新型「コンチネンタル スーパースポーツ」が登場
    2017年01月09日 06時00分

    ベントレーの「コンチネンタル スーパースポーツ」がついに復活を遂げる。W型12気筒ツインターボ・エンジンには改良が施され、最高出力710ps、最大トルク103.7kgmを発揮。2009年に登場した初代と比べると、それぞれ80psと22.1kgmも引き上げられたことになる。...

  • Video: 【ビデオ】これがロールス・ロイスの自然吸気V型12気筒エンジンが発する、消音されていない排気音!
    2017年01月04日 10時00分

    ロールス・ロイスの中でも最上位モデル「ファントム」には、排気量6.75リッターの自然吸気V型12気筒エンジンが搭載されている。だが、同型のエンジンを積むイタリア製スーパーカー等とは少々異なり、この超高級車ブランドがV12を採用する一番の理由は、極上の滑らかな走りと回転フィールのためであることはご存じだろう。だから、跳ね馬や猛牛のエンブレムを付けたV12エンジンが凄まじい咆哮で周囲を威圧するのに対し、英国の高級サルーンに搭載されたV12は主人の安穏を乱すことがなきよう、極力声を上げないように躾けられている。かつて「ロールス・ロイスの室内で聞こえるのは時計の音だけ」と表現された静粛性を、現在も受け継いでいるのだ。...

  • Official: 【ビデオ】リンカーン、マシュー・マコノヒーを起用した新型「コンチネンタル」の奇妙なCMを公開
    2017年01月03日 06時00分

    自動車会社を経営していて、豪華な新型フラッグシップ・セダンを宣伝する必要があるとしよう。あなたならどうするだろうか? 「湖面で、ほとんど誰か判別できないような位置にハリウッド俳優を立たせてコマーシャルを撮る」と答えた人がいるなら、恐らくその人は、マシュー・マコノヒーを再起用して風変りなクルマのCMを作った、リンカーンで働いているに違いない。...

  • Teased: アウディ、間もなく発表する大型高級SUV「Q8」のデザイン画を公開
    2016年12月26日 06時00分

    2015年5月から予告されていた通り、アウディはQシリーズの最上位車種としてフルサイズSUVセグメントに投入を予定している「Q8」の「市販モデルに近い」コンセプト・モデルを、来年1月にデトロイトで開催される北米国際オートショーで初公開すると発表した。アウディによれば、Q8は「クーペのエモーショナルなスタイルとSUVの広い室内空間という特徴を融合させた」1台で、ルバート・スタッドラーCEOは「Qシリーズのスポーティな派生モデル」と述べている。...

読み込み中

Loading