軽自動車 関連ニュース - Autoblog 日本版

軽自動車

  • First Drive: 【試乗記】英断か迷走か!? おいおい、もしやプチキャデラックになっちゃったのかい? スズキ・ワゴンR&ワゴンRスティングレー:小沢コージ
    2017年03月24日 17時00分

    ●ワゴンR伝説を天才、鈴木修・当時社長の大英断から振り返ってみる!  いやはや一瞬、見返しちゃいましたぜ! 新型ワゴンR、それも特に超ワイルド顔のスティングレー。今の激動の軽自動車界を象徴する旧盟主たる存在で、振り替えればそもそも93年に生まれた初代は、実に画期的な実用車でありました。 <初代ワゴンR>  ほどよく楕円や台形フォルムを使いつつ、キャビン、ヘッドライト、そのほか見事にボクシーな四角アイコンを多用したシンプルかつ美しいエクステリアデザイン。まさしく走る無印良品そのもの! でした。  インテリアもそっけないほど直線的でシンプルで、しかし使い易く、なにより当時他にない全高1.6m台のトールボーイコンセプトを軽初採用。  ウワサじゃスズキは初代ワゴンRに当初別の名前を付けて「ニッチな趣味人」向けだか「アルトの傍流」として売ろうとしていたもよう。ところが販売直前、カタログ印刷まである程度済んた段階で、当時社長だった鈴木修さんが、おい、これは次世代系の主流派になりうる!? 的な判断を下し、当時のアルトに代わる軽のメイン車種として位置づけることを決定(あくまでもウワサですけど)。  名前も「ワゴンもあ〜る」というダジャレのごとき発想でワゴンRと土壇場で変えて発売。そしたらいきなりバカ売れで、その後何年も軽販売のランキングトップに君臨! 一時は白ナンバートップのトヨタ・カローラを超えて、新国民車となったほどよ。  実際安くてシンプルで使い易くて良かったんですワゴンR。いま初代を見ると若干の貧弱さは否めないけど、助手席座面を開けると出てくるバケツとか使い易かったもんね。洗車道具などを入れとくのにも便利だったし。 ●なんとのび太とジャイアンぐらい全然違うキャラの振れ幅!  ワゴンRはその後、ダイハツ・ムーヴやホンダ・ライフなどフォロワーを生みつつ快進撃。ところが10年目の2003年にダイハツ・タント、2011年にはホンダN-BOXと、ワゴンR以上の背の高さと広さと両側スライドドアを持つスーパーハイト系が出ちゃったからたまらない。  正直どっちも特別カッコ良くなかったけど、超実用性に徹したところがウケまくって現在軽ベストセラーとして君臨中。ワゴンRを始めとするセミトールワゴンはすっかりセカンドグループに...

  • Official: 横浜ゴム、低燃費で雨に強いミニバン専用タイヤ「BluEarth RV-02」にハイト系コンパクトカー・軽自動車向け新製品とSUV向けサイズを追加
    2017年03月22日 19時30分

    横浜ゴムは3月22日、低燃費性能と濡れた路面におけるグリップ性能を両立させたミニバン専用タイヤ「BluEarth RV-02」に、新たにハイト系コンパクトカーおよび軽自動車向け専用タイヤとなる「BluEarth RV-02CK」を発売。同時にSUVクロスオーバー向け新サイズも追加した。...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】ホンダであってホンダでない!? ホンダアクセスの有志が作った「S660 ネオクラシック」の進化モデルが登場!!
    2017年02月09日 09時00分

    東京オートサロン 2017では昨年に引き続き、ホンダであってホンダでない!? というホンダ「S660」をカスタマイズした「S660 ネオクラシック・プロトタイプ」が出展された。 ​このカスタマイズカーを手掛けたのは、ホンダのアクセサリーの開発などを行っているホンダアクセスの有志の「N lab.」。つまり、オフィシャルではなくプライベートカスタマイズカーだ。 昨年のモデルは、「S660 ネオクラシック・コンセプト」であったが、「S660 ネオクラシック・プロトタイプ」に進化。 S660 ネオクラシック・プロトタイプでは、ボディサイズが軽の規格に収まっていなかったり、法規に合致していない部分があったが、S660ネオクラシック・コンセプトは、その部分が改良され、量産検討を行うためのモデルという位置づけになっているとのことだ。 全体的なイメージは踏襲されているが、ミラーが一般的なものに変わったり、リアの灯火類や形状が大きくデザイン変更されたり、1年分の進化が反映されている。...

  • Featured: スズキ、新プラットフォームとマイルドハイブリッドを採用した新型「ワゴンR」を発表
    2017年02月02日 20時00分

    スズキは2月1日、6代目となる新型「ワゴンR」および「ワゴンR スティングレー」を発表。同日より発売した。新開発プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用した車体に、発進時にモーターのみで走行できるようになった「マイルドハイブリッド」を搭載し、JC08モード燃費では軽ワゴン最良となる33.4km/Lを達成したという。 軽量と高剛性を両立したという新プラットフォームの採用によって、車両重量は先代から20kgほど軽量化された。「アルト」や「スイフト」ほど劇的に軽くなったわけではないが、むしろパッケージングの方に恩恵が大きいらしい。軽自動車なので全長が制約される中、ホイールベースを35mm伸ばすことで室内長は先代の2,165mmから2,450mmに大きく拡がった。しかも最小回転半径は4.4mとまったく変わっていない。 新型ワゴンRの機械的なもう1つの特長はパワートレインにある。リチウムイオン・バッテリーと「ISG」と呼ばれるモーター機構付発電機を組み合わせた電気によるアシスト・システムは、従来の「エネチャージ」や「S-エネチャージ」に替わって、小型車で採用されている「マイルドハイブリッド」に進化した。具体的に数値を挙げると、リチウムイオン・バッテリーの容量は従来の3Ahから10Ahに増大し、モーターも最高出力2.2ps/最大トルク4.1kgmから、3.1ps/5.1kgmに向上。これによって加速時にエンジンをアシスト(100km/h以下、最長30秒間)するだけでなく、発進時にはモーターのみによるクリープ走行も可能(13km/h以下、最長10秒間)になった。 658cc直列3気筒「R06A」型エンジン自体は基本的に従来から引き継ぐが、冷却性能の強化や補機ベルトの張力低減に加え、エンジニアの方によれば「あんまり言えないけれど、細かな改良を色々とやっている」という。最高出力52ps/6,500rpmは変わらず、最大トルクが6.4kgmから6.1kgm/4,000rpmにわずかに減った。モーターのみによるクリープ走行から、エンジンが始動し、さらに加速時にエンジンをモーターがアシストするまで、すべての段階でシームレスに、乗っている人が段差を感じないようにチューニングしなければならなず、これに非常に苦労されたとか。「特に...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】ダイハツはデザイナーが「反響を後押しに製品化したい」クルマを出展
    2017年01月28日 18時30分

    ダイハツは今年の東京オートサロンに、4種類のテーマでカスタマイズした全11台もの現行モデルを一挙出展。自社の小型車を使って多様な楽しみ方を提案する展示だが、これらは全て1つのデザイン・チームが手掛けているという。 かつての「シャレード デトマソ」や「ミラ TR-XX」を思い出させる「SPORZA」は、ダイハツ伝統のホットハッチを現代に甦らせようと、実はデザイナーから社に働き掛ける意味が込められている。赤と黒に塗り分けたボディには、エアロパーツ一体型のバンパーやボンネットのダクトなど、機能的なスポーツ・モデルの記号が随所に見られる。 中でも注目したいのは「ブーン」のSPORZAバージョンだ。ボンネットに開けられたエア・アウトレットは、その下に"ホット"なエンジンの搭載を想起させるが、ご存じのように現行のブーンには最高出力69psの1.0リッター自然吸気直列3気筒エンジンしか用意されていない。しかし、コンポーネントを共有する「トール」では、98psを発生するターボ付きエンジンも採用されており、実はダイハツ社内で、このターボ・エンジンをブーンにも搭載することが検討されているという。その際、単なる上級グレードとして設定するのではなく、折角だからもっとスポーティなモデルとして登場させたい、とダイハツの若いデザイナーたちは考えた。だがそれには、内外装や足回りにもそれなりにコストを掛けてまで、スポーツ仕様を作る意義があるのか、と思案する社内上層部を説得しなければならない。そこでこの機会に、そんなモデルを想定したカスタムカーを先に製作し、もし来場者から好評を得られたら、それをダイハツが得意とする「お客様の声」として社内でアピールすることで、ホットなブーンを誕生させる後押しとしたい、という目論見があるようなのだ。 「本当は、できればそこでマニュアル・トランスミッションも復活させたいと個人的には思っています。今、ウチのクルマはほとんどCVTになってしまったので」と、このSPORZAシリーズをほとんど1人でまとめたというダイハツ デザイン部の土井泰三氏は仰る。ついでに4WDも組み合わせれば、初代ブーンのモータースポーツ用車でカルト的な人気を誇った「X4」の復活もあるかもしれない。...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】スズキは2輪のモータースポーツと4輪の市販車をコラボレーション
    2017年01月23日 18時30分

    スズキは今年の東京オートサロンに3台のカスタマイズカーを出展。いずれも個性的なドレスアップが施されているが、機械的には大きな変更は見られず、基本的にオーナーが自分の愛車をカスタムする際に参考になりそうな仕様を意図したという。 昨年12月に発表されたばかりの「スイフト」と、人気のクロスオーバー「イグニス」は、スズキならではの2輪によるモータースポーツとのコラボレーション。「スイフト レーサー RS」は、マニュアル・トランスミッションの「スイフト RS」をベースに、MotoGPに参戦する「チームスズキ エクスター」と同じトリトン・ブルーでボディを塗装し、各部にイエローのアクセントが入れられている。ローダウンさせた足回りには17インチRays製「GRAM LIGHTS」ホイールを組み合わせ、ブリヂストンのスポーティ・タイヤ「POTENZA Adrenalin RE003」の195/45R17サイズを装着。ダッシュボードの上に追加されているのはオートゲージ製のワーニング・ライト付きタコメーターだ。 チャンピオン・イエローで塗られたイグニスは、全日本モトクロス選手権に参戦する「RM-Z450WS」をイメージ。こちらはオフロードに合わせて足回りをリフトアップし、定番のRays製「VOLK RACING TE37」ホイールにダンロップのダート用タイヤ「DIREZZA 87R」の185/60R15タイヤを履いている。 両車とも室内には特製ロールケージを入れ、レカロ製シートとボディ・カラーに合わせた色のHPI製レーシング・ハーネスが装備されていた。ただし、パワートレインについては、スズキの方にお訊きしたところ「特に話せることはない」そうだ。車体に合わせて製作されたロールケージを除けば、基本的には既製品のアフターパーツを組み合わせたもの。一番苦労されたのはボディのラッピングだとか。スズキの方によれば、当然ながら2輪車のカラーリングは「インスピレーションを受けただけ」に過ぎず、そのままそっくり流用できるわけではないので、クルマのスタイルに合ったカラーリングをデザインしなければならなかったという。 モータースポーツで活躍する2輪の競技用マシンと並べてスズキのスポーツ・イメージをアピールするのが狙い...というわけだが、その心情は「...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】ダイハツが漫画家井上三太氏とコラボしたグッズの販売を開始!!
    2017年01月15日 08時00分

    ダイハツは、東京オートサロン 2017で漫画家の井上三太氏とコラボレーションして作ったグッズの販売を開始した。 井上三太氏は、TOKYO TRIBEシリーズなどを代表作に持つ人気漫画家。これまでもアディダスやNEW ERA等と数々のコラボレーションをしてきた実績もある。 ...

  • Official: マツダ、軽自動車『マツダ フレアワゴン』を一部改良し発売
    2017年01月12日 11時30分

     マツダは、軽自動車『マツダ フレアワゴン』を発売した。今回の一部改良では、フレアワゴンの「カスタムスタイル」全車に防眩式ルームミラーを採用。「カスタムスタイルXS」とターボモデルの「カスタムスタイルXT」は、後退時の後方確認をサポートするバックアイカメラを装備し、安全性の向上を図っている。新車体色として、フェニックスレッドパール(XG / XS)と、シフォンアイボリーメタリック2トーン(XS)を追加した。...

  • Official: ダイハツ、4つの方向性でカスタマイズした現行モデル計11台を東京オートサロンと大阪オートメッセに出展
    2017年01月02日 19時00分

    日本のクルマ好きにとって、新年最初の大きなイベントといえば、やっぱり東京オートサロン。これまでにご紹介したホンダと無限、フォルクスワーゲン、マツダ、スバルなどに続き、ダイハツの出展車両についてもお伝えしておこう。...

  • Etc: 米国版Autoblogの編集者たちが、2016年に購入した自分のクルマをご紹介!
    2016年12月31日 18時00分

    詰まるところ、Autoblogのスタッフというのはクルマが大好きな男女の集まりだ。しかし、多くの人と違って、我々は米国で販売されるほとんどの新車に取材等で長時間の試乗をすることが許される。だから当然かもしれないが「あなたはどんなクルマに乗っているの?」とよく訊かれることがある。 そのことを念頭に置いて、2016年に米国版Autoblog編集者が自分のために購入したクルマの一部をご紹介しようと思う。ご存じのように、自動車に対する好みは人によって様々で、さらに率直に言うと我々のそれはちょっと変わっている。どう変わっているのかは本稿で確かめてみてほしい。...

読み込み中

Loading