ハイブリッド 関連ニュース - Autoblog 日本版

ハイブリッド

  • First Drive: 【試乗記】英断か迷走か!? おいおい、もしやプチキャデラックになっちゃったのかい? スズキ・ワゴンR&ワゴンRスティングレー:小沢コージ
    2017年03月24日 17時00分

    ●ワゴンR伝説を天才、鈴木修・当時社長の大英断から振り返ってみる!  いやはや一瞬、見返しちゃいましたぜ! 新型ワゴンR、それも特に超ワイルド顔のスティングレー。今の激動の軽自動車界を象徴する旧盟主たる存在で、振り替えればそもそも93年に生まれた初代は、実に画期的な実用車でありました。 <初代ワゴンR>  ほどよく楕円や台形フォルムを使いつつ、キャビン、ヘッドライト、そのほか見事にボクシーな四角アイコンを多用したシンプルかつ美しいエクステリアデザイン。まさしく走る無印良品そのもの! でした。  インテリアもそっけないほど直線的でシンプルで、しかし使い易く、なにより当時他にない全高1.6m台のトールボーイコンセプトを軽初採用。  ウワサじゃスズキは初代ワゴンRに当初別の名前を付けて「ニッチな趣味人」向けだか「アルトの傍流」として売ろうとしていたもよう。ところが販売直前、カタログ印刷まである程度済んた段階で、当時社長だった鈴木修さんが、おい、これは次世代系の主流派になりうる!? 的な判断を下し、当時のアルトに代わる軽のメイン車種として位置づけることを決定(あくまでもウワサですけど)。  名前も「ワゴンもあ〜る」というダジャレのごとき発想でワゴンRと土壇場で変えて発売。そしたらいきなりバカ売れで、その後何年も軽販売のランキングトップに君臨! 一時は白ナンバートップのトヨタ・カローラを超えて、新国民車となったほどよ。  実際安くてシンプルで使い易くて良かったんですワゴンR。いま初代を見ると若干の貧弱さは否めないけど、助手席座面を開けると出てくるバケツとか使い易かったもんね。洗車道具などを入れとくのにも便利だったし。 ●なんとのび太とジャイアンぐらい全然違うキャラの振れ幅!  ワゴンRはその後、ダイハツ・ムーヴやホンダ・ライフなどフォロワーを生みつつ快進撃。ところが10年目の2003年にダイハツ・タント、2011年にはホンダN-BOXと、ワゴンR以上の背の高さと広さと両側スライドドアを持つスーパーハイト系が出ちゃったからたまらない。  正直どっちも特別カッコ良くなかったけど、超実用性に徹したところがウケまくって現在軽ベストセラーとして君臨中。ワゴンRを始めとするセミトールワゴンはすっかりセカンドグループに...

  • Report: マツダ、レンジエクステンダーEV向けのロータリー・エンジンに関連する特許を米国で出願
    2017年03月23日 10時00分

    マツダは2年前、「Mazda2(日本名:デミオ) REレンジエクステンダー」と名付けられた航続距離延長型の魅力的な電気自動車(EV)を公開した。EV化した「Mazda2」に、330ccという小さなロータリー・エンジンを発電機として搭載したクルマだ。我々が望んでいたような、ロータリー・エンジンで走るスポーツカーではなかったものの、この独特なエンジンを活かし、使い続けるためには、1つの有効な方法であると思われた。それから間もなく、このクルマに関する話はさっぱり聞かれなくなってしまったが、同社が米国で出願していた2件の特許から、この基本構想がさらに改良を加えられていることが明らかになった。 ...

  • Official: モーター駆動が当たり前の時代へ!? トヨタ「プリウスPHV」が月販販売目標の約5倍を1ヶ月で受注!!
    2017年03月19日 06時00分

    トヨタは、新型「プリウスPHV」の受注台数が、2月15日の発売からおよそ1カ月にあたる3月16日時点で、月間販売目標2500台の約5倍となる約12,500台と、好調な立ち上がりとなっていることを発表した。 当初発売予定となっていた2016年秋から販売延期となっていた影響もあるかもしれないが、先代モデルが国内で累計約2万台程度の販売台数だったことを考えると絶好調といっても良いだろう。 主な好評点としては、アクセルを踏み込んでも電気のみで走る高いEV走行性能、4灯式LEDヘッドランプ・大型フロントアクリルグリルやダブルバブルウィンドウなど、プリウスPHV独自の先進的デザインとのことだ。 先代モデルは価格差があった割には、ベースのプリウスと見た目やPHV以外の装備に大きな違いがなかったが、今回のモデルでは大きく違うエクステリアと縦型の大型ディスプレーが装着されたグレードを設定するなど違いが明確でオーナーの心をクスグル仕様になっている点もあるだろう。 正直、プリウスの販売台数(販売目標台数12,000台)と比較するとまだまだ少ない台数だが、ハイブリッドと言えばプリウスという時代から、ハイブリッドは当たり前という時代になってきた中で、今後は、プリウスPHVこそが、プリウスを選ぶ理由になってくるだろう。...

  • Official: TRD、レクサス「LC」用エアロパーツと21インチ鍛造アルミホイールを発売
    2017年03月17日 19時00分

    TRD(ティー・アール・ディー)ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタテクノクラフト株式会社は、レクサスの新型クーペ「LC」用に開発されたエアロパーツおよび鍛造アルミホイールを「LEXUS LC EXTERIOR PARTS(TRD)」として発売した。...

  • Official: レクサス、新型ラグジュアリー・クーペ「LC」を発売 
    2017年03月16日 20時00分

    レクサスは16日、新型ラグジュアリー・クーペ「LC」を日本国内で発売した。2016年1月の北米国際オートショーでデビューしたレクサス LCは、その4年前に同じ場所で公開されたコンセプトカー「LF-LC」のデザイン・イメージをモチーフに、新開発プラットフォーム「GA-L」(global architecture for luxury vehicles)を採用することで、「慣性諸元の作りこみやボディの高剛性・軽量化に徹底的にこだわり、FR車が持つ本質的な魅力である優れた走りとデザインを実現」したという。 低くてワイドなボディは、全長4,770mm × 全幅1,920mm × 全高1,345mm。ホイールベースは2,870mm。オーバーハングを切り詰め、四隅に配した車輪を張り出したフェンダーが覆う。フロントのボディと一体化されたスピンドルグリルの両側には、新開発された超小型3連LEDヘッドライトとL字型に発光するLEDクリアランスランプ(デイライト機能付)を装備。スピンドル形状のテーマを反復したリアは、テールランプ外側から縦下方向に伸びたターンシグナルランプや、左右の下端に輝くエキゾースト・パイプと合わせ、重心の低さとワイド感を強調したという。ボディ・カラーは、高彩度なイエローの発色を実現した「ネープルスイエロー コントラストレイヤリンク」と呼ばれる新開発色を含め、全11色が設定されている。 フロント・ミドシップに搭載されるパワー・ユニットは2種類。「LC500」の5.0リッターV型8気筒エンジンは最高出力477ps/7,100rpmと最大トルク540Nm/4,800rpmを発揮。「天使の咆哮」と呼ばれたスーパーカー「LFA」のサウンドを継承しているという。吸気脈動によってダンパーを増幅振動させ、心地よいエンジン音を室内に響かせる「サウンドジェネレーター」や、排気流路の切替バルブを採用することで、クルージング時の静粛性と加速時の迫力あるサウンドを両立させている。このエンジンに組み合わされる10速トルクコンバーター式オートマチック・トランスミッション「Direct Shift-10AT」は、構成部品のアルミ化による大幅な軽量化と部品の小型化が施された。また、アクセルやブレーキ、車両のG(重力加速度)から、ドライバ...

  • Geneva: ケーニグセグ、顧客のもとに最初に届けられる2台の「レゲーラ」を公開
    2017年03月08日 09時00分

    初公開から1年以上が経ち、ようやく最初に生産された2台のケーニグセグ「レゲーラ」が間もなく顧客に納車される。同社はそれを記念して、3月7日に開幕した今年のジュネーブ・モーターショーに、最高出力1,500hpを発生するこのスウェーデン製ハイブリッド・スーパーカーの顧客向け初期生産車両を展示している。ケーニグセグがスウェーデンのエンゲルホルム工場で2台を同時に製造したのは、これが初めてだという。...

  • Geneva: レクサス、新型フラッグシップ・セダンのハイブリッド・モデル「LS500h」をジュネーブ・モーターショーで発表
    2017年03月07日 18時00分

    レクサスは3月7日に開幕したジュネーブ・モーターショーで、「LS500h」を世界初披露した。 LS500hは、今年1月の北米国際オートショーで「LS500」として発表された新型「LS」のハイブリッド・モデル。LS500に搭載されたV型6気筒ツインターボ・エンジンに替わって、自然吸気3.5リッターV型6気筒エンジンと2つの電気モーター、リチウムイオン・バッテリー、そして有段のオートマチック・トランスミッションを組み合わせた「マルチステージハイブリッドシステム」を採用する。エンジンが最高出力220kW(299ps)と最大トルク350Nmを発生し、システム全体で最高出力264kW(359ps)を発揮するというスペックから判断しても、昨年発表された「LC500h」と同じものだろう。エンジンとモーターをフルに使えば0-100km/hを5.4秒で加速する一方、電気の力だけで140km/hという高い速度域まで走行可能。LS500hには後輪駆動と全輪駆動が用意される。...

  • Official: 12万円の流木(!?)から2,000万円の岩(!!)まで 日産の「XTREME COLLECTION」で価値ある商品を、地の果てからお取り寄せ!!
    2017年02月26日 05時00分

    日産は、期間限定で開設した「NISSAN XTREME COLLECTION」で、2月21日より、 本企画最後の商品となる「激流産 アルプスの流木木材」の発売を開始した。 本商品は、 プロのカヤックライダーが北アルプス上流を下りながら命がけで探し出し、 一点一点選び抜いて届けてくれるという珍品。 長い歳月をかけて形作られた激流によるデザインは一見の価値ありとのこと。 世界に1つしか存在しない天然の傑作ということで、なんと販売価格は12万円(送料・税込)だ。 「NISSAN XTREME COLLECTION」は、 同社のSUV「エクストレイル」のタフなイメージ活用し、 「タフギア」というエクストレイルのキャッチフレーズから、 「地の果てからお取り寄せ」することをコンセプトとして、2月28日までの期間限定で開設された通販サイトだ。 販売されている商品は全5品。 これまで「自宅でロッククライミングを楽しむための岩」(2,000万円)、 「自宅で滝行を体験するための水」(40万円)、 「クライマー専用 落石バーベル&ダンベルセット」(15万円)、 「POWDER SNOW SET(日本三大雪山 利き雪セット)」(25万円)など、 走破性の高いエクストレイルならではの過酷な場所で採取したユニークな商品を販売してきている(価格はいずれも消費税・送料込み)。 今回「アルプスの流木木材」が販売スタート。 これにより「NISSAN XTREME COLLECTION」のラインナップが全て出揃ったことになる。...

  • Official: アキュラ、新型「NSX」購入者のために工場見学ツアーを開催
    2017年02月25日 09時00分

    アキュラは20日、新型「NSX」の購入者を対象に、オハイオ州メアリズビルにある「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター(PMC)」で同車の製造過程を見学できる「NSX インサイダー・エクスペリエンス」を提供すると発表した。参加料は2,787ドル(約31万円)からとなっており、PMCの見学ツアーに加え、ホンダ・ヘリテージ・センター・ミュージアムも訪ねることができる。こちらでは小型ビジネスジェット機「Hondajet」や、ホンダの有名な人型ロボット「ASIMO」が展示されているほか、ホンダの歴史を紹介している。見学ツアーの参加者は製造ラインの従業員と組み立ての工程について会話する機会があり、自分が購入したNSXにアキュラのエンブレムを装着することもできるという。...

  • First Drive: 【試乗記】スズキ SWIFT、良い意味でヤンチャ魂が失われていないのが嬉しい:木下隆之
    2017年02月24日 16時00分

     フロントノーズが攻撃的な造形になり、ボンネットが伸ばされたような気がする。それは錯覚なのかもしれないけれど、新型スイフトはやや伸びやかな印象を受ける。  だが、全長は10mm短くなっているという。だがそうは感じさせない。  とはいえ、大地を踏ん張るようにタイヤが四隅の配置され、スクエアなシルエットを残す新型スイフトは、伸びやかな印象を強めながらも、やはりどこからどう眺めてもスイフトそのものだった。  その魂も、スイフトそのままである。僕ら走り派から絶大な支持を受けてきた「スイフトスポーツ」はまだラインナップされておらず、今後の誕生を待つ必要がありそうだが、標準モデルでさえ、スイフトらしいテイストに溢れていたことにはホッとさせられた。 <直列4気筒1.2リッター / 直列3気筒1リッターターボ>  搭載されるエンジンは、基本的に二種類だ。直列4気筒1.2リッターと直列3気筒1リッターターボである。1.2リッターエンジンからはマイルドハイブリッドも選べる。  組み合わされるミッションは三種類。CVTを基本に、5速MTと6速ATがラインナップする。組み合わせはちょっと複雑だが、走りを意識したグレードは多段のようである。  そんな中、僕が最も気になって走りこんだのは1リッターターボエンジンを搭載した「RSt」である。「RS=欧州テイスト」と広報資料にもはっきりと明記されているように、高剛性ボディと締め上げられた足が奢られていることは明白で、確かにその通りの味付けになっている。  そもそもスイフトは、欧州テイストの走り味が自慢のモデルだった。地域別販売の55%をインドで稼ぐ特異なモデルではあるが、それはスズキがインドの国民車として認知されているという事情がある。だがインドの次に人気なのが欧州。日本は三番目。スイフトは欧州で徹底して鍛え上げられた「逆輸入モデル」と言った性格でもあるのだ。だから走りは期待していい。  新型の技術的な目玉は、「HEARTECT(ハーテクト)」と呼ばれる新開発のプラットフォームと、軽量ボディにある。最大の特徴は、驚くほどの軽量化にある。構造材やレイアウトを見直したことで、応力の分散や集積が理想的になった。これに過剰な部材を省略することで高い剛性を確保するこ...

読み込み中

Loading