ドイツ 関連ニュース - Autoblog 日本版

ドイツ

  • Official: メルセデス・ベンツ、「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」を全国限定4台発売(注文受付締切1月31日)
    2017年01月16日 21時00分

     メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」を発表し、注文の受付を開始した。納車開始は2017年第4四半期以降を予定。(全国限定4台、注文受付締切:1月31日) <LAショー2015> メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレは、2015年のロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアとして発表した。ラグジュアリー4シーターオープンモデルのメルセデスAMG S 65 カブリオレをベースに、パフォーマンス、安全性、快適性はそのままに専用デザインを施している。 エクステリアは、フロント、サイド、リアの随所にクロームを採用、サイドビューは、ソフトトップを閉じた状態では美しいクーペスタイルとなる。ソフトトップの操作はセンターコンソールのスイッチを使って行い、時速50km/h以下であれば、走行中でも約20秒で開閉が可能、ソフトトップを閉める際にはトランク内で自動的に展開するラゲッジカバーに格納され、荷物がソフトトップにより汚れることを防ぐ機構がある。 ヘッドライトは、片側47個のスワロフスキークリスタルを組み込んだ専用LEDハイパフォーマンスヘッドライトを採用。 フロントフェンダーには丸みのある三角形の中に2つのMをあしらった"Maybach Manufaktur"(マイバッハ・マヌファクトゥーア)のエンブレムが装着され、専用の20インチ鍛造アルミホイールが重厚感のある輝きを放っている。 インテリアは、2013年のフランクフルトモーターショーで発表されたコンセプトカー「コンセプトSクラスクーペ」のアイデアを部分的に取り入れている。センターコンソール、フロントシート前面およびヘッドレスト後部、車両後部インテリアトリム、後席エアコンディショナーにはマイバッハのエンブレムを、ステアリング、カップホルダー上部、イルミネーテッドステップカバーには"MAYBACH"のレタリングが、カップホルダーカバーにクロームで仕上げた「1 of 300」のレタリングが施されている。 メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレのパワートレインには、メルセデスAMG 6.0リッターV型12気筒ツインターボエンジンを採用。最高出力463kW/630PS、最大トルク1,000Nmを発揮する。...

  • First Drive: 【海外試乗記】2018 Mercedes-AMG GT R、サーキットでのパフォーマンスに特化した硬派なモデル。:島下泰久
    2017年01月15日 17時00分

     メルセデス・ベンツのモデルをベースとしない、AMGの自社開発スポーツカー第二弾としてデビューしたAMG GTが、じわじわとラインナップを拡大中だ。この度、登場したのはメルセデスAMG GT R。昨秋、ワールドプレミアされたロードスターから一転、サーキットでのパフォーマンスに特化した硬派なモデルである。  何しろAMG GTのレーシングバージョンであるAMG GT3は今、世界のサーキットで大活躍中だ。とりわけ強烈だったのは昨年のニュルブルクリンク24時間レースでの、1-4位独占である。もっとも日本のスーパーGTでは、車両規定の不利もあって振わない状況ではあったのだけれど。ともあれAMG GT Rには、こうして実戦で培われたノウハウがたっぷりと注ぎ込まれているわけだ。  初対面で驚いたのは、そのアピアランスである。見るからに低く、そして強烈にワイド。スペックを確認すると何と全幅は2007mmにも達しているのだ。フェンダーは大幅に拡大されていて、前275/35ZR19、後325/30ZR20という極太サイズのタイヤが収められている。ちなみにAMG GT Sでは前265、後295サイズである。  GT3マシンと同様のAMGパナメリカーナ・グリルをはじめ、大きな開口部をもつフロントエプロン、大型リアスポイラーなども備わり、ルックスは威圧的とすら評せるが、実はこのボディ、見えないところにこそノウハウが詰まっている。  まず空力の面では、必要な時以外は閉じて空気を車体下面に導く、フロント開口部内側のエアパネルや、床下のエンジン前方辺りに設置され、高速域で下方にせり出してヴェンチュリー効果によってダウンフォースを生み出す、アクティブエアロダイナミクスシステムが特徴と言える。  軽量化も進められており、フロントフェンダーやルーフなど目に見える部分だけでなく、車体各部の補強用部材、ドライブシャフト、トランスアクスルのトルクチューブなどがCFRP化されている。これは当然、高剛性化にも貢献するものだ。  そしてV型8気筒4.0Lツインターボエンジンは、主にターボチャージャー周辺の変更により、最高出力をAMG GT Sに対して75ps増の585psにまで高めている。トランスアクスルレイアウトとされた、7速DCTの変速の切れ味を...

  • Report: BMW新型5シリーズ日本発表 将来的には自動車線変更機能の搭載も!?
    2017年01月13日 13時00分

    BMWジャパンは2017年1月12日、第7世代となる5シリーズの新型を発表した。パワートレインのバリエーションは4気筒2.0Lターボのガソリン(523i)、ディーゼル(523d)、そして高出力仕様のガソリン4気筒ターボ(530i)、6気筒3.0L自然吸気ガソリン(540i及び4WDの540i xDrive)、そして4気筒2.0Lガソリンターボエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド(530e)となる。デリバリーは「530e」と「523i」が年後半~年末になる予定だが、それ以外のモデルは2月からスタートする(ベーシックグレード「523」はガソリンよりもディーゼルが先に発売されることも興味深い)。 価格帯はボトムモデルの「523i」が599万円、ハイエンドの「540i xDrive M Sport」が1017万円だ。 ラインナップで特筆すべきは、当初からハイブリッドモデル「530e」がバリエーションに組み込まれていることだろう。しかも「523i」に準じた4気筒ガソリンターボエンジンにモーターを加えたコストのかかったパワートレインでありながら、わずか33万円(「Luxury」同士の比較)しかアップしていない魅力的な価格設定となっていることも見逃せない。新型BMWでもっとも戦略的なグレードであることは間違いないだろう。 プレミアムブランドの新型車として注目はやはり先進安全装備の充実だが、単刀直入に言ってしまえば「昨年フルモデルチェンジした7シリーズ譲り」ということになる。歩行者検知機能付きの追突回避・被害軽減ブレーキや停止保持機能付きのアダプティブクルーズコントロールを引き続き採用するのはもちろんのこと、高速走行時には車線の中央を沿うように、渋滞時は先行車両を追従するようにステアリング操作をサポートして部分的な自動運転を実現する「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」なども新たに採用した。またオプションではあるが、キーを使って車外から車庫入れがおこなえる「リモート・コントロール・パーキング」も装着可能だ。...

  • Featured: 【試乗記】Audi R8 珠玉の自然吸気エンジンを搭載し、スポーツカーの存在を示している:山田弘樹
    2017年01月08日 17時00分

    AudiのフラッグシップスポーツであるR8を、公道とサーキットというふたつのシチュエーションで乗り比べることができた。 R8に乗って、まっさきに思い出したのは双子のウラカンでも、ポルシェ911ターボでも、日産GT-Rでもなくて、HONDA NSXだ。 この二台、ミドシップ4WDという成り立ちもそっくりなら、「日常で快適に乗れるスーパースポーツ」というコンセプトまで同じ。しかしその乗り味は、しっかりとドイツと日本・・・もといドイツと北米の、好みの違いが現れているから面白い。 今回試乗したのは、R8でも最もハイパワーなモデルとなるR8 V10プラス。5.2リッターの排気量から610ps/8250rpmの最高出力と560Nm/6500rpmを発生するV型10気筒エンジンを車体中央に縦置き配置し、前述の通りクワトロシステムで4輪を駆動する。ちなみにノーマルモデル(?)の5.2TSFIは最高出力が540ps/7800rpm、最大トルクは540Nm6500rpmとなっており、プラスがより高回転で高い出力を得る、コンベンショナルなNAエンジンであるということがわかる。 もはや絶滅種となりつつあるノンターボエンジン。これがV型10気筒という形で現在に残っている価値は大きい。大排気量ゆえに低速からのトルク不足を感じることなどまったくないし、何よりその鼓動が乗り手を興奮させてくれる。はっきり言って日本の公道ではその実力など片鱗すら味わうことはできないのだが、常に低く唸るエンジンがコクピットの背後に居座っている印象は、見事に"タダモノではない感"を演出している。 そんなわけで、公道で乗り手にR8のアウディ・クオリティを感じさせるのは、主にハンドリングだ。それも極めて低い速度域から「私はアウディである」という主張を、はっきりと感じることができるのが嬉しい。 アウディの美点は、直進状態でステアリングがビシッと座っていること。剛性が高いステアリングコラム、そのまま手を離していても真っ直ぐ突き進みそうなEPS(電動パワステ)の抑えはR8にも受け継がれていて、そこからステアリングを切ると、極めて角度が浅い段階からサスペンションがしなやかに伸縮し、ジワッとタイヤへ荷重をかけて行く。 小さなステアリングを握ったときに肩を包み込むよ...

  • Report: 【2017年予想図ーその2】使い勝手を求めたUNDER400とシティコミューター:サトウマキ
    2017年01月06日 20時00分

     気軽に扱える400cc以下のラインナップが多数登場している。それも、スーパースポーツから、ネイキッドタイプ、さらにはアドベンチャーともいえるデュアルパーパスにまで広がりを見せている。気軽だけど装備はしっかり。使い切れる、とことん遊びつくせる機能が詰まっている、多彩な魅力が詰まったラインナップだ。 ...

  • Official: BMW、ミュンヘン近郊に自動運転車の開発センターを建設中
    2016年12月26日 07時00分

    自動運転機能を備えた電気自動車(EV)の波が押し寄せている中、各自動車メーカーにとっては、その技術を開発するためのテスト施設や組織が必要になっている。2021年に予定している「iNEXT」の発表に向けて手はずを整えつつあるBMWは、ドイツ・ミュンヘン近郊のウンターシュライスハイムという街に新たな開発センターを建設中だ。2017年半ばに稼働予定の同センターでは、2,000人の従業員が、BMWグループの新プロジェクトにとって必要不可欠なコネクティビティ及び自動運転技術に全力を注ぐことになる。...

  • First Drive: 【試乗記】ボクサーツインならではの強烈な個性にニンマリ! BMW Motored「R nine Tスクランブラー」:青木タカオ
    2016年12月23日 17時00分

    創業100周年を迎えたBMWが元気だ。次々と魅力的なモデルを出してきている。なかでも特に評判がいいのが『R nineT scrambler(アール・ナインティ・スクランブラー)』。「あれイイよねぇ」「青木くん乗った? どうなの?」って声をあちらこちらで聞く。注目度がとても高い。ボク自身も早く乗ってみたかった。今回はベースモデルとなる『R nine T』と同時に、クローズドコースと一般道にて試乗する機会を得た。 このスクランブラースタイル、時代など問わずにカッコイイと思うが、いま特に旬を迎えている感がある。 専用装備としたアップマフラーやシンプルな小径ヘッドライト、フォークブーツといったディテールもたまらないし、アップライトなライディングポジションも時代に合っているのだろう。 エンジンは空油冷DOHC4バルブの水平対向2気筒。BMWお馴染みのボクサーツインで、最新式は水冷化しているからひとつ前の世代のパワーユニットということになる。ボア×ストロークは101mm×73mmで、排気量は1,169cc。パルス感があって、吹け上がりに元気のあるテイスティなエンジンだ。 ...

  • Report: ポルシェ「パナメーラ」のために新設された『ライプツィヒ工場』潜入レポート:島下泰久
    2016年12月20日 17時00分

     7月にドイツ ベルリンにて発表された2世代目となる新型ポルシェ パナメーラは、それを生産するライプツィヒ工場にとっても、新たな歴史を刻む1台となる。先代では、そのボディはVWハノーバー工場で製造され、ライプツィヒに運び込まれて様々なパーツを組み込んでいた。それが新型からは、いよいよライプツィヒ工場内に、まさにパナメーラのために新設されたボディ工場にて製造、そして塗装がされることとなったのだ。  今回は、その最新鋭のボディ工場、アッセンブリーライン、そしてクオリティチェックの現場を見学することができた。5万6千平方メートルの広さを誇るこのボディ工場、さすが最新の施設だけに、そこには驚きが沢山用意されていたのだった。  まず感心させられたのは徹底したデジタル化である。工場のデジタル化? そう言ってもピンと来ないかもしれないが、たとえば1枚1枚のボディパネルは、サプライヤーから納品される。その際、フェンダーならフェンダーを一度に何枚かプレスしてストックしておくのではなく、必要になって初めて必要な数だけ生産され、必要な時に納入されている。こうすればコストに直結する在庫を抱える必要はなくなり、場所も取らないからだ。もちろん、これはサプライヤーとの密接な関係無しには成り立たない話である。  しかも、すべてのパーツはラベリングされている。それこそフェンダーの1枚1枚にまでだ。各工程でコンピューターの指示によって正しいパーツが取り出され、組み付けられていく。これらのデータは、すべてクラウドに保存され、後から追跡することができる。言うまでもなく、品質管理を徹底するためである。 ...

  • Report: アウディ「A3」、欧州委員会直属の機関による排出ガス試験で規制値を超えるNOxを検出
    2016年12月19日 11時00分

    国際通信社『ロイター』は、今年8月に欧州委員会(EC)の共同研究センター(JRC)が行った試験結果を元に、フォルクスワーゲン(VW)グループ傘下に属するアウディの人気モデル「A3」が、欧州の規制値のおよそ2倍となるNOx(窒素酸化物)を排出したと伝えている。 この試験ではエンジン温度の異なる2種類のテストが行われ、最新のEURO6に適合したA3のディーゼル・エンジンは、冷えた状態ではNOxの排出量は規制値内であったものの、熱せられたエンジンでは規制値のおよそ2倍を排出することが分かった。これについてアウディの広報担当は、独自に行った試験ではA3のNox排出量は規制値内であり、JRCのテスト結果については認識していないとロイターに語った。...

  • Report: トヨタ、世界ラリー選手権からインスパイアされた「ヤリス(ヴィッツ)」のホット・バージョンを開発中
    2016年12月17日 06時00分

    トヨタ「ヤリス(日本名:ヴィッツ)」と聞くだけで退屈してしまうって? いや、そんなイメージももうすぐ変わるかもしれない。トヨタはヤリスをベースにしたホットなモデルの開発に取り組んでいるらしいのだ。トヨタ・モーター・ヨーロッパは、「ホットハッチ市場へ回帰」を目指すという、現行モデルの3ドア・ハッチバックにアグレッシブかつスポーティな印象を加えたスケッチを公開した。2018年に発売されるという新型「スープラ」や愛すべき「86」の後継モデルと共に投入されるこのクルマによって、勇ましくもトヨタは退屈な大衆向け市場を大いに盛り上げようと企てているのだ。...

読み込み中

Loading