ジュネーブモーターショー 関連ニュース - Autoblog 日本版

ジュネーブモーターショー

  • Followup: ランボルギーニ、ニュルブルクリンク最速記録の偽装疑惑に改めて反論
    2017年03月26日 18時00分

    ランボルギーニは、「ウラカン・ペルフォルマンテ」がニュルブルクリンクで達成した量産車最速タイムについて、その信憑性を疑う声に対し、改めて正当性を主張した。...

  • Official: グッドイヤー、自動運転向けコンセプトタイヤ3種を発表
    2017年03月21日 13時00分

     グッドイヤーは、ジュネーブで開催された第87回ジュネーブモーターショーにて、自動運転向けコンセプトタイヤ3種「Eagle 360 Urban」、「IntelliGrip Urban」、「CityCube」を初公開し、コネクテッドタイヤの長期ビジョンを発表した。  昨年、グッドイヤーは、球体の形状を持つ未来志向型コンセプトタイヤ「Eagle360(イーグルサンロクマル)」により、自動運転のニーズを想定した機動性、通信接続性、バイオミミクリーという特徴を持つ独自性の高い未来のタイヤを発表した。「Eagle360」は、同モーターショーにて更に進化を遂げ、「Eagle360 Urban(イーグルサンロクマル アーバン)」として発表された。 ■ Eagle 360 Urban  「Eagle360 Urban」は、Eagle360にAI技術を搭載し、タイヤに「頭脳」としての機能を与え、バイオニックスキンと呼ばれるタイヤ表面には、センサー技術を搭載、路面状況や天候気象を感知し、AI技術が指示を促すことによってタイヤトレッド表面が凹凸により変形し、より安全な走行を可能とした。 ■ IntelliGrip Urban  「IntelliGrip Urban(インテリグリップ アーバン)」は、センサー技術を搭載したトールアンドナロータイヤ。「IntelliGrip Urban」は、高性能なセンサー技術を搭載したコンセプトタイヤ。「IntelliGrip Urban」は、路面状況や気象状況を察知し、重要な情報を集約して、電気自動車のコンピューターシステムに送り、スピード、ブレーキ、ハンドリング、安定性を最適化し、大口ユーザーが車両管理する事も容易になる。トールアンドナロータイヤの形状は、走行距離を向上させ、低い転がり抵抗によりエネルギー効率の向上を達成。高性能なセンサー技術により、タイヤに関連する損傷を未然に防ぐことが可能。 ■ CityCube  グッドイヤーは、同モーターショーでトヨタが初公開したコンセプトモデル「トヨタi-TRIL」向けに開発した最新のコンセプトタイヤ「City Cube(シティキューブ)」を発表した。「CityCube」は、高性能なセンサー技術と独自のトレッド形状により、あらゆる路面状況を感知し、...

  • Geneva: ジュネーブ・モーターショーでデビューした魅力的なイタリアのスーパーカーを一挙ご紹介!
    2017年03月20日 19時00分

    今月7日から19日まで開催されていたジュネーブ・モーターショーでは、フェラーリやランボルギーニをはじめ様々なイタリア製スーパーカーが登場し、セクシーな魅力と莫大なパワー、そして途方もない価格を競い合っていた。実際に手に入れることができる人はごく限られているが、いつでも我々クルマ好き全員の目を楽しませてくれる。今回はそんな地中海気質溢れる素敵なスーパーカーを、まとめてご覧いただこう。 ...

  • Geneva: ルーフから「イエローバード」の30周年を記念して新型「CTR」が登場!
    2017年03月14日 10時00分

    これまでポルシェをベースに大規模な改造を施した数々の高性能モデルを世に送り出してきたドイツのルーフ社。例えば2007年に発表した「CTR3」では、ポルシェのフロント・シャシーに特製のリア・サブフレーム組み合わせてミドエンジンを実現した。だが、今年のジュネーブ・モーターショーでは新たな領域に挑戦している。写真の新型「CTR」には、ポルシェのシャシーが使用されていないのだ。...

  • Geneva: パガーニ、「ウアイラ 」のロードスター・バージョンを公開
    2017年03月11日 18時30分

    パガーニ「ウアイラ」が発表されてからすでに6年が過ぎた今、ジュネーブ・モーターショーで遂にそのロードスター・バージョンが公開された。見た限りでは、どこを取っても実に素晴らしい仕上がりだ。...

  • Geneva: メルセデスAMG、ハイブリッドの4ドア・モデル「メルセデスAMG GTコンセプト」をジュネーブで公開!
    2017年03月11日 09時00分

    このメルセデスの最新コンセプトカーが何かを暗示しているとすれば、それは近い将来、「メルセデスAMG GT」の4ドア・モデルが誕生するということだ。不思議なことに、その名前はクーペと同じ「メルセデスAMG GTコンセプト」と呼ばれているのだが、この車名を聞いただけでは、これが4ドア・セダンだとは分からないだろう。しかもそれがハイブリッドだとは思わないに違いない。そう、このコンセプトカーは、現在のメルセデスのスポーツカー・キングと同じ名前のハイブリッド4ドア・セダンなのである。...

  • Official: 横浜ゴム、かつてポルシェに新車装着された「YOKOHAMA A008P」タイヤの復活を発表
    2017年03月10日 10時00分

    横浜ゴムは、同社の歴史的代表商品のひとつである「YOKOHAMA A008P」の復活を、今月7日から開催されている第87回ジュネーブ・モーターショーのプレスカンファレンスで発表した。...

  • Geneva: スパイカー、「C8 プレリエーター」にケーニグセグ製V8エンジンを搭載すると発表!
    2017年03月10日 09時00分

    スーパーカー・ファンの諸君、頭がブッ飛ぶニュースなので心の準備をしてから聞いてほしい。スパイカーの「C8 プレリエーター」に、ケーニグセグ製V8エンジンが積まれるというのだ。奇妙な組み合わせだと思うかもしれない。しかし、今や自動車業界では、フォード「F-150 ラプター」とシボレー「カマロ ZL1」が同じ10速トランスミッションを共有する時代だ。スパイカーとケーニグセグが手を結んでも不思議ではない。...

  • Geneva: シトロエン、ジュネーブモーターショー2017 で「SPACETOURER 4X4 Ë コンセプト」を初公開
    2017年03月09日 16時00分

     シトロエンは、ジュネーブモーターショー2017 でユニークなブランド「Ë」のカプセル・コレクションに対応する自動車として、「SPACETOURER 4X4 Ë コンセプト」を初公開した。  大胆なグラフィック・モチーフをあしらった、躍動感あふれるデザインの「SPACETOURER 4X4 Ë コンセプト」は、「カモフラージュ」柄のビジュアルデザインを敢えて、ボディウォークのボンネットと後部ドア部分にあしらい、なめらかに仕上げた車体に映えるそのビジュアルは、車の持つキャラクターをさらに鮮烈にアピールしている。  インテリアは、装飾的なパーツのすべてに考え抜かれたデザインの工夫が見られ、カスタマイズできるパーツのメインになるのがダッシュボードとインテリアのシート・ファブリック。ブルー、レッド、ホワイトの 3 色展開は、「Ë」カプセル・コレクションのグラフィック・スタイルに着想を得ている。  「SPACETOURER 4X4 Ë コンセプト」は、「どこにでも行けてしまう」を合言葉に、量産モデルよりも最低地上高を60mm高く設計した。Automobiles Dangel 社と共同開発した切り替え可能な4WDトランスミッションを採用。路面を選ばない走りを可能にするドライブチェーン が「SPACETOURER」のロードホールディングと本来のパフォーマンス性を維持しながら四輪駆動の性能を実現した。  快適さの追求と最新のテクノロジー。「SPACETOURER 4X4 Ë コンセプト」はドライビング・ポジションを高い位置に設置し、居心地の良いくつろぎのインテリアを追求した。Citroën学にのっとった数々の装備は、カーライフを快適にする。 ...

  • Official: ポルシェ、500馬力にパワーアップした「911 GT3」を発表 6速MTも復活!
    2017年03月08日 19時00分

    ポルシェは、3月7日に開幕したジュネーブ・モーターショーにおいて、マイナーチェンジを受けた「911 GT3」を発表した。日本では4月6日に予約受注が開始される。 「991型」と呼ばれる現行世代のポルシェ「911」に、よりサーキット走行に適したGT3が追加されたのは2013年のこと。今回アップデートされたGT3は、だから"991 GT3後期型"あるいは"991.2 GT3"と呼ばれることになるだろう。...

読み込み中

Loading