ヨーロッパ 関連ニュース - Autoblog 日本版

ヨーロッパ

  • Official: 横浜ゴム、かつてポルシェに新車装着された「YOKOHAMA A008P」タイヤの復活を発表
    2017年03月10日 10時00分

    横浜ゴムは、同社の歴史的代表商品のひとつである「YOKOHAMA A008P」の復活を、今月7日から開催されている第87回ジュネーブ・モーターショーのプレスカンファレンスで発表した。...

  • Official: ランドローバーの新型「ディスカバリー」が、 ユーロNCAPの安全評価で最高の5つ星を獲得
    2017年03月10日 05時00分

    ランドローバーは、2016年のパリ・モーターショーでデビューした新型「ディスカバリー」が、世界に認められた自動車安全性試験機関であるユーロNCAP(European New Car Assessment Programme:欧州における新車アセスメント・プログラム)において、最高評価である5つ星を獲得したことを発表した。...

  • Geneva: レクサス、新型フラッグシップ・セダンのハイブリッド・モデル「LS500h」をジュネーブ・モーターショーで発表
    2017年03月07日 18時00分

    レクサスは3月7日に開幕したジュネーブ・モーターショーで、「LS500h」を世界初披露した。 LS500hは、今年1月の北米国際オートショーで「LS500」として発表された新型「LS」のハイブリッド・モデル。LS500に搭載されたV型6気筒ツインターボ・エンジンに替わって、自然吸気3.5リッターV型6気筒エンジンと2つの電気モーター、リチウムイオン・バッテリー、そして有段のオートマチック・トランスミッションを組み合わせた「マルチステージハイブリッドシステム」を採用する。エンジンが最高出力220kW(299ps)と最大トルク350Nmを発生し、システム全体で最高出力264kW(359ps)を発揮するというスペックから判断しても、昨年発表された「LC500h」と同じものだろう。エンジンとモーターをフルに使えば0-100km/hを5.4秒で加速する一方、電気の力だけで140km/hという高い速度域まで走行可能。LS500hには後輪駆動と全輪駆動が用意される。...

  • Motorsports: スーパーバイク世界選手権が開幕! ジョナサン・レイがダブルウイン、今年もKAWASAKIがイケイケか?
    2017年02月27日 21時00分

     スーパーバイク世界選手権(以下SBK)が先週末開幕した。第一戦が行われたのは、オーストラリアのフィリップアイランド。結果を先に言ってしまうと、昨年、一昨年前のチャンピオンである、カワサキのジョナサン・レイが1、2レース共に制覇するダブルウィンという結果となった(写真は2016年シーズンより)。  SBKとは、市販車をベースに、レース用に規定内でモディファイして参戦する、各メーカーのフラッグシップ機が鎬を削り合っている世界最高峰のプロダクションレースだ。ヨーロッパを中心に、今年は13レースが行われ、毎レース土曜日と日曜日に決勝が行われる2ヒート性となっている。  参戦マシンのレギュレーションは、4ストローク2気筒1200cc以下、または3&4気筒1000cc以下のエンジンを搭載した市販車ベースが基本。HondaのCBR1000RR、ヤマハのYZF-R1、カワサキのXZ-10R、BMWのS1000RR、アプリリアのRSV4 RF、 MVアグスタの1000 F42、ドゥカティのPANIGALE Rが参戦をしている。こんなことから、レースに使用されているマシンのオーナーたちは、見逃せない胸熱のバイクレースでヨーロッパでは大人気! なのだが残念ながら現在のところ、日本では開催されていない...。かつてはランキング2位にまでなり、欧州では絶大な人気を誇る芳賀紀行や加賀山就臣など、2012年までは日本人選手も活躍をしていたが、MotoGPと同じく、現在最高峰クラスで活躍している日本人選手が居ない、というのも悲しい事実なのだが...。 2017年度、主なワークス参戦チームとライダーはこちら。 ■KAWASAKI RACING TEAM(ZX-10R) #1 ジョナサン・レイ(Jonathan Rea)、#66 トム・サイクス(TOM SYKES) ■ARUBA.IT RACING – DUCATI(PANIGALE R) #7 チャズ・デイビス(CHAZ DAVIES)、#33 マルコ・メランドリ(Marco Melandri) ■PATA YAMAHA OFFICIAL WORLDSBK TEAM(YZF-R1) #22 アレックス・ローズ(ALEX LOWES)、#60 マイケル・ファン・デル・マー...

  • シトロエンが「車内で過ごす時間」をテーマにした調査結果を発表 日本人は人生のうち2年と5ヵ月をクルマの中で過ごすことが判明
    2017年02月16日 09時00分

    シトロエンが、調査会社のCSAリサーチと共に「車内で過ごす時間」をテーマに行った大規模調査の興味深い結果を発表した。この調査は2016年7月から2017年1月にかけて、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、ポーランド、ポルトガル、イギリス、アルゼンチン、ブラジル、中国、日本の11ヶ国で行われ、各国で15歳以上の約500人を対象者としている(日本では18歳以上を対象に調査を実施)。 さて、日本人はクルマの中でどのように、どれだけの時間を過ごしているのか。シトロエンによると主な調査結果は以下の通り(ちなみにカッコ内はヨーロッパの平均)。...

  • Geneva: 【ビデオ】BMW、新型「5シリーズ ツーリング」の画像と動画を公開
    2017年02月05日 05時00分

    BMWは、3月のジュネーブ・モーターショーで発表する新型「5シリーズ ツーリング」の画像と動画を公開した。外観は予想どおり、大きくなったヘッドライトやフロントフェンダー下部のベントなど、「5シリーズ セダン」と共通する部分が多い。全体的に見れば従来の進化型と言えるが、傾斜がきつくなったリアウィンドウは、より低くワイドな印象を与えている。アルミニウム製のテールゲートはリアウィンドウを個別に開けることができ、荷室容量は先代から10リッター拡大されて570リッターとなった。...

  • Motorsports: ルマンから撤退したアウディ、FIA世界ラリークロス選手権にワークス参戦
    2017年01月20日 10時00分

    フォルクスワーゲン・グループのディーゼル・エンジン排出ガス不正問題によって、昨年10月にまた新たな犠牲者が出た。同グループ傘下のアウディが2016年シーズンをもってFIA世界耐久選手権(WEC)から撤退すると発表したのだ。これで同社は、過去18年間に13回の総合優勝と圧倒的な強さを見せたル・マン24時間レースの舞台からも去ることとなる。しかし我々は、アウディ・スポーツがフォーミュラEとドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)の両シリーズだけに活動の範囲をとどめるとは思えなかった。そして1月18日、アウディは2017年シーズンからFIA世界ラリークロス選手権(World RX)で既存チームのEKSにワークス・サポートを提供すると発表した。...

  • Report: ルノー、小型EV「トゥイージー」のプラットフォームをオープンソース化
    2017年01月18日 05時00分

    2014年にテスラモーターズは、同社が保有する全ての特許を開放すると宣言し、自社の電気自動車(EV)の技術を事実上オープンソース化したことで、イーロン・マスクCEOは世界中の技術者たちのアイドルとなった。それから2年以上が経った今、フランスを本拠地とするルノーが、軽量EVの関連技術に関して同様の行動に出たようだと、環境問題専門サイト『Treehugger』が伝えている。ルノーが開放する技術は「トゥイージー」のベースとなっているもので、テスラ「モデルS」とはクルマのレベルが違うが、特許開放という点では同じである。...

  • Report: フランス検察当局、ディーゼル車に排出ガス不正の疑いでルノーを捜査
    2017年01月17日 06時00分

    米国環境保護庁(EPA)は12日、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が「ジープ・グランドチェロキー」と「ラム 1500」の3.0リッターV6ターボ・ディーゼルに、EPAに非公開のソフトウェアを搭載して排出ガス試験をごまかしていたと発表し、先週はディーゼル車の愛好家にとって喜ばしくない週となった。だが、今度はルノーが渦中にある。フランスの検察当局は、ルノーがフォルクスワーゲン(VW)と同様の方法で排出ガスの不正を働いているとして捜査を開始したという。規制値の10倍上回る窒素酸化物(NOx)の排出が疑われている。...

  • Official: フォルクスワーゲン、マイナーチェンジした「ゴルフ」に「R-Line」パッケージを設定
    2017年01月06日 05時00分

    フォルクスワーゲンは、昨年11月にマイナーチェンジが施された「ゴルフ」および「ゴルフ ヴァリアント」に、スポーティな「R-Line」パッケージを設定した。...

読み込み中

Loading