電気自動車 関連ニュース - Autoblog 日本版

電気自動車

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】電動化を進めるホンダ、2018年に米国で新型ハイブリッド車を生産すると発表
    2017年01月14日 11時00分

    ホンダは今後も徹底的にハイブリッドと電気自動車の開発を進めていくようだ。同社の八郷隆弘社長は、北米国際オートショーのプレスカンファレンスにおいて、電動化計画の目玉として、2018年に新型ハイブリッド車を発売する事を明かした。この新型ハイブリッド車に搭載されるパワートレインなどの詳細については明らかにされていないが、初代および2代目「インサイト」(2014年に生産終了)のように独立したモデルになるようだ。生産は米国で行われる予定だという。...

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】フォルクスワーゲン、電動マイクロバスのコンセプトカー「I.D. Buzz」を発表
    2017年01月13日 10時00分

    "ワーゲンバス"のファンなら惹かれるに違いない。フォルクスワーゲン(VW)はこれまで、かつてのマイクロバスを思わせるコンセプトカーを実にたくさん発表して来たが、いずれも市販化には至っていない。そして現在開催中の北米国際オートショー2017で、また新たなワーゲンバスの復刻版とも言える電気自動車(EV)のコンセプトカー「I.D. Buzz」を公開した。といっても、これはまだ開発初期段階の外観であり、実際にこのまま市販化される保証はない。いったん心を落ち着かせてから読み進めていただきたい。...

  • Video: 【ビデオ】フランスのNavyaが開発した自動運転シャトルバス「Arma」に試乗!
    2017年01月10日 18時00分

    フランス企業のNavyaが開発した自動運転シャトルバス「Arma」は、車輪の付いた小さな待合室のようなものだ。乗り込んで座るだけで、行き先まで自動的に連れて行ってくれる。米国ネバダ州ラスベガスで開催されたCES(国際家電ショー)で我々が試乗した時の様子を動画でご紹介しよう。 ...

  • Official: 間もなく公開!! 日産の「東京オートサロン」注目モデルを紹介!!
    2017年01月08日 06時00分

    日産と同社の関連会社であるオーテックジャパン、およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)は、1月13~15日に開催される「東京オートサロン2017」に新しいカスタマイズの世界を提案するモデルを出展する。そこで、今回注目されるであろうモデルを紹介しよう。 オートパイロットで注目を浴びているミニバンの「セレナ」には、スポーティースタイルのハイウェイスターをベースに、よりプレミアム感とスポーティ感を向上させるアイテムを配した参考出品車として、「ハイウェイスター・プレミアムスポーツコンセプト」が登場する。 落ち着いたブラックのボディカラーにインテリアと共通のブロンズカラーをアクセントとして効かせ、1クラス上のプレミアム感を表現している。 エクステリアでは、ボディ下部を貫くブロンズアクセントが低重心な安定感を、アグレッシブに張り出したフロントプロテクターや大径ホイールがスポーティ感を演出。さらにインテリアにはキルティングやパイピングを施した高級感あるブラウンカラーのレザーを採用することで上質感あふれる移動空間に仕上げられている。 この他、セレナでは、オーテックジャパンが手がけた「ライダー」も展示される予定だ。 1957年の誕生以来、日本を代表するセダンとして存在し続け、2017年で生誕60周年を迎える「スカイライン」。そのスカイラインには、よりプレミアム感と存在感を向上させるアイテムを配した参考出品車の「プレミアムスポーツコンセプト」が登場する。 鍛え抜かれた走りを予感させるカーボンエアロパーツを装備し、外観のクロームパーツをよりスポーティなダークカラーで統一しマットカラーとのコントラストを高め、更にリアビューを引き立てる専用エグゾーストを装着することで、一つ上の存在感を演出している。 一方、インテリアは誕生60周年を記念して発売された「60th Limited」同様、セミアリニン本革シートを全席に、オープンポアウッドをトリムに採用し、上質な室内空間となっている。スカイラインファンは要チェックだ。...

  • Official: テスラ、巨大バッテリー工場「ギガファクトリー」で新型バッテリーセルの量産を開始
    2017年01月06日 19時00分

    テスラは1月4日、昨年7月に正式に開業した米国ネバダ州の巨大バッテリー工場「ギガファクトリー」で、ついにバッテリーセルの量産を開始したと発表した。テスラが「2170」と呼ぶこの新型バッテリーセルは、近々発売される新型車「モデル3」と、家庭用「パワーウォール2」および商用・企業用「パワーパック2」バッテリー蓄電システムに使用される。最初に製造されるバッテリーセルはそれらの蓄電システム用で、モデル3用のバッテリーは今年の第2四半期に生産が開始される予定だという。...

  • Official: ファラデー・フューチャー、初の市販モデルとなる1050馬力の電気自動車「FF91」を遂に公開!
    2017年01月06日 10時00分

    米国の新興電気自動車(EV)メーカーとして設立されたファラデー・フューチャーの開発計画は、当初から大袈裟に作り込まれた大河ドラマのようだった。EV市場を独占するテスラに立ち向かう新興企業。資産を使い果たした億万長者。速くて美しいコンセプトカー。財政難による重役解雇など、まるで映画のようなストーリー設定だ。だが、ここまではこの会社にとって序章に過ぎない。ラスベガスで現在開催中のCES(国際家電ショー)において、ついに同社初の市販車となる「FF91」が公開され、壮大なドラマは第2章の幕を開けた。...

  • Study: 多くの自動車メーカーは、電気自動車の宣伝にあまり力を入れていないことが明らかに
    2017年01月05日 11時00分

    もし、あなたが何かを自ら進んで4,750回やったとしたら、それは200回しかやらなかったことよりも好きだということに違いない。あるいは、1,400回もやったことと、一度もやらなかったことを比べたらいかがだろう? 言わずもがなではあるまいか。 実はここで挙げた数字は、深い真実を表している。それは、多くの自動車メーカーが、電気自動車(EV)を宣伝したり販売したりすることに、あまり積極的ではないということだ。...

  • Video: 【ビデオ】ロンドンの交通渋滞を緩和するために考案された、ベルトコンベア式の地下トンネル「CarTube」
    2017年01月05日 10時00分

    何千台ものクルマ運べる迷路のような巨大ベルトコンベアを建設するのと、世界で最も過密した都市の1つにトンネルを張り巡らせるのでは、どちらがより費用がかかるのか我々には分からない。しかし、交通渋滞を減らして都市の緑地帯を拡大するために、英国ロンドンに拠点を置くPLP Architectureが構想を練っているCarTubeというアイデアが実現すれば、その答えが出るだろう。いずれにしても、たくさんのポンドがとても大きな穴に注ぎ込まれるようだ。米国ボストンの"Big Dig"(渋滞を緩和するために高速道路を地下化したプロジェクト)も、まあ確かにビッグだったが。...

  • Official: クライスラー、ミレニアム世代向けに開発したコンセプトカー「ポータル」をCESで発表
    2017年01月04日 06時00分

    フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は、今年のCES(国際家電ショー)に出展するコンセプトカー「クライスラー ポータル」の画像と概要を一足先に公開した。...

  • Video: 【ビデオ】テスラの「オートパイロット」システムが、前方で起こる衝突事故を事前に予測してドライバーに警告!
    2017年01月03日 19時00分

    テスラモーターズの「ソフトウェア アップデート8.0」で最新バージョンに更新された「オートパイロット」機能は、レーダーセンサーを使って、道路上の世界をイメージすることができるとされている。これは、クルマの四方を認識するだけでなく、他のクルマによって死角になっているところまで、つまり物体を透かすようにその先まで見通せるというのだから驚きだ。オランダで投稿された車載カメラの映像を見ると、テスラのクルマがまさに先を見通して、前方で起きそうな事故を「予測」していることが分かるだろう。このテスラ車は、先行する2台のクルマが衝突事故を起こす前から、スピードを落とすようドライバーに警告したのだ。...

読み込み中

Loading