電気自動車 関連ニュース - Autoblog 日本版

電気自動車

  • Video: テスラのイーロン・マスクCEOが、新型車「モデル3」の最終的なプロトタイプが走る動画を公開
    2017年03月29日 10時00分

    テスラのイーロン・マスクCEOは先日、発売が待たれる同社の新型電気自動車「モデル3」の「RC(Release Candidate)版」を初めて走らせたという短い動画をTwitterで公開した。ソフトウェア開発の専門用語にあまり慣れていない方に説明すると、RC版とはベータ版の後にリリースされる文字通り「製品版の候補の1つ」というもので、最終的に決定された形状や機能を備える。つまり、この動画に映っているモデル3は製品化に向けた最終的なプロトタイプと考えてよいだろう。これから量産が始まるまで、テスラはモデル3のスタイリングや内容を大幅に変更することはないというわけだ。 ...

  • Official: BMW Motorrad 初の電動スクーター「C evolution」発売開始!
    2017年03月27日 11時00分

    ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、BMW Motorrad 初の電動スクーター「BMW C evolution(シー・エヴォリューション)」の販売を、全国の BMW Motorrad C evolution 取扱いディーラーで、2017 年 5 月 12 日より開始すると発表した。...

  • Official: 無限、2017年マン島TTレース TT-Zero参戦マシン「神電 六」発表
    2017年03月24日 20時00分

    無限は、2017年5月27日〜6月9日にマン島で行われる2017年マン島TTレース TTゼロチャレンジクラスへ「TEAM MUGEN」として今年も参戦する。 電動バイクでのTTレースへの参戦は、2012年より若手エンジニアの育成と、新たな分野への開発を目的として始動した無限独自のプロジェクト。参戦3年目の2014年に優勝を果たし、TEAM MUGENの優勝記録は今もなお継続している。 今年TEAM MUGENを率いるのは宮田明広監督、「神電 六」駆るライダーは、ジョン・マクギネス選手とガイ・マーチン選手。TEAM MUGENを率いるのは宮田明広監督。 今年度参戦するマシンは、昨年のマン島TTレース TTゼロチャレンジクラスで優勝を果たしたモデル「神電 伍(SHINDEN GO)」に性能の向上を施した「神電 六(SHINDEN ROKU)」。 <神電 伍(SHINDEN GO)> マン島TTレースはイギリスとアイルランドの間にある淡路島程の大きさのマン島で1907年から開催されている市街地、住宅街、山間部を含む 1 周約60kmの一般公道コースをタイムトライアル形式で走行する、現存する世界最古の高速オートバイレース。TTゼロチャレンジクラスは、クリーンエネルギー時代の将来を見据えて2009年から新たにスタートしたカテゴリーで、CO2を排出しないクリーンエミッション機構を動力に持つことが定められ、一般的なレシプロエンジンでのレースクラスは1レースで3周から6周するところ、 TTゼロチャレンジクラスはバッテリー性能と容量の兼ね合いから、現在1周約60kmのみのレースとなっている。 ...

  • Report: マツダ、レンジエクステンダーEV向けのロータリー・エンジンに関連する特許を米国で出願
    2017年03月23日 10時00分

    マツダは2年前、「Mazda2(日本名:デミオ) REレンジエクステンダー」と名付けられた航続距離延長型の魅力的な電気自動車(EV)を公開した。EV化した「Mazda2」に、330ccという小さなロータリー・エンジンを発電機として搭載したクルマだ。我々が望んでいたような、ロータリー・エンジンで走るスポーツカーではなかったものの、この独特なエンジンを活かし、使い続けるためには、1つの有効な方法であると思われた。それから間もなく、このクルマに関する話はさっぱり聞かれなくなってしまったが、同社が米国で出願していた2件の特許から、この基本構想がさらに改良を加えられていることが明らかになった。 ...

  • Official: モーター駆動が当たり前の時代へ!? トヨタ「プリウスPHV」が月販販売目標の約5倍を1ヶ月で受注!!
    2017年03月19日 06時00分

    トヨタは、新型「プリウスPHV」の受注台数が、2月15日の発売からおよそ1カ月にあたる3月16日時点で、月間販売目標2500台の約5倍となる約12,500台と、好調な立ち上がりとなっていることを発表した。 当初発売予定となっていた2016年秋から販売延期となっていた影響もあるかもしれないが、先代モデルが国内で累計約2万台程度の販売台数だったことを考えると絶好調といっても良いだろう。 主な好評点としては、アクセルを踏み込んでも電気のみで走る高いEV走行性能、4灯式LEDヘッドランプ・大型フロントアクリルグリルやダブルバブルウィンドウなど、プリウスPHV独自の先進的デザインとのことだ。 先代モデルは価格差があった割には、ベースのプリウスと見た目やPHV以外の装備に大きな違いがなかったが、今回のモデルでは大きく違うエクステリアと縦型の大型ディスプレーが装着されたグレードを設定するなど違いが明確でオーナーの心をクスグル仕様になっている点もあるだろう。 正直、プリウスの販売台数(販売目標台数12,000台)と比較するとまだまだ少ない台数だが、ハイブリッドと言えばプリウスという時代から、ハイブリッドは当たり前という時代になってきた中で、今後は、プリウスPHVこそが、プリウスを選ぶ理由になってくるだろう。...

  • Geneva: トヨタ、近未来の都市型モビリティのコンセプトモデル「TOYOTA i-TRIL」をジュネーブ国際モーターショーで初公開
    2017年03月07日 21時00分

     トヨタは、第87回ジュネーブ国際モーターショーにて、近未来の都市型モビリティライフを提案するコンセプトモデル「TOYOTA i-TRIL」を世界初披露した。  「TOYOTA i-TRIL」は、電動モーターを使用する事で「走る楽しさを追求する近未来の都市型モビリティ」をテーマに掲げ、新しい乗り味と使い勝手のよさによる楽しさを提供し、都市生活者のニーズに応える小型EVコンセプト。  「TOYOTA i-TRIL」は、コンパクトなボディサイズにより車体の取り回しが良く、左右前輪が上下して車体の傾きを最適かつ自動的に制御するアクティブリーン機構を採用し、快適性・安定性を両立、意のままに操れる一体感のある爽快な走りが実感できる。  クルマの中心にドライバーを配置する「1+2レイアウト」により、3人乗車が可能なパッケージとし、ドライバーと同乗者の絶妙な距離感を実現、心地よい車内空間を創出している。ドアがフロアの一部を構成しており、開くとフロアのステップ部分が空くため、楽な乗降を可能とした。 ...

  • Geneva: ベントレー、電気自動車を提案するコンセプトカー、「EXP 12 Speed 6e」を発表
    2017年03月07日 19時00分

     ベントレーモーターズは、ジュネーブモーターショー2017において、ラグジュアリーセグメントの電気自動車を提案するコンセプトカー、「EXP 12 Speed 6e」を発表した。  ベントレーの電気自動車は、ラグジュアリーブランドに求められている品質、洗練性、高性能を犠牲にする事は無いベントレーは、非接触式急速充電や最新の車載式コンシェルジュサービスなど、新たな高性能技術を搭載し、日常の扱いやすさも考慮した。  非接触式急速充電でユーザーの利便性を追求しつつ、長距離ドライブのニーズを満たす航続距離の確保も目指すことが、ベントレーの掲げるビジョンだ。例えば、ベントレーの電気自動車であれば1回の充電でロンドンからパリまで、またはミラノからモナコまで走行可能となり、車に組み込まれた最新技術で、運転席でも助手席でも快適なドライブをお楽しむ事が出来る。  「EXP 12 Speed 6e」のキャビンは、最先端技術と美しい素材とが絶妙に溶け合い、最新技術をただ味気なく採り入れるだけでは満足しないというブランドのこだわりが感じられる。センタートンネルは、優美な曲線を持つガラス板を削り出して全体を形作り、高解像度OLEDディスプレイを包み込むようなデザインとした。ナビゲーションやエンターテイメント機能、クライメートコントロールなど、主な操作コントロール類にアクセス可能。  ステアリングホイールは、手作業で製作されたカットガラスを使用し、メディアや通信関係、ナビゲーション、各種車両設定などのコントロール類を配置。切り落としたようなデザインのステアリングホイールの上側にはボタンを2つ設け、ひとつは一瞬でパワーを増幅するためのボタン、もうひとつは都市部などで速度を制限するためのボタンとなっている。  ギアセレクターとBentley Dynamic Drive用ダイヤルは上質な銅素材で縁取り、ドアのウッドパネルにも銅をはめ込むことにより、コンセプトカーの最新パワートレインが持つ電気の潜在能力をキャビン全体で表現した。  エクステリアは、ベントレーの象徴ともいえるメッシュグリルが複雑な3D形状で構成され、スモーク仕上げのアクセントとして使われている銅によって、「Bentley EXP 12 Speed 6e」が電気だけで走行す...

  • Featured: 【試乗記】日産 「ノートe-POWER」スケートリンクのような超低ミュー路面でも、EVモーター駆動の大きなメリットを感じた:木下隆之
    2017年02月22日 16時00分

    「日産ノートが販売台数ナンバー1」  こんなニュースが駆け巡ったのは昨年の11月のことである。日産が販売台数で首位に輝いたのはなん30年ぶりだというから、ノートの活躍が話題になっても不思議ではない。   しかも、低価格の軽自動車を含む快挙だから素晴らしい。さらにいえば、話題性の高いフルモデルチェンジではなく、マイナーチェンジである。改良モデルが首位に立つなど、これまでには一度もなかったかもしれない。  その最大の功労がもちろん、「e—POWER」であることは想像の通り。特集なハイブリッドシステムを採用した「e—POWER」がいきなり、人気モデルとなったのである。ここで簡単に、ノートのエンジン構成を紹介しよう。  コンパクトモデルのノートには、4種類のパワーユニットが採用されている。エンジン型式はすべて直列3気筒1.2リッターユニットなのだが、98psパワーを発生するのがスーパーチャージャー付き、それに続くのが79psNA、さらにモーターと組み合わせたハイブリッドユニットがラインナップされる。そこに、駆動系と完全に切り離されたユニットが加わるという構成である。それを「e—POWER」と呼ぶ。  念のために確認しておくと、「e—POWER」以外の3種類は一般的な駆動用エンジンである。ところが「e—POWER」は考え方が決定的に異なる。エンジンは発電機としての存在であることだ。ドライブシャフトとは連結されていない。駆動はモーターに頼る。エンジンはあくまでリチウムイオンバッテリーに電力を供給するためだけなのだ。その意味で言えばノートは、「発電機用エンジン搭載EV」と呼べるのである。  これが市場にウケた理由は、日産が積極的に推し進めながらなかなか思うように販売が伸びないリーフの不安材料とされた航続距離の短さを補ったからである。電力が空になれば動かなくなるリーフとは違って「e—POWER」は、ガソリンさえ空にならなければ常に自前で電力を供給する。ガス欠の不安が薄らいだのである。  だが、「e—POWER」の魅力はそれだけではなかった。そのあたりを今回スノードライブで確認できたので報告しよう。...

  • Motorsports: パナソニック・ジャガー・レーシング、 フォーミュラE 第3戦 2戦連続で2人のドライバーが完走
    2017年02月21日 18時30分

     パナソニック・ジャガー・レーシングは、今季より参戦しているFIAフォーミュラE 世界選手権2016/2017シーズン南米初開催となった第3戦ブエノスアイレス・グランプリに出走し、ミッチ・エバンスが13位、アダム・キャロルが17位でフィニッシュした。  ミッチ・エバンスはプラクティス・セッションで3番手のタイムを出し、続くクオリファイ・セッションで7番手につけた。上位5番手で戦うスーパーポール・クオリファイ・セッションには出走できなかったものの、健闘するポジションを獲得し、フォーミュラE世界選手権初参戦からわずか3戦目で、クオリファイ・セッションで初のトップ10入りを果たした。  決勝レース開始直後、ミッチ・エバンスは、ニコラス・プロスト(ルノーe.ダムス)、フェリックス・ローゼンクヴィスト(マヒンドラ レーシング)と混戦になり、第一コーナーで押し出されて順位を9位に下げたが、巧みなレースコントロールで順位を戻した。アダム・キャロルは始動がうまくいかずにグリッドから動けず、1周遅れでのスタートとなった。...

  • Featured: 【試乗記】BMW i3 可愛い姿にぎゅっとBMWらしい毒が盛り込まれたパッケージ:今井優杏
    2017年02月06日 16時00分

     自動車に未来はあるのか。  要塞のような巨大な工場で、膨大な数の部品を組み上げる自動車は、永きにわたって化石燃料を着実に消費してきた。  ・・・なんつって、そんなことはエコロジストがヒッピーコミューンに原点回帰して(また静かに流行ってるんですって!)オーガニック野菜を片手に「自動車は敵だ!」なんてデモ行進してるのを見ずとも明らかなことであって、エコカー減税やら免税やらとかいう2次的な消費のメリット以前に当の自動車製造メーカーこそが長期的なスパンで心血を注いでいる問題だ。  現状、世界で最も厳しいCO2排出規制を敷くEUでは、2020年以降にさらに規制値が強化されるため、2019年までにさらに企業を挙げて排出量を低減させていく必要がある。で、またこれが由々しき問題なのだけど、目の肥えた現代人は、もうすでに知ってしまっているのだ。 『自動車の運転は楽しくなくてはいけない』ってことをね。  果たして、その相反するように思われるふたつの課題をクリアするために、自動車メーカーは様々な方法でアプローチを進めている。  なかでも今回ご紹介するi3や、またPHVスポーツカーi8を擁するBMWは、早くから『サスティナビリティー』=『持続可能性』というテーマを掲げてこの「iシリーズ」を打ち出して来た。 振り返れば、CO2排出量を極端に低減させられるこの2つのモデルを世に出すために、クルマそのものだけでなく生産工程までもを見直している点が改めて興味深い。  iシリーズの生産拠点であるドイツ・ライプツィヒの工場の電力は100%風力発電で賄われ、排水となる水の使用量も70%低減する。米・モーゼスレイクのカーボン・ファイバー工場は電力を豊かな水資源に依る水力発電で賄う。  内外装にもリサイクル可能な素材を多用し、クルマが生産されて廃車になるまで、生涯にわたる炭酸ガス排出を低減することがロードマップとして描かれているのだから徹底している。  それらの経緯を経て、2014年から日本にもこのiシリーズが導入されてはや3年。その後新モデルが追加されないことを思えばなかなかの苦戦も垣間見えるのだが、昨年i3に待望のマイナーチェンジが加えられた。 そのキモがバッテリー容量の拡大である。  成熟しきった内燃機関のタフな航続距離に...

読み込み中

Loading