EICMA 関連ニュース - Autoblog 日本版

EICMA

  • First Drive: 【海外試乗記】10年ぶりに復活を遂げた「スーパースポーツ」、DUCATIには苦手と思われたずぼらなライディングも許容する!?:鈴木大五郎
    2017年03月16日 17時00分

       年末に行なわれる「インターモト」や「ミラノショー(EICMA)」でお披露目されたニューモデルは、翌年の春先に発売されることが多い。メーカーはそれまでの冬の間に発表試乗会をおこない、我々が試乗してインプレを書いて誌面を賑わせる。  しかし多くのバイクメーカーにとっては極寒期にあたり、工場からの出来立てホヤホヤのマシンを近場でテストすることは困難(バイクはそこがつらい)。そこで選ばれるのがスペインだ。 僕自身、海外試乗会にはもう数十回参加させてもらっているのだけれど、その8割越えがスペインで行なわれている。それは比較的気候が温暖ということがひとつ。そして、雨が少ないというのが2つ目の理由であろう(バイクにとっては非常に重要)。 しかし・・・スペインは遠い。  昨年、十数年ぶりに我が国からの直行便が復活したのであるが、まだまだ本数は少ないらしくそれにはいまだに乗った試しはない。さらに我々がテストする場所はバルセロナやマドリッドではなくて、やっぱり僻地。いや、実際はスペインといえどもそのあたりはやはり寒く、温暖な場所を探していくと地中海沿いの南部となることがほとんど。通常3本のフライトを乗り継ぎ、フラフラになって現地へ到着・・・と、なんでそんなつらそうなことを行なっているかといえば、それがやっぱり刺激的で楽しいからにほかならない。開発者たちの熱い思いを生の声で聞き、彼らがもっとも相応しいと思われるシチュエーションでニューマシンを思いっきり走らせることが出来るから、2泊5日のような強行スケジュールであっても喜んで出かけていくわけだ。  ドゥカティのニューモデル、「スーパースポーツ」の発表試乗会の会場はやはりスペイン。太陽がまぶしいアンダルシア地方、セビリアで行われた。ドゥカティにとって、10年ぶりの復活となるこのネーミング。スーパースポーツというと、我が国ではレーサーレプリカ的なカリカリなマシンをイメージさせる。  しかし、ドゥカティの「スーパースポーツ」というモデル名は、サーキット走行やレースに限定されない、もっと守備範囲の広いキャラクターとなっており、それらの業務は「851」から「916」・・・、そして「パニガーレ」へと続く"スーパーバイク系"が受け持つことになっている。 スーパースポーツシリーズの「900...

  • Report: 【EICMA2016】会場内のエトセトラ。ライダーやヘルメットやウエアなど・・・。気になった物をpicup!:サトウマキ
    2017年01月11日 20時00分

     海外のモーターサイクルショーは豪華絢爛! というのも、ヨーロッパということで現役のライダーたちがプレスカンファレンスに登場し、さらには会場内のそこかしこを歩いているという・・・。レース好きにとっては夢のような場所だったのだ。こーんな間近でレースモードではない、MotoGPで活躍中のヴァレンティーノ・ロッシが見られてしまったりするのだ。さらには、こんなにあるのか、ヘルメットメーカー! というほどの知らないメーカーが・・・。  そんな、会場内で気になった物、人、コトをピックアップしてお届けする。 ...

  • Official: スズキ、250ccの新型「GSX250R」を4月17日より発売
    2017年01月11日 15時30分

    スズキは、250ccの新型ロードスポーツバイク「GSX250R」を4月17日より発売する。 ...

  • Report: 【2017年バイク予想図ーその3】最先端技術の結晶。スーパースポーツとコンセプトモデル、etc...:サトウマキ
    2017年01月10日 19時00分

     EICMAにて発表された、メーカーの夢を詰め込んだスーパースポーツとコンセプトモデル、さらにはまだまだ人気のネイキッドモデルをピックアップ! ...

  • Report: 【2017年予想図ーその2】使い勝手を求めたUNDER400とシティコミューター:サトウマキ
    2017年01月06日 19時00分

     気軽に扱える400cc以下のラインナップが多数登場している。それも、スーパースポーツから、ネイキッドタイプ、さらにはアドベンチャーともいえるデュアルパーパスにまで広がりを見せている。気軽だけど装備はしっかり。使い切れる、とことん遊びつくせる機能が詰まっている、多彩な魅力が詰まったラインナップだ。 ...

  • Report: 【2017年バイク予想図ーその1】ますますネオクラシックが拡大の傾向!?:サトウマキ
    2017年01月05日 19時00分

    バイクの見本市「Intermot2016」と「EICMA2016」が終わり、2017年モデルのバイクがだいたい出そろい、来年の様子が見えてきた。これらはヨーロッパ市場向けのため、発表された中からどれが日本に入ってくるかはまだまだ未定だが、あれこれ妄想するだけでも楽しいラインナップとなっている。そんな2大見本市をまとめて見ると・・・、今年も昨年からの流れに引き続き、ネオクラシックなスタイルを持つ、既存の派生モデルの登場や、冒険好きにはたまらないアドベンチャーモデルが多数登場している。ということで、見本市にて気になったモデルをアレコレ振り返ってみたいと思う。 ...

  • Official: 【EICMA2016】カワサキ、"Sugomi(凄み)"を追求したZシリーズ2種と、Versys-X 300を発表。  
    2016年11月17日 19時00分

    EICMAでカワサキが発表したのは、「Z900」、「Z650」、「Versys‐X 300」の3モデル。スーパースポーツのカウルを取り外し、真のスーパーネイキッドモデルとして"凄み"の性能を追求した「Z」シリーズと、軽やかにどこまでも走破するファンライドが楽しめる、アドベンチャーモデルの「Versys」には300ccのモデルが登場した。 ...

  • Official: 【EICMA2016】スズキ、軽快なストリートモデル4種を発表。
    2016年11月16日 18時00分

    スズキがEICMAで発表したのは、250cc以下のストリートモデル4種。10月に行われた「インターモト」にて発表された「GSX-R」、「V-Strom」の末弟ともいえるバリエーションが登場した。これでスズキの2017年モデル全9種が出そろったことになる。 ...

  • Official: 【EICMA2016】ハスクバーナ、近未来的なストリートモデル「VITPILEN 401」&「SVARTPILEN 401」を発表
    2016年11月16日 09時00分

    どちらかといったら、オフロードのイメージが強いハスクバーナだが、2016EICMA(ミラノショー)にて、「リアル・ストリートバイク」の市販車として「VITPILEN 401」と「SVARTPILEN 401」を発表した。 ...

  • Official: 【EICMA2016】真っ赤なベスパが登場! エイズチャリティー(RED)を支援する「(Vespa 946) RED」
    2016年11月16日 08時00分

    Vespa 946といえば、125ccにもかかわらず100万円オーバーのスペシャルなスクーターだが、ベスパが持つ最新技術を全て詰め込み、さらには少数の職人が一台ずつハンドメイドで組みあげているという、その価格に見合った価値を持つプレミアムなモデルだ。モデル名の「946 」はベスパが誕生した1946年にちなんでいる。 ...

読み込み中

Loading