コンパクトカー 関連ニュース - Autoblog 日本版

コンパクトカー

  • Official: マツダ、「マツダ CX-3」タイランド・カー・オブ・ザ・イヤー2016に選出
    2017年03月28日 15時30分

     マツダは、コンパクトクロスオーバーSUV「マツダ CX-3」がタイ自動車ジャーナリスト協会(Thai Automotive Journalists Association、略称TAJA)が主催する「タイランド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」を受賞した。  「タイランド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」の選考対象は、2015年10月1日から2016年9月30日までにタイ国内で生産・発売された自動車です。40名以上の自動車ジャーナリストによる採点の結果、10車種の最終候補の中から、「CX-3」が栄えある「タイランド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」に選出された。  「CX-3」は、「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動-Soul of Motion」を全面的に採用した新世代商品の第5弾となるモデル。受賞した「CX-3」は、2015年10月にマツダの現地車両生産拠点である「オートアライアンス(タイランド)Co.,Ltd.」で生産を開始し、2016年にはタイ国内で年間4,787台の販売台数を記録している。...

  • First Drive: 【海外試乗記】Audi Q2、お薦めはベーシックグレード、ライバルはズバリMINI:山田弘樹
    2017年03月27日 17時00分

    アウディはいま、静かに変革の時を迎えている。  大げさに聞こえるかもしれないが、チューリッヒでの2日間の試乗を終え、ボクはそう感じた。 Audi Q2はアウディが次世代に問うコンパクトSUV。アウディらしからぬポップ&キュートなルックスからもわかる通り、Qシリーズ(アウディのSUVグレード)の中でもその立ち位置は、「Q2のヤンチャな弟」というキャラクターなのだという。  スリーサイズは全長×全幅×全高が4190×1790×1510mm。コンパクトなボディはA3がベースというよりも、A3やAudi TTと共用する最新のFWD用モジュール(MQB)をベースに構成されている。VWグループは早くからこのモジュール構造を採用しており、これによってインパネ周りのサイズは決まってしまうらしいが、それぞれのキャラクターに合わせたボディメイクが可能となっている。  ちなみにその生産は、本拠地であるインゴルシュタット。A3やTTと同じ、最新の生産ラインで作られている。  エンジンはガソリンが1.0/1.4/2.0TSFIの3種類、ディーゼルが1.6/2.0TDIの2種類。その中でも今回ボクは、1.0/2.0TSFIと1.6TDIに試乗できた。参考までに日本に一番最初に導入されるのは来年で、グレードは1.4TSFIのSトロニックモデル。2リッターは現在検討中で、ディーゼルはまだちょっと先の話になりそうな気配であった。...

  • Official: ​​​​​​​FCAジャパン、「フィアット500 MareBlu(マーレブル)」を計100台限定で3月25日販売
    2017年03月23日 15時30分

    FCAジャパンは、「フィアット500」の限定車「フィアット500 MareBlu」を計100台、3月25日販売開始する。 「フィアット500マーレブル」は、カタログモデルでは設定していない「1.2ラウンジ」をベースにしている。車名の「マーレブル」はイタリア語で「青い海」を意味し、ボディに設定した限定車専用の新色エピックブルーにぴったりな名称となっている。 ソファのような座り心地のポルトローナ・フラウ社のブラウンレザーシート、15インチのアロイホイールなどの特別装備も、限定車ならではのポイント。 フィアット500マーレブルの販売台数は限定100台、希望小売価格(税込)2,386,800円。 ...

  • Featured: 【試乗記】ルノー ルーテシア、日本車狙いの人は一度騙されたと思って試乗してみて!:島下泰久
    2017年03月10日 16時00分

     ルノースポールのモデルやカングーといった変化球的なモデルが人気となっている日本のルノーにあっては、フランスで一番売れている、まさにフレンチベーシックの極みと言うべきルーテシアの方がむしろ特殊に見えてしまうというのは、何とも面白い。但しルーテシア、そんなポジショニングに置いておくのはもったいない1台である。  今回のフェイスリフトを機に再度、注目が集まることを期待したいところだ。 とは言え、外観はそんなに大きく変わったわけではない。  注文生産のエントリーグレード"アクティフ"を除いたゼン、インテンスの両グレードにフルLEDヘッドランプが装備され、バンパー開口部が拡大されるなど、フロントデザインが変更されたのが、まず一点。こちらの新装備のスモールランプを兼ねる常時点灯のCシェイプLEDランプは、開施錠時に点灯してクルマの位置を知らせる機能、クルマから離れる際に一定時間点灯し続ける機能も追加されている。上級車種では珍しい装備ではないが、それだけに、ちょっとアガるアイテムである。  また、テールランプも同様にLEDに。ホイールのデザインが変更され、ボディカラーも全体に以前より落ち着いたトーンのものが増やされている。  インテリアも、やはりヴィヴィッドだった従来より雰囲気は落ち着いた。とは言え、最上級のインテンスには、真っ赤なダッシュボードが鮮烈なルージュ/ルージュの組み合わせも用意されるなど、依然としてデザイン性重視であることに変わりはない。  そして、それより重要なのがシートだ。形状が変更されて、見た目の通り太もも周辺のサポートが良くなり、また座面もしっとりとしたホールド感が出た印象。乗り心地フェチの多いだろうルノー車だけに、文句なしに嬉しい進化である。  あらかじめアプリをダウンロードしておくと、ナビゲーション、ラジオやBluetooth接続、ハンズフリー通話などが行なえるオーディオも装備される。どうせ今どき、ナビゲーションはケータイでという人、多いはず。ベーシックカーにはぴったりの装備と言えるだろう。...

  • Official: スマート、2つのスペシャル・モデルをジュネーブ・モーターショーで発表
    2017年03月04日 18時30分

    スマートは今月7日に開幕するジュネーブ・モーターショーで、2つのスペシャル・モデルを公開すると発表した。 1つ目は2人乗りの「スマート フォーツー」を、メルセデスのチューナーとして知られるブラバスが手掛けた限定モデルの第2弾となる「スマート フォーツー カブリオ ブラバス エディション #2」。クール・シルバーでペイントされたボディに、真っ赤なソフトトップとインテリアの組み合わせが特徴だ。 シートはハニカムのキルティングが施された革張りで、ダッシュボード、ドアバネル、ステアリング・ホイールも同じルビー・レッドで統一される。16インチの「ブラバス モノブロック VIII」ホイールはマット・グレイで表面が光沢仕上げ。前185/50R16、後205/45R16サイズのタイヤを装着する。スポーツ・サスペンションが装備されているため、車高は通常のスマートより10mm下げられている。Aピラーの下とフロアマットにはブラバスのロゴ入り。ただし、0.9リッター直列3気筒エンジンは、日本にも2016年12月に導入されたスマート ブラバスとは異なり、通常のスマート ターボと同じ最高出力90psバージョンとなるようだ。欧州ではジュネーブで公開される3月7日より注文を受付け、春の初めに納車が始まるという。100台の限定生産で、19%の税込み価格は2万6,750ユーロ(約324万円)。...

  • Official: 「スマート フォーツーカブリオ」にシックな2つの特別仕様車が登場
    2017年02月08日 05時00分

    メルセデス・ベンツ日本は7日、「スマート フォーツー カブリオ」の特別仕様車「smart cabrio macchiato(スマート カブリオ マキアート)」および「smart cabrio espresso(スマート カブリオ エスプレッソ)」を発表。全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ、2017年3月31日までの期間限定で注文を受付けている。...

  • Featured: スズキ、新プラットフォームとマイルドハイブリッドを採用した新型「ワゴンR」を発表
    2017年02月02日 20時00分

    スズキは2月1日、6代目となる新型「ワゴンR」および「ワゴンR スティングレー」を発表。同日より発売した。新開発プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用した車体に、発進時にモーターのみで走行できるようになった「マイルドハイブリッド」を搭載し、JC08モード燃費では軽ワゴン最良となる33.4km/Lを達成したという。 軽量と高剛性を両立したという新プラットフォームの採用によって、車両重量は先代から20kgほど軽量化された。「アルト」や「スイフト」ほど劇的に軽くなったわけではないが、むしろパッケージングの方に恩恵が大きいらしい。軽自動車なので全長が制約される中、ホイールベースを35mm伸ばすことで室内長は先代の2,165mmから2,450mmに大きく拡がった。しかも最小回転半径は4.4mとまったく変わっていない。 新型ワゴンRの機械的なもう1つの特長はパワートレインにある。リチウムイオン・バッテリーと「ISG」と呼ばれるモーター機構付発電機を組み合わせた電気によるアシスト・システムは、従来の「エネチャージ」や「S-エネチャージ」に替わって、小型車で採用されている「マイルドハイブリッド」に進化した。具体的に数値を挙げると、リチウムイオン・バッテリーの容量は従来の3Ahから10Ahに増大し、モーターも最高出力2.2ps/最大トルク4.1kgmから、3.1ps/5.1kgmに向上。これによって加速時にエンジンをアシスト(100km/h以下、最長30秒間)するだけでなく、発進時にはモーターのみによるクリープ走行も可能(13km/h以下、最長10秒間)になった。 658cc直列3気筒「R06A」型エンジン自体は基本的に従来から引き継ぐが、冷却性能の強化や補機ベルトの張力低減に加え、エンジニアの方によれば「あんまり言えないけれど、細かな改良を色々とやっている」という。最高出力52ps/6,500rpmは変わらず、最大トルクが6.4kgmから6.1kgm/4,000rpmにわずかに減った。モーターのみによるクリープ走行から、エンジンが始動し、さらに加速時にエンジンをモーターがアシストするまで、すべての段階でシームレスに、乗っている人が段差を感じないようにチューニングしなければならなず、これに非常に苦労されたとか。「特に...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】ダイハツはデザイナーが「反響を後押しに製品化したい」クルマを出展
    2017年01月28日 18時30分

    ダイハツは今年の東京オートサロンに、4種類のテーマでカスタマイズした全11台もの現行モデルを一挙出展。自社の小型車を使って多様な楽しみ方を提案する展示だが、これらは全て1つのデザイン・チームが手掛けているという。 かつての「シャレード デトマソ」や「ミラ TR-XX」を思い出させる「SPORZA」は、ダイハツ伝統のホットハッチを現代に甦らせようと、実はデザイナーから社に働き掛ける意味が込められている。赤と黒に塗り分けたボディには、エアロパーツ一体型のバンパーやボンネットのダクトなど、機能的なスポーツ・モデルの記号が随所に見られる。 中でも注目したいのは「ブーン」のSPORZAバージョンだ。ボンネットに開けられたエア・アウトレットは、その下に"ホット"なエンジンの搭載を想起させるが、ご存じのように現行のブーンには最高出力69psの1.0リッター自然吸気直列3気筒エンジンしか用意されていない。しかし、コンポーネントを共有する「トール」では、98psを発生するターボ付きエンジンも採用されており、実はダイハツ社内で、このターボ・エンジンをブーンにも搭載することが検討されているという。その際、単なる上級グレードとして設定するのではなく、折角だからもっとスポーティなモデルとして登場させたい、とダイハツの若いデザイナーたちは考えた。だがそれには、内外装や足回りにもそれなりにコストを掛けてまで、スポーツ仕様を作る意義があるのか、と思案する社内上層部を説得しなければならない。そこでこの機会に、そんなモデルを想定したカスタムカーを先に製作し、もし来場者から好評を得られたら、それをダイハツが得意とする「お客様の声」として社内でアピールすることで、ホットなブーンを誕生させる後押しとしたい、という目論見があるようなのだ。 「本当は、できればそこでマニュアル・トランスミッションも復活させたいと個人的には思っています。今、ウチのクルマはほとんどCVTになってしまったので」と、このSPORZAシリーズをほとんど1人でまとめたというダイハツ デザイン部の土井泰三氏は仰る。ついでに4WDも組み合わせれば、初代ブーンのモータースポーツ用車でカルト的な人気を誇った「X4」の復活もあるかもしれない。...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】これからの女性向けトヨタ「ヴィッツ」はこうなる!? 豊田自動織機が提案するヴィッツが登場!!
    2017年01月27日 06時00分

    豊田自動織機は、女性社員が考えた"これからの女性向け「ヴィッツ」を具現化したコンセプト・モデルを東京オートサロン 2017に出展した。 女性向けというと「ミラココア」や「アルトラパン」のようにかわいいモデルが多いが、今回のモデルは一味違う。 現代女性が憧れるカッコいい大人の女性のスタイルを表現したというヴィッツは、ピンクやパステルカラーではなく、ネイビー。 ボディカラーは、オリジナルで塗装されたネイビーベルベット。クラシカルで上品な印象を与えるカラーに仕上がっている。 メッキパーツがポイント使いで配置されているが、通常のシルバーやゴールドではなく、ブロンズのようなカッパーゴールドカラーとなっており、ジュエリーを感じさせる、新鮮な仕上がりとなっている。...

  • Official: 新型ルノー トゥインゴに、シンプルな装備の「ゼン」グレードを追加
    2017年01月25日 21時00分

    ルノー・ジャポン (代表取締役社長:大極 司)は、新型ルノー トゥインゴに、「ゼン」グレードを追加した。 新型ルノー トゥインゴは、個性あふれるデザイン、細い路地や石畳の路面、急な坂道をきびきびと走るためのリアエンジン・リアドライブレイアウト、パリジャン、パリジェンヌに選ばれる性能や装備、そして経済性が、新型ルノー トゥインゴの特徴。...

読み込み中

Loading