ディーゼル 関連ニュース - Autoblog 日本版

ディーゼル

  • Featured: 【試乗記】マツダ CX-5、引き算の美学で生み出されたデザイン、人車一体の感覚を盛り込んだハンドリング:木下隆之
    2017年03月17日 17時00分

     このところ強烈にブランド力を高めているマツダの最新作品が「CX-5」である。全てのモデルを、光沢と深みのあるソウルレッドでイメージ統一するなど、斬新な手法で存在感を得ているマツダの主力車種がこれ。試乗した印象からすると、これから街に溢れるであろう予感が強くするのだ。これは間違いなく売れる、そう思わせてくれた。  デザインがまず整っている。どこにも破綻がないのだ。マツダの最新アイデンティティとなる顔つきだから、正面から眺めればそれがマツダのモデルだと誰もが気づく。だがそれだけではない。全体的なシルエットも最近のマツダに統一した造形なのだ。  新型CX-5はライト類を横長に細め、眼光を鋭くした。だが、強烈な印象を残すのはそこだけだ。ボディ全体には派手な突起やこれ見よがしの隆起や、あるいはアイキャッチとなるようなポイントがない。 「引き算の美学」   マツダのデザイナーは自らのコンセプトをこう呼ぶ。最近は各社、押し出しの強いデザインが好みのようだが、それとは背を向ける。一つの塊からシルエットをつくりだしてから、一筆二筆を足していく手法が目立つ。それは飽きのこないデザインだというのだが、マツダの引き算の美学で生み出されたCX-5こそ、シンプルがゆえに長く付き合えるような気がした。 <先代 / 現行>  それでも、先代に比較してAピラーポストを35mm後退させるなどで、ノーズが長く見えるようになった。SUV特有の、ともすればずんぐりと凡庸に見えるシルエットから脱却している。車格感が高まったような印象を受けるのだ。  ちなみに、マツダがイメージ戦略上統一していたソウルレッドは、CX-5になって微妙に変化させている。光や角度によって表情を変えるそれは、CX-5になってよりクリスタル度が高まっている。  大人になった印象は、コクピットにも表れていた。これまでのような、どこか大衆車的な香りが薄らいでいる。インテリアも引き算の美学でデザインされているようで、派手な凹凸は少ない。ここもシンプルなのだ。  だが、シート素材や細部のデザインには手が加えられているし、ダブルステッチの縫い合わせを採用するなど、高級感が加わったと思える。...

  • Featured: 【試乗記】マツダ CX-3、ガシガシと使い込みたくなる、AWD × MTに一番萌えた:今井優杏
    2017年03月08日 16時00分

     コンパクトクロスオーバーといえば、先に試乗記を書いたBMW X1 xDrive 18d Xlineだけでなく、コチラにも試乗が叶ったのでレポートしておきたい。 マツダ「CX-3」がマイナーチェンジを受けて登場である。  今や乗用車として、ピカチュウを超えるレアキャラとなってしまった国産ディーゼルを搭載する、クリーンディーゼルエンジン専用モデルだ。 まずはインテリアからチェックしたい。まずは特別仕様車となる「Noble Brown」を見てみよう。  「CX-3」はこれまた先に試乗記を公開した「デミオ」とアーキテクチャーを共用している。そんなわけでマイナーチェンジのタイミングも同時であったのだが、双方でうまくシェアしながらも、それぞれのキャラクターを上手に棲み分けて作り込んできた。デザインにはこだわりのあるマツダのこと、エクステリアはもちろんだが、デミオでも特に良さが際立ったインテリアは CX-3 においてもやはり特筆ものである。  デミオではドアを開けた瞬間にパッと心が浮き立つような、明るい内装の華やかな特別仕様車「テイラード・ブラウン」が発表されたが、この CX-3 の「ノーブル・ブラウン」はもっと落ち着いた印象。その名の通り、上品でしっとりとした大人のお部屋、という感じ。今、インテリア業界では「男前部屋」と言われるブルックリン・スタイルが流行しているのだけど、それに通ずるようなシックさを漂わせている。シート素材には高級車でも使用されるナッパレザーが採用されているというこだわりようだ。  もちろん、特別仕様車でなくともインテリアの完成度は高い。通常ラインナップの最高級グレード「XD Lパッケージ」のレザーも、中間グレードの「XDプロアクティブ」の合皮も、エントリーグレード「XD」のクロスも、それぞれに安っぽさのないしっかりとした作り込み。もちろん上級グレードになればなるほど質感は上がるが、エントリーでも気後れのしない美しさに仕上がっている。 試乗では、FFのATモデルと、AWDのMTモデルを選んだ。 そう、この CX-3 にはディーゼル × MTという、マニア垂涎の選択肢が用意されているのだ。  搭載されるのは1.5リッターの直4ディーゼルターボで、エントリーグレードか...

  • Featured: 【試乗記】BMW X1 xDrive 18d、ワクワクするトルクもスポーティーな走りも魅力的、それ以上に燃費性能にも注目したい:今井優杏
    2017年03月05日 17時00分

     世界中に蔓延するSUV大流行の波は、依然勢いの留まることを知らない。今やどんなラグジュアリーカーメーカーであっても、SUV作らぬは一生の恥とばかりにじゃかすかニューモデルを導入しているのはご存知の通りだ。そんなブームに先駆けて、バラエティ豊かなクロスオーバーモデルのラインナップを早い段階から展開・完成してきていたのがBMWである。  BMWは自社のクロスオーバーモデルを独自に「SAV」=スポーツ・アクティビティー・ヴィークルと銘打っていて、ユーティリティーだけに止まらない、走りと個性を両立させたユニークなSUVを発表してきた。 <2010 BMW X1>  特に近年、国産メーカーも参入しているコンパクトクロスオーバーというカテゴリーにおいて、今回ご紹介するX1が登場したのが実に2010年で、先陣を切ったことになる。当時はまだ「SUV=大柄ボディ」が当然だった時勢にあって、そのユニークな立ち位置は注目を集めたものだったが、今やドンズバにメインストリーム。先見の明というのだろうか、同社の商品企画能力のすごさに改めて驚く。  そのX1に昨年9月、待望のクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「 X1 xDrive 18d」が追加された。 Xモデルのエントリーを担うX1は今や第二世代に進化していて、2シリーズと同じFFベースのプラットフォームに刷新されているが、「X1 xDrive 18d」のパワートレーンも2シリーズと同じ2リッターターボディーゼルエンジン×8速ATを搭載する。ただし、X1のガソリンモデルにはFFも存在するが、ディーゼルエンジンは四駆のみ。  ラインナップは3グレードで、「18d」、「18d xLine」、「Mスポーツ」。今回の試乗車は真ん中の「18d xLine」だ。BMWのアイコンであるキドニーグリルがクロムになるほか、アンダー・ガードがマットシルバーに、さらに専用アロイホイールが装着されるなどの上級仕様である。  乗り込んでまず最初に感じたのは、新しくなったインターフェースの美しさだ。 インテリア全体の印象はいかにもBMWらしいシンプルで堅牢、質実剛健な雰囲気なのだが、モニター類が一新されている。  まず、ステアリングの向こうのメータークラスターが大きくなり、一部カラーデ...

  • Featured: 【試乗記】ジャガー・ランドローバーの注目車種を雪上に持ち込み徹底的に分析:山田弘樹
    2017年03月03日 16時00分

     ジャガー・ランドローバー ジャパンが開催する雪上試乗会が、今年は斑尾スキー場近郊で開催された。普段はそのユーティリティとオンロード性能を中心にレポートされる二社だが、特にランドローバーはこうした低μ路での走破性と安定性こそがPRのしどころ。そういう意味で、この雪上試乗会を、恒例事業として開催してくれるインポーターの姿勢には頭が下がる思いだ。またジャガーも、新進気鋭のSUV「FーPACE」を持ち込んで、その雪上性能を存分に見せつけてくれた。  今回ランドローバーのイチ推しは、昨年登場してメディアの話題をさらった「イヴォーク・コンバーチブル HSE Dynamic」。オープンボディのSUVという未開のジャングル...ならぬ未開のジャンルに果敢に挑み、のっけから高い完成度をもって多くのジャーナリストを唸らせたのは記憶に新しいところだが、その雪中性能やいかに!?  とはいいつつ、すでにボクは昨年イヴォークのクローズドモデルで、場所こそ違えどその雪上性能を堪能している。兄貴分のレンジに対してちょっとそっけないボタン式のテレイン・レスポンスは、しかしながら発進時のトルク制御やコーナリング時のトラクション確保に対し緻密に、しかもその作動を感じさせないほどスムーズに働く(選択したのはスノーモード)。だから極端に言えば、ドライバーはハンドルを切りながらアクセルを踏み込むだけで、積極的にクルマを曲げることができてしまう。  オープンボディになってもその作動は問題なく働き、圧雪路面では相変わらずのたくましさでその存在感をアピールしてくれた。  ただ日陰が多く、クルマ通りの少ない路面では、少しばかりその印象は異なる場面があった。いったんクルマを思い切り曲げてしまえば、前述した通りその後の制御は素晴らしい。しかし一般公道という常識から言えば、そのステアさばきは"探りながら"のアンダーステア基調となる。そんな場面でコンバーチブルのハンドリングは、応答遅れが目立った。  特に下り坂では舵が効かず、緩やかなカーブでもクルマがアウト側の雪壁へと迫ってあわや!という状況を体験した。  圧雪路の走破性に気を良くしていたわけではない。十分注意しながら走った結果だとボクは思っているのだがこうなった理由は、端的に言えばその足下にマ...

  • Official: 三菱自動車、新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」の画像と概要を公開
    2017年03月01日 16時00分

    三菱自動車は2月28日、ジュネーブ・モーターショーで発表する新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」の画像と概要を公開した。...

  • Official: マセラティ、ディーゼルエンジンを搭載した「マセラティ レヴァンテ ディーゼル」を3月に発売
    2017年02月23日 16時00分

     マセラティ ジャパン (代表取締役:グイド ジョバネッリ、本社:東京都港区)は、昨年発売を開始したマセラティ初のSUVレヴァンテにディーゼルエンジンを搭載した「マセラティ レヴァンテ ディーゼル」(右ハンドル)を発売する。マセラティは、ディーゼルモデルを2013年にヨーロッパで発表、日本では 2016年3月に「マセラティ ギブリ ディーゼル」を導入し、ディーゼルエンジンならではの環境性能を実現するディーゼルエンジンとして高く評価されている。  最新のディーゼルエンジンを搭載した「マセラティ レヴァンテ ディーゼル」は、マセラティ伝統のエグゾーストサウンドの魅力をさらに高め、CO2 排出量の低減と燃費経済性、スポーツ性能を実現した。 <Photo:マセラティ レヴァンテ ガソリン>  マセラティ レヴァンテは、マセラティ初のSUVとして 2016年10月よりデリバリーを開始し、2017年マセラティの日本市場における販売を大きく牽引する役割を担っている。  レヴァンテ ディーゼルは、レヴァンテ初の右ハンドルモデルの導入により、日本市場での利便性を高める。 搭載される、新型 3.0 リッターV6 ディーゼル エンジンは、最先端のディーゼルテクノロジーの全てが注ぎ込まれたマセラティ社とイタリアの VM モトーリ社が共同開発し、最高出力275 psを発生し、CO2排出量を189g/kmとガソリンエンジンモデルから約25%抑え、燃料消費量は 13.9 km/lを誇る。2000-2600 rpm の回転域で最大トルク 600 Nm を発生し(オーバーブースト時)、0-100 km/h を 6.9 秒、最高速度 230 km/hに到達。スタート/ストップシステムにより、燃費と CO2 排出量をさらに最大6%低減。エンジン重量は、ガソリンエンジン比で約150kg増、前後重量配分はほぼ 50:50とほぼ理想的なバランスを維持している。 「マセラティ レヴァンテ ディーゼル」の車両本体価格(税込)は、9,769,090円、デリバリー開始は、2017年3月を予定。 ...

  • Official: シトロエン、マイナーチェンジした「C4ピカソ」を日本で販売開始 最新の運転支援技術やディーゼル・エンジンも用意
    2017年02月15日 05時00分

    プジョー・シトロエン・ジャポンは、フェイスリフトされたシトロエンの人気MPV「C4 ピカソ」を、3月1日より全国のシトロエン販売店でデリバリー開始すると発表した。最新の運転支援技術が搭載されたほか、従来の1.6リッター・ガソリンターボ・エンジンに加え、ピカソ専用にチューニングされた2.0リッター・クリーンディーゼル「BlueHDi」エンジンも日本市場に導入されることになった。...

  • Official: ボルボ、「V40 D4 R-DESIGN Polestar Edition」を150台限定で発売
    2017年01月27日 21時00分

    ボルボ・カー・ジャパン (代表取締役社長:木村隆之)は、V40 D4にスポーティグレードの「R-DESIGN」を設定し、最大トルクを440Nmまで引き上げる「ポールスター・パフォーマンス・ソフトウェア」 と、エンジンパワーのレスポンスを向上させ、パワフルな走りとスポーティなサウンドを演出する新製品 「ポールスター・パフォーマンス・エキゾーストセット」を組み込んだ特別限定車「V40 D4 R-DESIGN Polestar Edition」を、150台限定で販売開始した。 新開発のステンレス製エキゾーストシステムは、ポールスターロゴ入りの3.5インチデュアルマフラーが個性を際立たせ、減圧設計のエキゾーストはエンジンからの排気流を最適化し、パフォーマンスを向上させる。 搭載される2.0リッター4気筒ターボディーゼル「D4」エンジンは、最高2500気圧で燃料噴射を実現する最新の「i-ART」コモンレール・ダイレクトインジェクションシステムや、2ステージターボチャージャーの採用等により、クラストップレベルの出力特性を実現。「ポールスター・パフォーマン ス・ソフトウェア」の導入により、4気筒ディーゼルとしては最高レベルの190psの最高出力を200psまで引き上げ、最大トルクは4リッターガソリンエンジンにも匹敵する440Nmまでアップグレードした。 「V40 D4 R-DESIGN Polestar Edition」の希望小売価格(消費税込み)は、4,490,000円。...

  • Green: これはエコ! フィンランドの石油会社が、ハムを焼いた後の油から1万リッターのディーゼル燃料を製造
    2017年01月27日 05時00分

    昨年のクリスマスをフィンランドで過ごした人なら、同国の石油会社Nesteによる"ハムの油回収キャンペーン"のことを耳にしたのではないだろうか。現地の言葉で「Kinkkutemppu」というこのキャンペーンは、英語にすると「ハム・トリック」という魔法のような響きを持つ言葉になる。フィンランドのクリスマスは、大きな"クリスマス・ハム"の塊肉のローストがメイン料理として食卓にのぼるが、ハムを焼いた後の油が大量に捨てられていた。そこで同社は、その油を回収するためのボックスを国内のあちこちに設置して、集まった油からディーゼル燃料を作り出したというわけだ。...

  • Report: BMW新型5シリーズ日本発表 将来的には自動車線変更機能の搭載も!?
    2017年01月13日 12時00分

    BMWジャパンは2017年1月12日、第7世代となる5シリーズの新型を発表した。パワートレインのバリエーションは4気筒2.0Lターボのガソリン(523i)、ディーゼル(523d)、そして高出力仕様のガソリン4気筒ターボ(530i)、6気筒3.0L自然吸気ガソリン(540i及び4WDの540i xDrive)、そして4気筒2.0Lガソリンターボエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド(530e)となる。デリバリーは「530e」と「523i」が年後半~年末になる予定だが、それ以外のモデルは2月からスタートする(ベーシックグレード「523」はガソリンよりもディーゼルが先に発売されることも興味深い)。 価格帯はボトムモデルの「523i」が599万円、ハイエンドの「540i xDrive M Sport」が1017万円だ。 ラインナップで特筆すべきは、当初からハイブリッドモデル「530e」がバリエーションに組み込まれていることだろう。しかも「523i」に準じた4気筒ガソリンターボエンジンにモーターを加えたコストのかかったパワートレインでありながら、わずか33万円(「Luxury」同士の比較)しかアップしていない魅力的な価格設定となっていることも見逃せない。新型BMWでもっとも戦略的なグレードであることは間違いないだろう。 プレミアムブランドの新型車として注目はやはり先進安全装備の充実だが、単刀直入に言ってしまえば「昨年フルモデルチェンジした7シリーズ譲り」ということになる。歩行者検知機能付きの追突回避・被害軽減ブレーキや停止保持機能付きのアダプティブクルーズコントロールを引き続き採用するのはもちろんのこと、高速走行時には車線の中央を沿うように、渋滞時は先行車両を追従するようにステアリング操作をサポートして部分的な自動運転を実現する「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」なども新たに採用した。またオプションではあるが、キーを使って車外から車庫入れがおこなえる「リモート・コントロール・パーキング」も装着可能だ。...

読み込み中

Loading