デザイン/スタイル 関連ニュース - Autoblog 日本版

デザイン/スタイル

  • Featured: 【試乗記】ランボルギーニ ウラカン LP580-2 スパイダー、荒々しいだけのスーパースポーツではなく、洗練された猛獣だ:木下隆之
    2017年03月26日 17時00分

     まったくもって、ランボルギーニというイタリアのメーカーは遠慮がない。超高性能フラッグシップのアヴァンタドールに、そのスペックをわずかも抑えることなくスパイダーをリリースしたのだから、弟分たるウラカンにさえ屋根を取っ払ってしまうであろうことは想像していた。とはいえ、こうして現実になり、ステアリングを握ってみると、ランボルギーニの熱い魂に吸い込まれてしまう。  ウラカンには「LP610-4スパイダー」が存在している。610psと途方も無いパワーをしぼりだし、4輪で駆動させるバケモノだ。  今回試乗したのは「LP580-2スパイダー」である。ランボルギーニの公式どおりに、グレード名がパワーと駆動方式をアピールする。そう、580psを誇るエンジンを縦置きに搭載し(LP)、そのパワーを2輪で受け止めるというミッドシップマシンなのである。ある意味刺激的である。  まず最初にスペックを公表しておこう。ボディサイズは全長4459mm×全幅1924mm×全高1180mmである。乾燥重量は1509kg。  V型10気筒5.2リッターユニットをミッドシップに縦置きで搭載、最高出力は580ps/8000rpm、最大トルクは540Nm/6500rpmを炸裂させる。ミッションは7速2ペダルである。スペックを確認しただけで身震いする。  ちなみに、クローズドボディのウラカン「LP580-2」よりは、全高で15mm高く、車重も120kg増える。それは電動ルーフの処理によるものだろう。ともあれ、この強烈なスペックを思えば、ルーフの高さや乾燥重量の増加分などまったく感じさせないほど些細なことである。サーキットでタイムを計測でもしない限り、その差が現れることはないだろう。少なくとも体感的には、強烈に恐ろしいほど速いという以外にないのだ。...

  • Official: 無限、電動モトクロッサーコンセプトモデル 「無限 E.REX」発表
    2017年03月26日 12時30分

    マン島 TT レースに参戦している無限は、電動レーサーバイク『神電』を開発し3連覇の達成し、次のステップとして、 電動モトクロッサー『無限 E.REX(イーレックス)』のプロトタイプを製作した。 モトクロッサーへの新たなアプローチとして力強い恐竜(ティラノザウルス)をイメージしたデザインとしている。 3月24日に、プロトタイプの「無限 E.REX」を現在開催中の「第44回 東京モーターサイクルショー」 のHonda ブース(西ホール)に展示している。 無限と Honda は、電動モトクロッサーの可能性を検証するための共同研究を進める。 ...

  • Official: TRD、レクサス「LC」用エアロパーツと21インチ鍛造アルミホイールを発売
    2017年03月17日 19時00分

    TRD(ティー・アール・ディー)ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタテクノクラフト株式会社は、レクサスの新型クーペ「LC」用に開発されたエアロパーツおよび鍛造アルミホイールを「LEXUS LC EXTERIOR PARTS(TRD)」として発売した。...

  • Geneva: ケーニグセグ、顧客のもとに最初に届けられる2台の「レゲーラ」を公開
    2017年03月08日 09時00分

    初公開から1年以上が経ち、ようやく最初に生産された2台のケーニグセグ「レゲーラ」が間もなく顧客に納車される。同社はそれを記念して、3月7日に開幕した今年のジュネーブ・モーターショーに、最高出力1,500hpを発生するこのスウェーデン製ハイブリッド・スーパーカーの顧客向け初期生産車両を展示している。ケーニグセグがスウェーデンのエンゲルホルム工場で2台を同時に製造したのは、これが初めてだという。...

  • Geneva: ホンダ、新型「CIVIC TYPE R」欧州仕様の量産モデルをジュネーブ国際モーターショーで発表
    2017年03月07日 20時30分

     ホンダは、ジュネーブモーターショーにて、新型「CIVIC TYPE R」欧州仕様の量産モデルを発表した。  新型「シビックTYPE R」は、サーキットでの走行性能に加えて、一般公道でのグランドツアラー性能を大幅に進化させた次世代のTYPE Rを目指し開発された。  パワートレインは、「2.0L VTEC TURBOエンジン」を採用。先代TYPE Rを凌ぐ最高出力320馬力と最大トルク400N・mを達成。6速マニュアルトランスミッションは、変速操作に合わせエンジンの回転数が自動で調整されるレブマッチシステムを新たに採用。これにより変速時のアクセル操作が不要となり、よりステアリングやブレーキに集中した運転が可能になった。  リアサスペンションにマルチリンク式を新たに採用し、高剛性化を図った新プラットフォーム、20インチタイヤの採用、ホイールベースおよびトレッドの拡大、重量配分の最適化などに加え、エアロダイナミクス性能をより高めたエクステリアデザインとし、運動性能を大幅に向上させた。  コンフォートモードを追加したことで3パターンより選択可能となったドライビングモードにより、市街地からサーキットまで、幅広い走行シーンにマッチしたダイナミック性能を提供する。  新型シビック TYPE Rは、ホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッドで生産され、2017年夏より欧州と日本・北米を含む世界各国で販売を開始する予定。 ...

  • Official: スマート、2つのスペシャル・モデルをジュネーブ・モーターショーで発表
    2017年03月04日 18時30分

    スマートは今月7日に開幕するジュネーブ・モーターショーで、2つのスペシャル・モデルを公開すると発表した。 1つ目は2人乗りの「スマート フォーツー」を、メルセデスのチューナーとして知られるブラバスが手掛けた限定モデルの第2弾となる「スマート フォーツー カブリオ ブラバス エディション #2」。クール・シルバーでペイントされたボディに、真っ赤なソフトトップとインテリアの組み合わせが特徴だ。 シートはハニカムのキルティングが施された革張りで、ダッシュボード、ドアバネル、ステアリング・ホイールも同じルビー・レッドで統一される。16インチの「ブラバス モノブロック VIII」ホイールはマット・グレイで表面が光沢仕上げ。前185/50R16、後205/45R16サイズのタイヤを装着する。スポーツ・サスペンションが装備されているため、車高は通常のスマートより10mm下げられている。Aピラーの下とフロアマットにはブラバスのロゴ入り。ただし、0.9リッター直列3気筒エンジンは、日本にも2016年12月に導入されたスマート ブラバスとは異なり、通常のスマート ターボと同じ最高出力90psバージョンとなるようだ。欧州ではジュネーブで公開される3月7日より注文を受付け、春の初めに納車が始まるという。100台の限定生産で、19%の税込み価格は2万6,750ユーロ(約324万円)。...

  • Report: インフィニティ「QX50 CONCEPT」、未来とのバランスを図ったデザインを継承しているのは「和」の要素:斎藤聡
    2017年03月02日 11時00分

     インフィニティQX50コンセプトは、2016年4月の上海モーターショーで発表された「QXスポーツインスピレーション」の流れを汲むモデル。インフィニティブランドでは、ミドルクラスSUVに位置付けられており、日本市場的にいうと、スカイライン・クロスオーバー・コンセプトともいえるモデル。  メカニズムでの注目点は、VCターボと呼ばれる可変圧縮比エンジン+ターボを搭載していること。2016年パリモーターショーで発表されたこのエンジンは、直列4気筒の直噴ガソリンターボで、走行状況に合わせてピストン上死点の位置をシームレスに変更(可変圧縮比)できるメカニズムを持っている。圧縮比は8~14対1の間で可変可能で、最高お出力270馬力、最大トルク39・8kgmを発揮するという。  デザイン面では、QⅩスポーツインスピレーションと比べるとグッとリアリティのあるデザインに仕上がっており、市販モデルを強くイメージさせると同時に、新しいインフィニティのデザインの流れを取り入れたものとなっている。  このデザインは、『日産自動車株式会社 常務執行役員デザインビジネスマネージメント・デザイン戦略グローバルデザインセンター エグゼクティブ・デザイン・ダイレクター インフィニティ担当』のアルフォンソ・アルベイザ氏が手掛けたもの。氏のインタビューでのコメントを引用しながら解説してみよう。...

  • Official: フォルクスワーゲン、「ゴルフGTI」用エッティンガー社製エアロキットの販売を日本でも開始
    2017年02月27日 17時00分

    フォルクスワーゲン グループ ジャパンは27日、「ゴルフ」のスポーツ・モデルとして人気が高い「ゴルフGTI」用に開発された純正エアロキットの販売を、同日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで開始すると発表した。 ...

  • Featured: ボルボ、高い安全性とスカンジナビア・デザインが魅力的な新型「S90」「V90」「V90 クロスカントリー」を日本に導入
    2017年02月26日 20時00分

    ボルボ・カー・ジャパンは22日、新型フラッグシップ・セダン「S90」とステーションワゴン「V90」、そのクロスオーバー「V90 クロスカントリー」の日本導入を発表。同日より販売開始した。 昨年発売された「XC90」に続き、ボルボの新世代プラットフォーム「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)」と新世代パワートレイン「DRIVE-E」を採用するこれら3車種の90シリーズは、それぞれ従来の「S80」「V70」「V70 クロスカントリー」の後継となる。ボルボでは、2020年までに同社のクルマによる交通事故の死亡者や重傷者をゼロにする「Vision 2020」という目標を掲げているが、ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長によれば、今回発売された90シリーズは、まさにその2020年になっても継続生産されるモデルであるという。つまり、"交通事故の死亡者と重傷者ゼロ"に向けた先進的な安全性を備えているというわけだ。 そのために、S90とV90では、XC90よりさらに進んだ安全機能が搭載された。その1つは、世界初となる大型動物検知機能だ。これは従来の歩行者・サイクリスト検知機能に加え、走行中に前方に大型動物を検知すると、警告を発したり自動的にブレーキを作動させる。日本でも北海道ではエゾジカによる交通事故が毎年2,000件前後発生しており、10年前に比べると増える傾向にあるという。ボルボ・カー・ジャパンは独自にエゾジカの剥製を使ってこの機能を検証。衝突事故を避ける効果が認められたそうだ(現在はボルボ・カー本社による承認待ち)。北海道で新型ボルボが普及すれば、これらの事故がそれだけ減ることになる。 そしてもう1つ、世界で初めて採用された安全機能が、走行中に道路から逸脱しそうになるとステアリングおよびブレーキを自動的に制御して、道路逸脱事故の回避を支援する「ランオフロード・ミティゲーション」だ(こちらはXC90にも追加採用された)。この機能は車載カメラが車線境界線や側線を認識し、65km/hから140km/hの速度で作動する。もちろん、ドライバーが方向指示器を使用するなど自発的に車線を変更しようとしている場合は介入しない。 また、新型90シリーズには自動運転の「レベル2」に分類される「パイロット・アシスト」が全車に標準で装備される。...

  • Official: イタルデザイン、限定5台のみが販売されるスーパーカーの画像を公開
    2017年02月26日 09時00分

    イタリアのデザインハウスとして知られるイタルデザインは先日、コレクター向けに少量生産を行う新ブランド「イタルデザイン・アウトモビリ・スペチアリ」の設立を発表したが、画像のクレイジーなミッドエンジンのスーパーカーがその第1号となる。実際に買えるクルマというよりは、イタルデザインがこれまでに生み出した優れたエアロダイナミック・デザインを見せつけるためのディスプレイといった趣だが、2017年末までに5台が販売される予定だという。...

読み込み中

Loading