コンバーチブル 関連ニュース - Autoblog 日本版

コンバーチブル

  • Official: 新型Audi TT RS Coupé / TT RS Roadsterの受注開始し、5月中旬発売
    2017年03月28日 18時00分

     アウディ ジャパンは、プレミアムコンパクトスポーツカーAudi TTシリーズのトップモデルAudi TT RS Coupé / TT RS Roadsterを2011年以来6年ぶりにフルモデルチェンジを行い、5月中旬より発売する。  Audi TT RS Coupé / TT RS Roadsterは、アウディのハイエンドスポーツモデルを手がけるAudi Sport GmbHが開発したAudi TTシリーズのトップモデル。  新開発のオールアルミ製の直列5気筒TFSIガソリン直噴ターボエンジンは、従来型に比べて26kgの軽量化を実現。新たなターボチャージャーを備え、先代モデルに比べて最高出力は60馬力向上し400馬力を発揮、最大トルクは30Nm高められ480Nmを発生する。0-100km/h加速タイムは3.7秒(Roadsterは3.9秒)となり歴代TTで最速。  エクステリアは、ハニカムメッシュのシングルフレームや専用のフロントバンパー、固定式リヤスポイラーなどを装備。アウディの量産モデルとしては初めて、テールライトにOLED(有機発光ダイオード)をオプション設定した。  インテリアは、インスツルメントパネルに設置された12.3インチのTFTディスプレイに、スピードメーターやタコメーターだけでなく、ナビゲーションシステムをはじめとする様々な情報を表示できるアウディ バーチャル コックピットを標準装備している。  新型Audi TT RSのquattroフルタイム4WDシステムは、コンパクトかつ軽量な電子油圧制御式の多板クラッチをプロペラシャフトの後部に配置し、前後重量配分を最適化した。TT RSとしては初めてアウディドライブセレクト(comfort、auto、dynamic、individualの4つの走行モードが選択可能)と協調制御することで、先代モデルよりも緻密な制御を行う。コーナリング時には狙い通りのラインをトレースするようトルク配分を調整し、ドリフト状態になった場合でもESC(エレクトロニックスタビライゼーションコントロール)が内輪のブレーキを調整。ボタン操作により、ESC働きを完全にキャンセルすることも可能。  シャシーは、4リンク式リヤサスペンションを採用し、ダ...

  • Official: 新型Audi R8 Spyderを受注開始し7月上旬発売
    2017年03月28日 16時00分

    アウディ ジャパンは、Audi R8 Spyderをフルモデルチェンジし受注開始し、7月上旬発売する。  2010年に1世代目が発売されたAudi R8 Spyderが、2世代目へと大きく進化した。新型は、Coupéと同様、ボディサイドのエアインテーク部にサイドブレードを装着し、ミッドシップ スポーツであることをアピールしている。  フロントには左右に37個のLEDを備えたLEDマトリックスヘッドライトを標準装備。LEDリヤコンビネーションライトの間にハニカムグリルを装着し、Coupéとは異なる表情を演出している。フレームにはアルミとカーボンファーバー強化プラスチック(CFRP)を組み合わせた総重量わずか208kgの新世代アウディ スペース フレーム(ASF)を採用し、ねじれ剛性は先代モデルとの比較で50%の改善を果たした。  油圧電動式ソフトトップはクロス製で、フレームにはアルミニウムと鋳造マグネシウムを採用、トップコンパートメントカバーはCFRP製となっている。重量は約44kgで軽量化と低重心化に貢献。開閉に要する時間は約20秒。50km/h以下であれば走行中の操作も可能。  最高出力540PSを発揮する自然吸気V10 5.2ℓの高回転型エンジンは、7速Sトロニックトランスミッションを介し、新開発のquattroフルタイム4WDシステムへと動力を伝達。電動油圧多板クラッチは、運転状況に応じて駆動トルクを自動で分配し、極限の状況では前輪または後輪のいずれかへ100%のトルクを伝達することも可能。低負荷時にはエンジンの片バンクを休止させるシリンダー オンデマンド(COD)を採用。アクセルペダルをオフにしたときにはエンジンを駆動系から切り離すコースティングモードとあわせて、高い燃費性能を実現している。 Audi R8 Spyder V10 5.2 FSI quattroの車両本体価格(消費税込み)は、26,180,000円。 ...

  • Featured: 【試乗記】ランボルギーニ ウラカン LP580-2 スパイダー、荒々しいだけのスーパースポーツではなく、洗練された猛獣だ:木下隆之
    2017年03月26日 17時00分

     まったくもって、ランボルギーニというイタリアのメーカーは遠慮がない。超高性能フラッグシップのアヴァンタドールに、そのスペックをわずかも抑えることなくスパイダーをリリースしたのだから、弟分たるウラカンにさえ屋根を取っ払ってしまうであろうことは想像していた。とはいえ、こうして現実になり、ステアリングを握ってみると、ランボルギーニの熱い魂に吸い込まれてしまう。  ウラカンには「LP610-4スパイダー」が存在している。610psと途方も無いパワーをしぼりだし、4輪で駆動させるバケモノだ。  今回試乗したのは「LP580-2スパイダー」である。ランボルギーニの公式どおりに、グレード名がパワーと駆動方式をアピールする。そう、580psを誇るエンジンを縦置きに搭載し(LP)、そのパワーを2輪で受け止めるというミッドシップマシンなのである。ある意味刺激的である。  まず最初にスペックを公表しておこう。ボディサイズは全長4459mm×全幅1924mm×全高1180mmである。乾燥重量は1509kg。  V型10気筒5.2リッターユニットをミッドシップに縦置きで搭載、最高出力は580ps/8000rpm、最大トルクは540Nm/6500rpmを炸裂させる。ミッションは7速2ペダルである。スペックを確認しただけで身震いする。  ちなみに、クローズドボディのウラカン「LP580-2」よりは、全高で15mm高く、車重も120kg増える。それは電動ルーフの処理によるものだろう。ともあれ、この強烈なスペックを思えば、ルーフの高さや乾燥重量の増加分などまったく感じさせないほど些細なことである。サーキットでタイムを計測でもしない限り、その差が現れることはないだろう。少なくとも体感的には、強烈に恐ろしいほど速いという以外にないのだ。...

  • Official: 北米マツダ、「グローバル MX-5 カップ」仕様車のために専用ハードトップを発売
    2017年03月23日 19時00分

    マツダの「MX-5(日本名:ロードスター)」をベースにした世界同一仕様の車両で、世界統一規定のもとに行われる国際的なワンメイクレース「グローバル MX-5 カップ」。日本より一足先にシリーズ戦が開催されている米国では、北米マツダのマツダ・モータースポーツから、その競技車両のために純正ハードトップが発売された。...

  • Geneva: ジュネーブ・モーターショーでデビューした魅力的なイタリアのスーパーカーを一挙ご紹介!
    2017年03月20日 19時00分

    今月7日から19日まで開催されていたジュネーブ・モーターショーでは、フェラーリやランボルギーニをはじめ様々なイタリア製スーパーカーが登場し、セクシーな魅力と莫大なパワー、そして途方もない価格を競い合っていた。実際に手に入れることができる人はごく限られているが、いつでも我々クルマ好き全員の目を楽しませてくれる。今回はそんな地中海気質溢れる素敵なスーパーカーを、まとめてご覧いただこう。 ...

  • Video: 【ビデオ】初めてフェラーリの名前を冠したクルマが、70年前に走り始めた日を再現
    2017年03月14日 19時30分

    一昨日の2017年3月12日は、フェラーリにとって記念すべき日だった。ちょうど70年前の同じ日に、創設者エンツォ・フェラーリの名前を冠した最初のクルマが初めて走ったのだ。それは現在の世界で最も有名なスーパー・スポーツカー&レーシングカー・コンストラクターの歴史が走り始めた瞬間でもある。...

  • Geneva: パガーニ、「ウアイラ 」のロードスター・バージョンを公開
    2017年03月11日 18時30分

    パガーニ「ウアイラ」が発表されてからすでに6年が過ぎた今、ジュネーブ・モーターショーで遂にそのロードスター・バージョンが公開された。見た限りでは、どこを取っても実に素晴らしい仕上がりだ。...

  • Geneva: スパイカー、「C8 プレリエーター」にケーニグセグ製V8エンジンを搭載すると発表!
    2017年03月10日 09時00分

    スーパーカー・ファンの諸君、頭がブッ飛ぶニュースなので心の準備をしてから聞いてほしい。スパイカーの「C8 プレリエーター」に、ケーニグセグ製V8エンジンが積まれるというのだ。奇妙な組み合わせだと思うかもしれない。しかし、今や自動車業界では、フォード「F-150 ラプター」とシボレー「カマロ ZL1」が同じ10速トランスミッションを共有する時代だ。スパイカーとケーニグセグが手を結んでも不思議ではない。...

  • Geneva: ケーニグセグ、顧客のもとに最初に届けられる2台の「レゲーラ」を公開
    2017年03月08日 09時00分

    初公開から1年以上が経ち、ようやく最初に生産された2台のケーニグセグ「レゲーラ」が間もなく顧客に納車される。同社はそれを記念して、3月7日に開幕した今年のジュネーブ・モーターショーに、最高出力1,500hpを発生するこのスウェーデン製ハイブリッド・スーパーカーの顧客向け初期生産車両を展示している。ケーニグセグがスウェーデンのエンゲルホルム工場で2台を同時に製造したのは、これが初めてだという。...

  • Geneva: ベントレー、電気自動車を提案するコンセプトカー、「EXP 12 Speed 6e」を発表
    2017年03月07日 19時00分

     ベントレーモーターズは、ジュネーブモーターショー2017において、ラグジュアリーセグメントの電気自動車を提案するコンセプトカー、「EXP 12 Speed 6e」を発表した。  ベントレーの電気自動車は、ラグジュアリーブランドに求められている品質、洗練性、高性能を犠牲にする事は無いベントレーは、非接触式急速充電や最新の車載式コンシェルジュサービスなど、新たな高性能技術を搭載し、日常の扱いやすさも考慮した。  非接触式急速充電でユーザーの利便性を追求しつつ、長距離ドライブのニーズを満たす航続距離の確保も目指すことが、ベントレーの掲げるビジョンだ。例えば、ベントレーの電気自動車であれば1回の充電でロンドンからパリまで、またはミラノからモナコまで走行可能となり、車に組み込まれた最新技術で、運転席でも助手席でも快適なドライブをお楽しむ事が出来る。  「EXP 12 Speed 6e」のキャビンは、最先端技術と美しい素材とが絶妙に溶け合い、最新技術をただ味気なく採り入れるだけでは満足しないというブランドのこだわりが感じられる。センタートンネルは、優美な曲線を持つガラス板を削り出して全体を形作り、高解像度OLEDディスプレイを包み込むようなデザインとした。ナビゲーションやエンターテイメント機能、クライメートコントロールなど、主な操作コントロール類にアクセス可能。  ステアリングホイールは、手作業で製作されたカットガラスを使用し、メディアや通信関係、ナビゲーション、各種車両設定などのコントロール類を配置。切り落としたようなデザインのステアリングホイールの上側にはボタンを2つ設け、ひとつは一瞬でパワーを増幅するためのボタン、もうひとつは都市部などで速度を制限するためのボタンとなっている。  ギアセレクターとBentley Dynamic Drive用ダイヤルは上質な銅素材で縁取り、ドアのウッドパネルにも銅をはめ込むことにより、コンセプトカーの最新パワートレインが持つ電気の潜在能力をキャビン全体で表現した。  エクステリアは、ベントレーの象徴ともいえるメッシュグリルが複雑な3D形状で構成され、スモーク仕上げのアクセントとして使われている銅によって、「Bentley EXP 12 Speed 6e」が電気だけで走行す...

読み込み中

Loading