クラシック 関連ニュース - Autoblog 日本版

クラシック

  • Video: 【ビデオ】フェリー・ポルシェの誕生日に贈られた特別な「928」
    2017年03月19日 10時00分

    ポルシェが今年のジュネーブ・モーターショーで発表した「パナメーラ スポーツツーリスモ」のような、クーペとワゴンを融合した自動車の形は「シューティング・ブレーク」と呼ばれる。その語源は19世紀に作られた狩猟用の馬車にまで遡るが、1960年代にはスポーツカーの後部を拡張して猟犬や猟銃を載せる荷室とハッチゲートを備えたスタイルをこう呼ぶようになった。最近ではその用途も狩猟に限らず拡大解釈され、後部座席や荷室の実用性を高めたハッチバック付きのクーペを、メーカーがシューティング・ブレークと称することも多い。例えば、メルセデス・ベンツの「CLA シューティングブレーク」などがこれに当てはまる。ポルシェによれば、パナメーラ スポーツツーリスモは同社初の"量産"シューティング・ブレークであるという。 ...

  • Video: 【ビデオ】初めてフェラーリの名前を冠したクルマが、70年前に走り始めた日を再現
    2017年03月14日 19時30分

    一昨日の2017年3月12日は、フェラーリにとって記念すべき日だった。ちょうど70年前の同じ日に、創設者エンツォ・フェラーリの名前を冠した最初のクルマが初めて走ったのだ。それは現在の世界で最も有名なスーパー・スポーツカー&レーシングカー・コンストラクターの歴史が走り始めた瞬間でもある。...

  • Official: 横浜ゴム、かつてポルシェに新車装着された「YOKOHAMA A008P」タイヤの復活を発表
    2017年03月10日 10時00分

    横浜ゴムは、同社の歴史的代表商品のひとつである「YOKOHAMA A008P」の復活を、今月7日から開催されている第87回ジュネーブ・モーターショーのプレスカンファレンスで発表した。...

  • Official: ランボルギーニ・ポロストリコ、サンタアガタ・ボロネーゼのランボルギーニ本社に新スタジオ開設
    2017年03月06日 20時30分

     アウトモビリ・ランボルギーニは、歴史的なクラシックカーなどの企業遺産を展示、収蔵するポロストリコ・センターを新たに開設した。  サンタアガタ・ボロネーゼのランボルギーニ本社にある新スタジオには、ランボルギーニ・ポロストリコチーム専用のスペースを用意。 クラシックカー部門は、10年以上前に生産を中止したモデル(350 GT からディアブロまで)のレストレーションと認定、アーカイブや記録の保存、クラシックカーの純正スペアパーツの供給を行っている。ランボルギーニにはクラシック・ランボルギーニのスペアパーツの65%以上を揃えるスペアパーツの倉庫があり、ご要望に応じて追加でコンポーネンツの供給も行っている。  アウトモビリ・ランボルギーニの社長兼 CEO ステファノ・ドメニカリは「ランボルギーニのクラシック カーだけでなく、50年以上にわたり生み出されてきた革新的かつ画期的なデザインや製品など、ブランドの歴史に関する豊かな企業遺産を保存することは、将来を見通す上で当社に とって不可欠です。企業の伝統を重んじ、クラシックカーのお客様を大切にするために、ポロ ストリコ・センターを新たに設立しました。お客様はランボルギーニだけが提供できる正確性を 信頼し、レストア、認証、メンテナンスのために車を預けたいと思ってくださっています。」と語った。  ランボルギーニ・ポロストリコは、世界中のクラシックカーのオーナーから依頼を受け、輸送の手配も行い、フルレストレーションの場合、6ヶ月から24ヶ月の間イタリアで預かる。ポロストリコでは、ランボルギーニ・クラシックカーの価値を維持し高める独自の車両認定証も発行する。 ...

  • Video: 【ビデオ】1970年代のフェラーリF1用エンジンが、ダイナモテストで青い炎を放つ!
    2017年02月17日 09時00分

    寒い冬の日には、10,000rpmで唸るフェラーリの3.0リッター水平対向(正確には180度V型)12気筒エンジンの音が聞きたくなるものだ。今回ご紹介する映像では、シャシーから解放されたフェラーリのF1用エンジンが全身全霊で回転している。青い炎と素晴らしい音色。これ以上に求めるものなんてあるだろうか。...

  • Chicago: 【シカゴオートショー2017】フォード、チャリティのために新車同然にレストアされた1971年型「マスタング マック1」を展示
    2017年02月14日 09時00分

    フォードは、現在開催中のシカゴ・オートショーにおいて、同社の素晴らしい名車の中から1台を公開している。「マスタング」の高性能モデルである1971年型「Mach 1(マッハ・ワンあるいはマック・ワン)」が、ブース最前方の中央に展示されているのだ。グラバー・ブルーとグレーで塗り分けられたこの象徴的なポニー・カーは、フォードがこのショーの目玉として新型「エクスペディション」を用意しているにも拘わらず、プレスデーでかなりの注目を集めていた。...

  • Auctions: 名車に珍車、高級車からバブルカーまで、個人で集めた700台以上ものコレクションがオークションへ
    2017年02月11日 09時00分

    何か古いクルマを手に入れて自分でレストアしてみたいと思っている方に朗報だ。ミネソタ州のオークション・ハウスであるVanDerBrink Auctionsが、ロン・ハッケンバーガー氏の長年にわたって収集してきた700台以上のカー・コレクションを競売に掛けるというのだ。どのクルマにも最低価格は設定されないとのことで、我々の見たところ、かなり珍しいクルマを探しているファンでも何らかの収穫があるオークションになりそうだ。...

  • Official: ランドローバーのクラシック部門が、新車同然にレストアした初代「レンジローバー」を10台限定で販売!
    2017年02月07日 09時00分

    ランドローバーのクラシック部門から、「リボーン(再生)」プログラムについて発表されたのは昨年のこと。これは、メーカーの工場が徹底的にレストアしたクラシックなモデルを、メーカーの保証付きで提供するというもの。言ってみれば、60年前のランドローバー「シリーズ I」を新車で購入できるようなものだ。ただし、その価格はおそらく、完璧な状態で保存されていた当時の個体よりも高い。ランドローバーは昨年4月に公開されたこの「シリーズ I リボーン」に続いて、今度は初代「レンジローバー」に同様のレストアを施すと発表した。...

  • Etc: 希少なホンダの初代「プレリュード」を廃車置場で発見
    2017年02月05日 18時00分

    ホンダの初代「プレリュード」は、米国では1979年から1982年モデルイヤーまで販売された後、より大きくて速く、見た目も癖が少ない2代目に替わった。このクルマは(ベストセラーである「アコード」や「シビック」のせいで影は薄いものの)カリフォルニアで非常によく売れていたが、そのほとんどはすでに姿を消してしまった。筆者が先日、サンフランシスコのベイエリアにある廃車置場で発見した1982年型は、35年前にディーラーのショールームからオーナーの元に届けられた、今となっては希少な1台だ。 ...

  • Featured: 1973年型フォルクスワーゲン「スーパー・ビートル」をデンバーの廃車置場で発見
    2017年01月29日 18時00分

    空冷エンジンを搭載するオリジナルのフォルクスワーゲン「タイプ1」は「ビートル」として親しまれ、米国では1946年から1979年モデルイヤーまで長きに渡り販売されていた。その特徴的な姿は、少なくとも1980年代後半まではありとあらゆる地域で見掛けたものだった。しかし、1930年代の技術をベースとしたこのクルマは、1970年代になる頃には、パワーが不足し燃費も悪く安全性も低いと考えられるようになり、多くの個体は満足なメインテナンスも受けずに乗り倒された。やがてそれらのクルマは錆びて朽ち果てるか、あるいは事故で廃車となるか、または単に乗り潰されて、現代的な小型車に取って代わられた。今や廃車置場で見ることも少ないが、筆者は先日コロラド州デンバーで、希少な「スーパー・ビートル」を発見した。...

読み込み中

Loading