アプリリア 関連ニュース - Autoblog 日本版

アプリリア

  • Motorsports: スーパーバイク世界選手権が開幕! ジョナサン・レイがダブルウイン、今年もKAWASAKIがイケイケか?
    2017年02月27日 22時00分

     スーパーバイク世界選手権(以下SBK)が先週末開幕した。第一戦が行われたのは、オーストラリアのフィリップアイランド。結果を先に言ってしまうと、昨年、一昨年前のチャンピオンである、カワサキのジョナサン・レイが1、2レース共に制覇するダブルウィンという結果となった(写真は2016年シーズンより)。  SBKとは、市販車をベースに、レース用に規定内でモディファイして参戦する、各メーカーのフラッグシップ機が鎬を削り合っている世界最高峰のプロダクションレースだ。ヨーロッパを中心に、今年は13レースが行われ、毎レース土曜日と日曜日に決勝が行われる2ヒート性となっている。  参戦マシンのレギュレーションは、4ストローク2気筒1200cc以下、または3&4気筒1000cc以下のエンジンを搭載した市販車ベースが基本。HondaのCBR1000RR、ヤマハのYZF-R1、カワサキのXZ-10R、BMWのS1000RR、アプリリアのRSV4 RF、 MVアグスタの1000 F42、ドゥカティのPANIGALE Rが参戦をしている。こんなことから、レースに使用されているマシンのオーナーたちは、見逃せない胸熱のバイクレースでヨーロッパでは大人気! なのだが残念ながら現在のところ、日本では開催されていない...。かつてはランキング2位にまでなり、欧州では絶大な人気を誇る芳賀紀行や加賀山就臣など、2012年までは日本人選手も活躍をしていたが、MotoGPと同じく、現在最高峰クラスで活躍している日本人選手が居ない、というのも悲しい事実なのだが...。 2017年度、主なワークス参戦チームとライダーはこちら。 ■KAWASAKI RACING TEAM(ZX-10R) #1 ジョナサン・レイ(Jonathan Rea)、#66 トム・サイクス(TOM SYKES) ■ARUBA.IT RACING – DUCATI(PANIGALE R) #7 チャズ・デイビス(CHAZ DAVIES)、#33 マルコ・メランドリ(Marco Melandri) ■PATA YAMAHA OFFICIAL WORLDSBK TEAM(YZF-R1) #22 アレックス・ローズ(ALEX LOWES)、#60 マイケル・ファン・デル・マー...

  • Report: MotoGP日本グランプリ開催! GPライダーが築地を探検、ペドロサ欠場、代役にテストライダーの青山博一が急遽参戦!
    2016年10月15日 00時00分

    今週末、世界最高峰のオートバイレース「MotoGP」の日本ラウンドが栃木県の「ツインリンクもてぎ」サーキットにて開催される。 今週になって続々と日本入りしたライダーが、なんと東京の築地に現れた! というのも、MotoGPの開催地にて毎回行われている、ライダーのご当地体験ツアーが、今年の日本GPでは築地で行われたということなのだ。 参加したのは、日本人ライダーとして6年ぶりに優勝を果たした、Moto2クラスに参戦中の中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)、MotoGPクラスからは、J・ロレンソ(Movistar Yamaha MotoGP)、P・エスパルガロ、B・スミス(共にMonster Yamaha Tech 3)の4人。地元の中上がアテンドするカタチで、提灯、卵焼き、寿司といった日本文化を満喫していた。築地に訪れていた外国人観光客(日本では誰だコレ?って感じですが、ヨーロッパではライダーは超がつく有名人です...)や、噂を聞きつつけて駆けつけてきた日本人ファンに囲まれ、現地はもの凄い騒ぎになっていたとか。 その後、ヤマハの3人はV・ロッシと、ワイルドカードで参戦する日本人ライダーの中須賀克行と合流して、シークレットで行われたヤマハのファンミーティングに参加。集まった150名 のファンと、Q&Aやライダーからのプレゼントが当たる抽選会、記念撮影など交流を図りながら、日頃のサポートに対する感謝の気持ち、そして日本グランプリでの活躍を誓った。 ...

  • Motorsports: 【MotoGP】第6戦イタリアGP ヤマハのロレンソが今期3勝目!
    2016年05月23日 19時30分

    第6戦イタリアGPの決勝レースは22日、ムジェロ・サーキットで行われ、ポイントリーダーのJ・ロレンソがM・マルケスに僅少で競り勝ち、前戦フランスGPに続き、2戦連続3勝目。最高峰クラスで43勝目、当地で2年連続6勝目、キャリア通算64勝目を挙げ、キャリア通算140度目の表彰台を獲得した。 また、ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームとして、2002年に始まった近代4ストローク・マシンによる最高峰クラスでの100回目の記念すべき勝利となった。 地元のV・ロッシ(ヤマハ)がポールポジションスタートとあって、黄色い声援とフラッグがはためく中レースはスタート。 2列目5番グリッドからスタートしたJ・ロレンソが絶好のスタートを切ってホールショット。次いで、ロッシ、A・エスパルガロ(スズキ)、M・マルケスと続き、3周目の1コーナーで、ロッシがロレンソのインに飛び込み一瞬トップに浮上するもはらんでしまい、ロレンソが再びトップに。 一方3位争いをしていた、マルケスがエスパルガロを抜いて3番手に浮上。レース中盤になり、ヤマハの2人の背後に迫り、ロレンソ、ロッシ、マルケスでトップグループを形成するも、9周目に入って、ロッシがエンジントラブルによってリタイア。その後、最終ラップまでの間にマルケスがロレンソとの差をじわりじわりと詰めていった。 また、フロントローの3番グリッドからのスタートとなったものの、スタートに失敗し下位に沈むも、単独で3位を走っていたA・ドヴィチオーゾ(ドゥカティ)に終盤に追いつき、4位に浮上。17週目でドヴィチオーゾがコーナーではらむミスを犯した隙に、その後ろを走っていたD・ペドロサ(ホンダ)と共に前に躍り出て、ペドロサと3位争いを繰り広げるも、ストレートのパワーが圧倒的に強かったドゥカティ機を駆るイアンノーネが3位をキープ。 最終ラップに突入し、2番手を走っていたマルケスが、コース前半のS字区間でロレンソをパス。さらに、コース後半でロレンソがマルケスに再びバトルをしかけるも、マルケスはクロスラインでパスするという、激しいバトルが繰り広げられた。最終コーナーをマルケス、ロレンソの順で迎え、マルケスの優勝が決まったかと思われたが、最終コーナーからのストレートで、マルケスのスリップから抜け出したロ...

  • 【ビデオ】アプリリアVS BMWのバトルは終わらない!
    2010年08月16日 23時13分

    アプリリアRSV4のビデオを見るには下をクリック アプリリアは今シーズン、RSV4でスーパーバイク世界選手権のマニファクチャラーランキングでトップを守っている。それに加え、サーキット外でもBMW S1000RRがテーブルクロス引きの芸当を成功させるCMを皮肉るようなビデオを制作するなど、自分たちの存在を強烈にアピールしている。 ...

  • 【ビデオ】伊バイクメーカー「アプリリア」のBMWをパロッたCM映像
    2010年06月25日 15時42分

    アプリリアRSV4のテーブルクロスマジックをビデオで見るには下をクリック 広告で自社の優位をアピールするにはライバル社の製品をもじるのが効果的だ。イタリアのバイクメーカー、アプリリア社がリリースしたPR映像もまさにそのマーケティング手法にのっとっている。アプリリアとBMWはスーパーバイク世界選手権のライバルであり、昨年ともにリッターバイクの新モデルを発表。セールスでもサーキット同様に熱い火花を散らしている。...

読み込み中

Loading