アフターマーケット 関連ニュース - Autoblog 日本版

アフターマーケット

  • Report: 【東京オートサロン2017】マツダ、NAロードスターで採用されていたクラシックレッドをNDロードスターに復刻し期間限定発売:山田弘樹
    2017年01月16日 20時00分

    「Be a driver.」のかけ声と共に、マツダ・ロードスターのワンメイクレース「Mazda GLOBAL MX-5 CUP」の開催概要を発表したマツダ。また初代NAロードスターで採用されていた「クラシックレッド」を最新の水性塗装技術「アクアテック塗装」で忠実に再現し、NDロードスターに復刻。 「27年間ロードスターを支えてくれたファンへの感謝の気持ち」とアナウンスするなど、自動車文化を構築することに大きな努力を図っているのはとても好感が持てた(ちなみにその価格設定もベース車両+3万2800円と良心的。サロン発表から予約受付開始で、2月28日までの限定発売だ)。 そんなマツダブースでさらに大きな注目を集めていたのは、発表されたばかりのミドルSUV「CX-5」。しかもオートサロンよろしく、早くもメーカーカスタマイズを施したバージョンを「CUSTOM STYLE 2017」として参考出品していた。 その内容は主にエクステリアで、印象的だったのはフロント/サイド/リアに付けられたアンダースカート。これがCX-5の滑らかなボディに極めて品良く、控えめに、しかしそのスタイルをピシッと引き締めるシャープなラインを演出している。またそれにトーンを揃えるように、「ドアミラーガーニッシュ」や特別仕様の20インチホイールを装着。SUVらしさを失わない絶妙なライドハイトを車高調整式サスペンションで実現し、そのブレーキキャリパーもマッド塗装するなど、小技も効かせていた。 インテリアにはアルミペダルセットやウェルカムランプ、イルミネーション付きのスカッフプレート、消臭機能付き!のフロアマット等を用意して、どちらかといえば大人しめなCX-5のプレミアム感を底上げ。ノーマルではコストが掛けられなかった部分を補うという意味では、カスタマイズのお手本といえる内容となっていた。 ちなみにこのCUSTOM STYLEはCX-5以外にも展開。シックな内装を持つ「CX-3 Noble Brown」や「デミオ Tailored Brown」に同様のドレスアップとローダウンを施すだけで、その魅力は一気に底上げされた。 またロードスターRFはエアロパーツ以外にもデコレーションパネルやドアトリムにアルカンターラを用いて、スポーツカーらしさを強調...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】ちょっとフライング!? 早くも「プリウスPHV」用カスタマイズパーツをモデリスタが公開!!
    2017年01月16日 10時00分

    トヨタモデリスタインターナショナルは、1月13日から15日まで開催された東京オートサロン 2017で、トヨタ「プリウスPHV」のカスタマイズカーを公開した。通常モデリスタによるカスタマイズカーの公開は、車両の発売と同時であることが多いため、今回は少しばかりフライング気味なタイミングでの登場となった。 会場でもおそらく唯一のプリウスPHVのカスタマイズカーなだけあって、気が付いた来場客の熱い視線を浴びていた。 ちなみに、ベースモデルは、PHVコンセプトのAグレードとなっているので、市販車とは若干仕様が異なる場合があるとのことだ。 カスタマイズパーツの開発コンセプトは「最先端の車両に相応しい先進感溢れるイメージはそのままに、見る人すべての心に訴えかける情緒感をモデリスタならではのデザインで表現。エアロキットの新たな可能性がここに。」とのこと。 筆者はプリウスPHVをまだ見慣れていないせいか、どの部分がカスタマイズされているのかが、一見すると良くわからなかった。つまり、デザインにマッチしており、ベース車両のイメージのまま、存在感を高めるようなパーツデザインとして仕上げられていると言えよう。 外装では、MODELLISTA エアロキット(フロントスポイラー、サイドスカート、リヤスカート ガーニッシュセット)と クールシャインキット(フロントグリルガーニッシュ、ミラーガーニッシュ、サイドドアガーニッシュ)、ヘッドライトガーニッシュ、ドアハンドルガーニッシュ、LEDトップノットアンテナが装着されていた。...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】スバル、ニューモデルのチタン製腕時計や新グッズ等を出展!!
    2017年01月15日 10時00分

    スバルは、東京オートサロン 2017で、最新のグッズの展示販売や発売予定の腕時計の参考出品等を行った。 カーグッズのみならず、ウェア、クッキー等幅広くラインナップされてるスバルグッズは見ているだけでも楽しい。 ...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】ダイハツが漫画家井上三太氏とコラボしたグッズの販売を開始!!
    2017年01月15日 09時00分

    ダイハツは、東京オートサロン 2017で漫画家の井上三太氏とコラボレーションして作ったグッズの販売を開始した。 井上三太氏は、TOKYO TRIBEシリーズなどを代表作に持つ人気漫画家。これまでもアディダスやNEW ERA等と数々のコラボレーションをしてきた実績もある。 ...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】フォルクスワーゲンがニューモデルのカスタマイズパーツ・グッズ類を出展!!
    2017年01月15日 07時00分

    フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、東京オートサロン 2017で「ゴルフ」用のエアロパーツ/チューニングパーツやグッズ類の新商品を展示・販売した。 「ゴルフ GTI」用に設定され2月中旬から販売が開始される予定のエアロパーツ類は、「ゴルフGTI チューンドバイOettinger」。 ドイツ本国では既に販売されている実績のあるモデルで、フロントアンダースポイラー、フロントスプリッター、サイドスポイラー、ディフューザー式リヤバンパー、4本出しリヤマフラー、リヤルーフスポイラーが用意されている。 ...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】マツダ史上初!! 実車の発売前にマツダ「CX-5」のモデルカーが販売開始!! 「ロードスターRF」も登場
    2017年01月15日 06時00分

    マツダは東京オートサロン2017の会場で新開発のモデルカーやグッズの販売を行った。 今回も、クルマを購入した人にプレゼントされるような通常店頭では販売されないこだわりのモデルカーが多数出展されていたので紹介しよう。...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】メルセデス・ベンツが会場限定グッズを発売!!
    2017年01月14日 14時00分

    メルセデス・ベンツは、東京オートサロン2017の会場で、限定グッズや先行発売商品の展示・販売を行ったのでご紹介しよう。 会場限定グッズとしては、画像のF1 2016ハミルトンGPエディションキャップ コンプリートセット(37,800円:価格はいずれも消費税込み)を販売した。5色のオリジナルカラーのキャップは各々専用デザインとなっており、5色セットのコンプリートセットはここでしか手に入れられないセットだ。  ...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】タカラトミーがオートサロン限定トミカを発売!!
    2017年01月14日 13時00分

    タカラトミーは毎年恒例の東京オートサロン限定の開催記念トミカを会場で展示・販売した。 今回も会場では一人一回3台までの購入となっていたが、終日長蛇の列をなしてその人気ぶりが感じられた。数量については公開されていないが、商品がなくなり次第終了となっている。 東京オートサロン2017の台数限定販売モデルとしては、3台が用意された。 こちらは東京オートサロン2017 スバル BRZ(消費税込み700円)だ。専用のカラーリングとロゴが入っている。...

  • Official: ブリヂストン、新車装着タイヤを「ちゃんと買い」、新商品「ECOPIA NH100シリーズ」2月から順次発売
    2017年01月11日 20時00分

     ブリヂストンは、低燃費タイヤ「ECOPIA」ブランドの新商品として、「ECOPIA NH100シリーズ」を2017年2月より国内で順次発売する。  発売サイズは、セダン・クーペ専用の「ECOPIA NH100」が21サイズ、ミニバン専用の「ECOPIA NH100 RV」が19サイズ、軽・コンパクトカー専用の「ECOPIA NH100 C」が27サイズで、全て希望小売価格を設定している。...

  • Featured: 80周年を迎えたMOPARの歴史を、過去の広告で振り返る
    2017年01月11日 18時00分

    MOPARは単なるクルマのパーツ・ブランド以上の存在だ。1937年に不凍液のブランドとして誕生したMOPARは、80年後の現在、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のアイコン的なアフターマーケット部門に成長し、マッスルカーからスマートフォンのアプリに至るまで、あらゆるものを手掛けることで知られている。...

読み込み中

Loading