BMW bmw i 関連ニュース - Autoblog 日本版

BMW i

  • Featured: 【試乗記】BMW i3 可愛い姿にぎゅっとBMWらしい毒が盛り込まれたパッケージ:今井優杏
    2017年02月06日 16時00分

     自動車に未来はあるのか。  要塞のような巨大な工場で、膨大な数の部品を組み上げる自動車は、永きにわたって化石燃料を着実に消費してきた。  ・・・なんつって、そんなことはエコロジストがヒッピーコミューンに原点回帰して(また静かに流行ってるんですって!)オーガニック野菜を片手に「自動車は敵だ!」なんてデモ行進してるのを見ずとも明らかなことであって、エコカー減税やら免税やらとかいう2次的な消費のメリット以前に当の自動車製造メーカーこそが長期的なスパンで心血を注いでいる問題だ。  現状、世界で最も厳しいCO2排出規制を敷くEUでは、2020年以降にさらに規制値が強化されるため、2019年までにさらに企業を挙げて排出量を低減させていく必要がある。で、またこれが由々しき問題なのだけど、目の肥えた現代人は、もうすでに知ってしまっているのだ。 『自動車の運転は楽しくなくてはいけない』ってことをね。  果たして、その相反するように思われるふたつの課題をクリアするために、自動車メーカーは様々な方法でアプローチを進めている。  なかでも今回ご紹介するi3や、またPHVスポーツカーi8を擁するBMWは、早くから『サスティナビリティー』=『持続可能性』というテーマを掲げてこの「iシリーズ」を打ち出して来た。 振り返れば、CO2排出量を極端に低減させられるこの2つのモデルを世に出すために、クルマそのものだけでなく生産工程までもを見直している点が改めて興味深い。  iシリーズの生産拠点であるドイツ・ライプツィヒの工場の電力は100%風力発電で賄われ、排水となる水の使用量も70%低減する。米・モーゼスレイクのカーボン・ファイバー工場は電力を豊かな水資源に依る水力発電で賄う。  内外装にもリサイクル可能な素材を多用し、クルマが生産されて廃車になるまで、生涯にわたる炭酸ガス排出を低減することがロードマップとして描かれているのだから徹底している。  それらの経緯を経て、2014年から日本にもこのiシリーズが導入されてはや3年。その後新モデルが追加されないことを思えばなかなかの苦戦も垣間見えるのだが、昨年i3に待望のマイナーチェンジが加えられた。 そのキモがバッテリー容量の拡大である。  成熟しきった内燃機関のタフな航続距離にスポイルされきった現代人にとって、比較してみればEVの航続距離の圧倒的な頼りなさは心配のタネでしかない。それをいかに軽減するかが今後EVの抱える大きな課題だ。  今回はこれまでの60Ahから94Ahに、実に50%のバッテリー容量のアップがなされた。これにより航続距離を欧州モード値で190kmから300kmに延長している。エアコンが電費を激しく圧迫するというのはすでに電気自動車の定説になっているのだが、今回の拡大によりエアコン使用時でも実に200km以上は走行可能だとアナウンスされているのだから日常使いには魅力的だ。i3にはレンジエクステンダーという航続延長用のガソリンエンジン付きモデルも存在するが、こちらも94Ahにアップされている。  今回はそのバッテリーを使い切るほどの試乗時間を取れなかったのだが、改めてi3の商品力とコンセプトの力強さを再確認した結果となった。  まず、やはり何度見てもアイコニックなルックスである。発売から3年を経た今でも決して色褪せることはないし、今でもちゃんと「ちょっと先に進んでる」雰囲気を醸し出しているから、街角で出会うたびにはっとしちゃうのだ。  このかつてないデザインを可能にした要因こそ、iシリーズのユニークなコンセプトに由来する。バッテリーを床下に敷き詰め、モーターをリアタイヤに挟んだ構造を持つi3、メカニカルだけで言えばボンネットを必要としない。だからこそ叶えられた極端な鼻ぺちゃフェイスは歩行者と乗員の安全保護のために必要なクラッシャブルゾーンを確保するためのものだ。  その先に鎮座するキドニーグリルだってiシリーズ独自の解釈がなされて、こんなキュートな雰囲気を醸し出す有様なのだけど、このあたりの継ぎ目のない滑らかな造形に使用されているのがiシリーズに多用されたカーボン・ファイバー樹脂。金属にはできない細かなディテイルを再現できるから、リアライト周辺も、ボディに一体化されてつるりと鏡面のように輝いている。前後左右どこから眺めても五感を刺激するような近未来的な佇まいを実現させているのだ。  さらに、サイドビューでは勇ましい大径タイヤがクルマとしての運動性能の高さを物語るように存在感を示しているのだけど、正面から見たらびっくりするほどに細いのも面白い。i3には専用設計されたタイ...

  • First Drive: 【試乗記】「待つだけの価値はある」BMW「i8」プロトタイプに乗る
    2013年09月14日 17時00分

    先日、試乗したBMW「i3」は、同社の新ブランド、BMW iから誕生したモデルで、従来のBMWの概念を大きく変えるクルマとして、さまざまな国や地域で販売されるはずだ。そのiブランドのエコスーパーカー、2015年型BMW「i8」は、他メーカーを圧倒する革新的なメカニズムを投入しており、「全てがユニークなクルマ」といわれている。今回はこの「i8」の走りを体感してきた。...

  • Official: 【大量フォト&ビデオ】BMWグループ、"まったく新しいコンセプトの電気自動車"「BMW i3」を発表!
    2013年07月30日 21時00分

    BMWグループは29日、「まったく新しいコンセプトの電気自動車」であるという「BMW i3」をニューヨーク、ロンドン、北京で同時発表した。...

  • 10台中、6台が日本車! 2012年のアメリカ不人気車「ワースト10」
    2013年01月10日 07時10分

    2012年の米の車市場は、売り上げが2007年以来の最高値を記録した。しかし、全ての車が好調に売れた訳ではなく、不本意な結果に終わった車もある。そこで、昨年に引き続き、2012年の不人気車「ワースト10」を調べたのでお伝えしよう。 <関連フォトギャラリー> >>それはワースト10なのか...!?気になる詳細は...

  • BMWが新型EV向けに「i」を商標登録!
    2010年12月30日 15時10分

    BMW「メガシティ・ビークル」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック どの企業のマーケティング担当者も、商品名に小文字の「i」を付けるが好きらしい。アップルやインテルに続き、今度はBMWが「i」を商標登録したという情報が入ってきた。 しかもこの商標は、2013年に発売が予定されているBMW初の量産型EV「メガシティ・ビークル」に使用されるのではないかと噂されている。 ...