bmw 関連ニュース - Autoblog 日本版

BMW

社名であるBMWは、Bayerische Motoren Werke(バイエルンのエンジン製造会社という意味)の略。その名の通り、ドイツのバイエルン州ミュンヘンに本社を置く高級自動車メーカーであり、傘下のブランドとしてミニとロールス・ロイスを所有する。"究極のドライビングマシン"というキャッチコピーはつとに有名。2輪部門であるBMW Motorrad(モトラッド)でバイクの生産も行っている。

  • Official: 中田英寿氏がBMWのブランド・フレンドに就任
    2017年03月21日 18時00分

    BMWジャパンは21日、同社が販売する乗用車ブランド「BMW」の日本市場におけるブランド・フレンドを、元サッカー日本代表選手で現在は実業家として活躍する中田英寿氏が務めることを発表した。 ...

  • Featured: 【試乗記】BMW M240i、M2クーペに比べ簡単に言えば、細マッチョ!:山田弘樹
    2017年03月19日 17時00分

     世の中はとかく"飛び道具"にばかり反応するもので、その実一番使い心地が良いのは"中庸"であることを知らない。いや、本当に己を知る人ならばそれは知った上での余興を楽しみ、日々の営みは粛々としているものなのだろう。商売柄自分にはそういった上ずった声ばかりが多く聞こえてくるのだとは思うのだが。  BMW2シリーズクーペ。いまやとびきり大きくなってしまった3シリーズに対するアンチテーゼのようなこのスペシャリティも(BMWにとっては補填だろう)、やはり人気はトップレンジの「M2」なのだが、ボクはこのM240iが、かなり高得点だと思っている。 <M235i>  M240iはそれまで「235i」と名乗り、M2が登場するまで2シリーズクーペの看板を張っていたモデルの後継。搭載されるユニットにはBMWのストレート6を表す「N55型」の型式が与えられており、M2はもちろん、M3やM4もこのヘッドを使っている。 <M2>  M2と240iの違いは、M2が強度に優れるクローズドデッキの専用ブロックを手始めに、専用のトップ形状を持つピストン、M直系のクランクシャフトを装備していること。その他にもサーキット走行を前提としたラジエターやトランスミッションオイルクーラー、オイルポンプなど、専用イクイップメントが細かく盛り込まれている。 <M2>  こう書くとなんだかM2クーペの宣伝になってしまっている気もするが、ボクが言いたいのはそんなことじゃない。こうした補強を施されたM2のエンジンは、確かにM240iに比べ高回転で炸裂するパワー感や、その回転フィールがスカッと気持ち良いのだが、その分シャシー剛性も並行して高められ、ロードユースではそのウマミを存分に味わいきれないと感じるのだ。 <M2>  正確にいうならばこれにはちょっと注釈が必要で、M2クーペもその凄み(すごみ)だけなら十分にストリートで味わえる。ただしこれをシャブリ尽くそうとなると、かなり頭のネジを緩ませるか、もしくは何本か外さなくてはならない。それほどM2はサスペンションを含むシャシー剛性が高く(トレッドなんかフロントで70mm、リアで65mmもワイドなのだ)、ちょっとやそっとじゃ"駆け抜けて喜びを感じられない"のである。簡単に言えば、ちょいマッチョ過ぎ。  対してM240iは、(それでもオーバークオリティかと思うけれど、)そのパワーに対してシャシー剛性が絶妙にバランスしている。簡単に言えば、細マッチョである。...

  • Featured: 【試乗記】BMW X1 xDrive 18d、ワクワクするトルクもスポーティーな走りも魅力的、それ以上に燃費性能にも注目したい:今井優杏
    2017年03月05日 17時00分

     世界中に蔓延するSUV大流行の波は、依然勢いの留まることを知らない。今やどんなラグジュアリーカーメーカーであっても、SUV作らぬは一生の恥とばかりにじゃかすかニューモデルを導入しているのはご存知の通りだ。そんなブームに先駆けて、バラエティ豊かなクロスオーバーモデルのラインナップを早い段階から展開・完成してきていたのがBMWである。  BMWは自社のクロスオーバーモデルを独自に「SAV」=スポーツ・アクティビティー・ヴィークルと銘打っていて、ユーティリティーだけに止まらない、走りと個性を両立させたユニークなSUVを発表してきた。 <2010 BMW X1>  特に近年、国産メーカーも参入しているコンパクトクロスオーバーというカテゴリーにおいて、今回ご紹介するX1が登場したのが実に2010年で、先陣を切ったことになる。当時はまだ「SUV=大柄ボディ」が当然だった時勢にあって、そのユニークな立ち位置は注目を集めたものだったが、今やドンズバにメインストリーム。先見の明というのだろうか、同社の商品企画能力のすごさに改めて驚く。  そのX1に昨年9月、待望のクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「 X1 xDrive 18d」が追加された。 Xモデルのエントリーを担うX1は今や第二世代に進化していて、2シリーズと同じFFベースのプラットフォームに刷新されているが、「X1 xDrive 18d」のパワートレーンも2シリーズと同じ2リッターターボディーゼルエンジン×8速ATを搭載する。ただし、X1のガソリンモデルにはFFも存在するが、ディーゼルエンジンは四駆のみ。  ラインナップは3グレードで、「18d」、「18d xLine」、「Mスポーツ」。今回の試乗車は真ん中の「18d xLine」だ。BMWのアイコンであるキドニーグリルがクロムになるほか、アンダー・ガードがマットシルバーに、さらに専用アロイホイールが装着されるなどの上級仕様である。  乗り込んでまず最初に感じたのは、新しくなったインターフェースの美しさだ。 インテリア全体の印象はいかにもBMWらしいシンプルで堅牢、質実剛健な雰囲気なのだが、モニター類が一新されている。  まず、ステアリングの向こうのメータークラスターが大きくなり、一部カラーデジタル化された。安全系の表示がここにも反映されるだけでなく、始動の際にはちっこいX1が登場するあたり、なんとも可愛くて心が和む。オーナーには愛車に愛着を増させる憎い演出になるだろう。肝心のメーターは速度・回転計ともにアナログのままで、シンプルかつ視認性の高いものだったというところも、走りにこだわるBMWらしい。  ナビ関連も一新している。 といっても、シフトノブの後方にダイヤルやスイッチを装備し、そこでコマンドを行う「iDrive」方式は踏襲されているのだが、メインモニターが最新のものに生まれ変わったので、インパネ全体に先進感が漂うようになった。  メインモニターは他のシリーズにも採用されている横長のもの。 横長なぶん、情報を左右に2分割して表示できるのがそのメリットで、ナビを表示させながらラジオの放送曲リストを同時に表示させたり、音楽のリストを表示させたりと、情報のデュアル表示が可能になっている。 また、この画面に表示されるフォントも美しく、視認性の高さもさることながら、高いデザイン性にも寄与していると感じる。デジタル世代にはフォントの綺麗さ=オシャレさなのだ。この辺が洗練されたことで上質感が増している。  さらに、X1シリーズにはカメラによって前車を検知し、ドライビングをサポートする「ドライビング・アシスト」が全車標準装備されているのだが(車線逸脱警告システム「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」、前車接近警告機能/衝突回避・軽減ブレーキ、事故の際にコールセンターに自動で繋がるBMW SOSコール、整備関連の情報を車両から正規ディーラーに送信して適切なメンテナンスを行うBMWテレサービス、リアビューカメラ)、それらの情報もこのメインモニターに美しく表示される。  さて、ボディサイズでいえば先代比で全長が30mmの短縮に加え、全高は35mm高められている。それにより、取り回しのよさと室内空間の拡大を叶えているのだが、実際に乗り込んだ感覚からも、その恩恵は十分に感じられた。  コンパクトながらにヘッドクリアランスには圧迫感がなく、後部座席の居住性も上々。後部座席は前席よりもややヒッピポントが高いシアターレイアウトを取っていて、長時間のドライブでも乗員が窮屈に感じないよう工夫されている。  試乗車には...

  • Teased: 【ビデオ】『トップギア』シーズン24の最新予告映像が公開 金色のブガッティ「シロン」も登場!
    2017年03月01日 09時00分

    英国BBCの自動車番組『トップギア』がシーズン24を引っさげて3月5日に帰ってくる。新たな司会者を迎えて初となった前シーズンは今一つだったが、番組に残った新司会者たちは、次こそ成功しようと決意しているようだ。クリス・エヴァンスは番組を去り、最新の予告映像では、金色のブガッティ「シロン」や「フォード GT」といった実に素晴らしいクルマの数々をドライブするマット・ルブラン、クリス・ハリス、ロリー・リードの3人組の姿が見られる。...

  • Official: BMW、新デザイン体制を発表 かつてブガッティ「ヴェイロン」を手掛けた人物がコアブランドのデザイン責任者に
    2017年02月11日 18時00分

    BMWの現行車は、その多くが4代目「7シリーズ」(E65)を手掛けて物議を醸したかつてのチーフ・デザイナー、クリス・バングル氏によるデザインを、かれこれ15年以上に渡り継承している。その間にアップデートや進化はあったものの、バングル氏が提唱した「Flame Surface(フレイム・サーフェイス)」と呼ばれるスタイリングは今も健在だ。だが、それに変化の兆しが現れた。BMWと現チーフ・デザイナーのアドリアン・ファン・ホーイドンク氏は、新たにフォルクスワーゲン(VW)グループの元デザイナーであるJozef Kabaň氏(写真左)が同社のコアブランド・デザインを、これまでBMWのエクステリア・デザイン・チームを率いていたDomagoj Dukec氏(写真右)がサブブランド「i」および「M」を、それぞれ担当すると発表したのだ。...

  • First Drive: 【試乗記】なにより刺激を求める人に贈るBMW M4 GTS。いわばナンバー付きのレーシングカーだ:工藤貴宏
    2017年02月08日 16時00分

     BMW M4が世界最高峰のスポーツカーであることに異議を唱える人はいないだろう。しかし、そのスパルタンさに不満を覚える人はいるかもしれない。モータースポーツ車両の研究・開発そして生産をルーツとする『BMW M』社が開発したM4はレーシングマシン直系であり走行性能も官能性能もきわめて高いといえるが、残念なことに競技車両用に戦闘力を誇示するオーラや荒々しい乗り味と危険な香りは持ち合わせていない。しかしそれは、日常性能まで視野に入れて開発された車両としては当然のことともいえる。  だから通常のM4ではまだまだ刺激が足りないという人もいるはずだ。そんな人にお勧めしたいのが、2015年秋の東京モーターショーでワールドプレミアされた『M4 GTS』である。  エアロパーツやルーフにCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)を組み合わせて軽量化したボディ(本来はボンネットフードもFCRP製だが日本の歩行者保護要件適合のため日本仕様はアルミ製)、69馬力もの出力アップを得て500馬力へ引き上げられた3リッターの直列6気筒ターボエンジン、そしてサーキット走行を最優先して締め上げたサスペンション。M4標準車から『GTS』への変更部分は多岐にわたる。しかしボクが何よりも驚かされたのは、戦闘力の高さを感じさせる圧倒的なオーラだ。  ちょっとした段差でも簡単に擦りそうなフロントバンパー下のスプリッター(本来は調整式だが日本仕様は法規の関係で固定式となっている)、見るからにダウンフォースを発生しそうなCFRP製の翼にアルミのステーを組み合わせた角度調整式リヤウイング、そして異様に落とされた車高。数々のバトルで勝利を収めてきた戦うチューニングカーのような雰囲気を、このM4 GTSは生まれながらにして持っているのである。目立つという意味ではスーパーカーとも同等だが、スーパーカーがハリウッドスターだとすればこちらは武闘派で格闘技の選手のような存在感だ。もの静かだが目は殺気立っている。  インテリアを見ると「普通じゃない感」はさらに強まる。リヤシーターのない2ドアモデルというのは序の口で、「クラブスポーツ・パッケージ」が標準装備となる日本仕様はオレンジ塗装のロールバー、リクライニング調整さえできないモノコック構造のカーボン製フルバケットシート、6点式シートベルト、さらには消火器ホルダーまでも搭載。さらにはセンターコンソールボックスが外されたりドアトリムもドアポケットがなくインサイドドアハンドルの代わりにストラップが用意された軽量素材の専用品(重量50%低減)を装着するなど、スパルタンさに驚く人はいないだろう。正規モデルとして販売されるのが信じられない徹底ぶりである。  しかし、インテリアは単にスパルタンに徹するだけではなくアルカンターラやレザーをふんだんに使うなど贅を尽くした仕上げなのもお伝えしたい。硬派ながら上質さも持ち合わせている武闘派なのだ。  もうひとつ面白いのは、先進テクノロジーだ。たとえばエンジンは従来の燃料冷却に代わる新技術としてボッシュが開発した水噴射システム(サージタンクに水を噴射して気化で熱を奪わせてシリンダー内の温度を下げる)を採用。ノッキングを抑えて高出力化に貢献し、また燃費の向上にも役立っている(ちなみに水タンクはトランク下に設置され定期的に蒸留水を補充する必要がある)。テールランプも標準M4とは異なり、光源を「点」ではなく「平面」として均一に発光するオーガニックLEDを採用。いずれも量産車としては世界初の技術であり、標準車に先んじて実験的な先行投入をおこなうMモデルらしい仕立てと言えるだろう。...

  • Featured: 【試乗記】BMW i3 可愛い姿にぎゅっとBMWらしい毒が盛り込まれたパッケージ:今井優杏
    2017年02月06日 16時00分

     自動車に未来はあるのか。  要塞のような巨大な工場で、膨大な数の部品を組み上げる自動車は、永きにわたって化石燃料を着実に消費してきた。  ・・・なんつって、そんなことはエコロジストがヒッピーコミューンに原点回帰して(また静かに流行ってるんですって!)オーガニック野菜を片手に「自動車は敵だ!」なんてデモ行進してるのを見ずとも明らかなことであって、エコカー減税やら免税やらとかいう2次的な消費のメリット以前に当の自動車製造メーカーこそが長期的なスパンで心血を注いでいる問題だ。  現状、世界で最も厳しいCO2排出規制を敷くEUでは、2020年以降にさらに規制値が強化されるため、2019年までにさらに企業を挙げて排出量を低減させていく必要がある。で、またこれが由々しき問題なのだけど、目の肥えた現代人は、もうすでに知ってしまっているのだ。 『自動車の運転は楽しくなくてはいけない』ってことをね。  果たして、その相反するように思われるふたつの課題をクリアするために、自動車メーカーは様々な方法でアプローチを進めている。  なかでも今回ご紹介するi3や、またPHVスポーツカーi8を擁するBMWは、早くから『サスティナビリティー』=『持続可能性』というテーマを掲げてこの「iシリーズ」を打ち出して来た。 振り返れば、CO2排出量を極端に低減させられるこの2つのモデルを世に出すために、クルマそのものだけでなく生産工程までもを見直している点が改めて興味深い。  iシリーズの生産拠点であるドイツ・ライプツィヒの工場の電力は100%風力発電で賄われ、排水となる水の使用量も70%低減する。米・モーゼスレイクのカーボン・ファイバー工場は電力を豊かな水資源に依る水力発電で賄う。  内外装にもリサイクル可能な素材を多用し、クルマが生産されて廃車になるまで、生涯にわたる炭酸ガス排出を低減することがロードマップとして描かれているのだから徹底している。  それらの経緯を経て、2014年から日本にもこのiシリーズが導入されてはや3年。その後新モデルが追加されないことを思えばなかなかの苦戦も垣間見えるのだが、昨年i3に待望のマイナーチェンジが加えられた。 そのキモがバッテリー容量の拡大である。  成熟しきった内燃機関のタフな航続距離にスポイルされきった現代人にとって、比較してみればEVの航続距離の圧倒的な頼りなさは心配のタネでしかない。それをいかに軽減するかが今後EVの抱える大きな課題だ。  今回はこれまでの60Ahから94Ahに、実に50%のバッテリー容量のアップがなされた。これにより航続距離を欧州モード値で190kmから300kmに延長している。エアコンが電費を激しく圧迫するというのはすでに電気自動車の定説になっているのだが、今回の拡大によりエアコン使用時でも実に200km以上は走行可能だとアナウンスされているのだから日常使いには魅力的だ。i3にはレンジエクステンダーという航続延長用のガソリンエンジン付きモデルも存在するが、こちらも94Ahにアップされている。  今回はそのバッテリーを使い切るほどの試乗時間を取れなかったのだが、改めてi3の商品力とコンセプトの力強さを再確認した結果となった。  まず、やはり何度見てもアイコニックなルックスである。発売から3年を経た今でも決して色褪せることはないし、今でもちゃんと「ちょっと先に進んでる」雰囲気を醸し出しているから、街角で出会うたびにはっとしちゃうのだ。  このかつてないデザインを可能にした要因こそ、iシリーズのユニークなコンセプトに由来する。バッテリーを床下に敷き詰め、モーターをリアタイヤに挟んだ構造を持つi3、メカニカルだけで言えばボンネットを必要としない。だからこそ叶えられた極端な鼻ぺちゃフェイスは歩行者と乗員の安全保護のために必要なクラッシャブルゾーンを確保するためのものだ。  その先に鎮座するキドニーグリルだってiシリーズ独自の解釈がなされて、こんなキュートな雰囲気を醸し出す有様なのだけど、このあたりの継ぎ目のない滑らかな造形に使用されているのがiシリーズに多用されたカーボン・ファイバー樹脂。金属にはできない細かなディテイルを再現できるから、リアライト周辺も、ボディに一体化されてつるりと鏡面のように輝いている。前後左右どこから眺めても五感を刺激するような近未来的な佇まいを実現させているのだ。  さらに、サイドビューでは勇ましい大径タイヤがクルマとしての運動性能の高さを物語るように存在感を示しているのだけど、正面から見たらびっくりするほどに細いのも面白い。i3には専用設計されたタイ...

  • Geneva: 【ビデオ】BMW、新型「5シリーズ ツーリング」の画像と動画を公開
    2017年02月05日 05時00分

    BMWは、3月のジュネーブ・モーターショーで発表する新型「5シリーズ ツーリング」の画像と動画を公開した。外観は予想どおり、大きくなったヘッドライトやフロントフェンダー下部のベントなど、「5シリーズ セダン」と共通する部分が多い。全体的に見れば従来の進化型と言えるが、傾斜がきつくなったリアウィンドウは、より低くワイドな印象を与えている。アルミニウム製のテールゲートはリアウィンドウを個別に開けることができ、荷室容量は先代から10リッター拡大されて570リッターとなった。...

  • Official: マクラーレン、新しい燃焼技術の開発に向けてBMWを含む各分野のエキスパートと提携
    2017年02月04日 18時00分

    マクラーレン・オートモーティブは昨年、大幅な販売台数の増加を発表した。具体的な数値を挙げると、2015年は1,654台だったが、2016年は3,286台と、1年でほぼ2倍に達する伸びだ。この成長を確固たるものとするために、同社ではパワートレインの刷新を決定。これに向けてBMWグループをはじめとする数社と戦略的パートナーシップを締結するという。...

  • Official: BMW、「BMW i8」の限定モデル「Protonic Dark Silver」を発売
    2017年01月24日 20時00分

    ビー・エム・ダブリュー(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、プラグイン・ハイブリッド・スポーツ・カー「BMW i8」の限定モデル「BMW i8 Protonic Dark Silver」を、合計4台(左ハンドル2台、右ハンドル2台)の台数限定で注文受付を開始した。納車は2017年4月からを予定。...