Hirokazu Kusakabe

  • Official: 北米マツダ、「グローバル MX-5 カップ」仕様車のために専用ハードトップを発売
    2017年03月23日 19時00分

    マツダの「MX-5(日本名:ロードスター)」をベースにした世界同一仕様の車両で、世界統一規定のもとに行われる国際的なワンメイクレース「グローバル MX-5 カップ」。日本より一足先にシリーズ戦が開催されている米国では、北米マツダのマツダ・モータースポーツから、その競技車両のために純正ハードトップが発売された。...

  • Video: 【ビデオ】フェリー・ポルシェの誕生日に贈られた特別な「928」
    2017年03月19日 10時00分

    ポルシェが今年のジュネーブ・モーターショーで発表した「パナメーラ スポーツツーリスモ」のような、クーペとワゴンを融合した自動車の形は「シューティング・ブレーク」と呼ばれる。その語源は19世紀に作られた狩猟用の馬車にまで遡るが、1960年代にはスポーツカーの後部を拡張して猟犬や猟銃を載せる荷室とハッチゲートを備えたスタイルをこう呼ぶようになった。最近ではその用途も狩猟に限らず拡大解釈され、後部座席や荷室の実用性を高めたハッチバック付きのクーペを、メーカーがシューティング・ブレークと称することも多い。例えば、メルセデス・ベンツの「CLA シューティングブレーク」などがこれに当てはまる。ポルシェによれば、パナメーラ スポーツツーリスモは同社初の"量産"シューティング・ブレークであるという。 ...

  • Video: 【ビデオ】初めてフェラーリの名前を冠したクルマが、70年前に走り始めた日を再現
    2017年03月14日 19時30分

    一昨日の2017年3月12日は、フェラーリにとって記念すべき日だった。ちょうど70年前の同じ日に、創設者エンツォ・フェラーリの名前を冠した最初のクルマが初めて走ったのだ。それは現在の世界で最も有名なスーパー・スポーツカー&レーシングカー・コンストラクターの歴史が走り始めた瞬間でもある。...

  • Motorsports: 【訃報】2輪と4輪で世界チャンピオンに輝いたジョン・サーティース氏、83歳で逝去
    2017年03月11日 17時30分

    モータースポーツ界におけるレジェンドの1人、ジョン・サーティース氏が10日、83歳でこの世を去った。 モータースポーツ史上で唯1人、2輪のロードレース世界選手権と4輪のF1世界選手権の両方でチャンピオンとなったサーティースは、日本ではホンダの第一期F1活動にドライバーとして参加し、勝利を挙げたことでも知られている。...

  • Featured: マクラーレンの新型スーパーカー「720S」が早くも日本上陸!
    2017年03月09日 19時00分

    マクラーレン・オートモーティブは、3月7日に開幕したジュネーブ・モーターショーで発表したばかりの新型スーパーカー「720S」を、それから24時間も経たないうちに日本の東京でも公開。併せて3,338万3,000円からという販売価格も明らかにされた。 マクラーレン 720Sは、同社の中核モデル・レンジに位置する「スーパー・シリーズ」の第2世代モデル。先代の「650S」に比べ、パワートレインからシャシー、デザインまで、ほぼ全てが刷新されている。マクラーレンでアジア・パシフィックのマネージング・ディレクターを務めるジョージ・ビッグス氏によると、「正常進化というのはマクラーレンらしくない。飛躍的進化を遂げなければならない。そのキーワードは、"Raise Your Limit."、"限界を引き上げろ"です」とのこと。 ミドシップに搭載されたV8ツインターボ・エンジンは、2009年に発表された「MP4-12C」以降これまでマクラーレンのほぼ全てのモデルで使われてきた3.8リッター「M838T」型に代わり、4.0リッターの「M840T」型が新たに採用された。その車名が表すと...

  • Official: 【ビデオ】アルピーヌ、新型市販スポーツカー「A110」を初公開! スペックや価格も明らかに
    2017年03月08日 05時00分

    フランスの伝説的なスポーツカー・メーカー、アルピーヌがついに量産モデルの市場に復帰を果たした。1970年代にラリーで大活躍した偉大な名車の名前をそのまま受け継ぐ新型「A110」が、7日に開幕したジュネーブ・モーターショーで公開されたのだ。 全長4,178mm × 全幅1,798mm × 全高1252mmという(現代の基準では)コンパクトな車体は、アルミニウム製のプラットフォームとボディを接着、リベット、溶接で結合した、高剛性かつ軽量な構造になっているという。気になるその重量は、オプション抜きの乾燥重量で1,080kg(車両重量は1,103kg)。重量配分は前44:後56となっている。重心は非常に低く、中央寄りに設計されており、かつてのアルピーヌが評価を得た時と同様、特に曲がりくねった峠道で俊敏性を発揮するという。ホイールベースは2,419mm。エンジンは後輪車軸前方に、燃料タンクは前輪車軸後方に置かれるため、ドライバーはクルマとの一体感が味わえるそうだ。 ドライバーの背後にミドシップ・マウントされる1.8リッター直列4気筒...

  • Teased: 4ドアの「メルセデスAMG GT」がジュネーブ・モーターショーに登場
    2017年03月05日 12時00分

    メルセデス・ベンツの高性能車ブランド、メルセデスAMGは、3月7日に開幕するジュネーブ・モーターショーで発表を予定している新たなコンセプト・モデルのデザイン画を公開した。...

  • Official: スマート、2つのスペシャル・モデルをジュネーブ・モーターショーで発表
    2017年03月04日 18時30分

    スマートは今月7日に開幕するジュネーブ・モーターショーで、2つのスペシャル・モデルを公開すると発表した。 1つ目は2人乗りの「スマート フォーツー」を、メルセデスのチューナーとして知られるブラバスが手掛けた限定モデルの第2弾となる「スマート フォーツー カブリオ ブラバス エディション #2」。クール・シルバーでペイントされたボディに、真っ赤なソフトトップとインテリアの組み合わせが特徴だ。 シートはハニカムのキルティングが施された革張りで、ダッシュボード、ドアバネル、ステアリング・ホイールも同じルビー・レッドで統一される。16インチの「ブラバス モノブロック VIII」ホイールはマット・グレイで表面が光沢仕上げ。前185/50R16、後205/45R16サイズのタイヤを装着する。スポーツ・サスペンションが装備されているため、車高は通常のスマートより10mm下げられている。Aピラーの下とフロアマットにはブラバスのロゴ入り。ただし、0.9リッター直列3気筒エンジンは、日本にも2016年12月に導入されたスマート ブラバスとは異なり、通常のスマート ターボと同じ最...

  • Featured: ポルシェ ジャパン、第2世代に進化した新型「パナメーラ」を公開
    2017年03月02日 19時30分

    ポルシェ ジャパンは2月28日、第2世代となる新型「パナメーラ」を日本で公開。ドイツのポルシェ本社からDr. シュテファン・ウチが来日し、プロダクト説明を行った。 2009年に初代が登場したパナメーラは、前後座席用の4ドア+ハッチゲートを備えたポルシェの大型セダン...というより、同社では"グランツーリスモ"、あるいは「4ドアのスポーツカー」と称している。2016年6月にベルリンで発表された2代目モデルは、ポルシェのDr. ウチによれば「先代から引き継いだものは、4ドアのスポーツカーというコンセプト、車名、そしてエンブレムの3つだけ」だという。 4ドアのクーペらしさが強まったボディは、リアのサイド・ウィンドウが先代では後部ドアに設けられていたのに対し、新型ではボディ側に移された。なだらかに傾斜したルーフの後端は先代より20mm低くなったというが、車内のヘッドルームは減っていないとDr. ウチは言う。ホイールベースは30mm延長され、前輪をより前方に配置。同時にオーバーハングは前側が切り詰められ、後部は伸ばされたという。また、フロント・フェンダーが明確にボンネ...

  • Official: アルピーヌ、新型スポーツカーの量産モデルと車名をついに公開!
    2017年03月01日 10時00分

    アルピーヌは2月28日、来週に開幕を控えたジュネーブ・モーターショーに先駈け、新型スポーツカーの量産仕様となる車両の画像とその車名を初公開した。...

読み込み中

Loading