Goro Okazaki

  • First Drive: 【試乗記】ジャガー、F-PACEは究極のオールラウンダー:岡崎五朗
    2016年08月14日 17時00分

     こいつはそうとう魅力的なSUVだな。もしかしたら、今いちばん魅力的かも。いや、絶対にそうだ。ジャガー初のSUVであるF-PACEに乗って、お世辞抜きでそう思った。  どこがそんなに魅力的なのか。それについては後々語っていくとして、まずはアウトラインから紹介していこう。  F-PACEはジャガー初のSUV。4輪駆動システムと215mmという余裕の地上高は、あらゆる天候や路面状況に対し常にタフな走破性を発揮する。広い後席と荷室を備えているのもメリットだ。いやその、SUVなら広い後席と荷室なんて当たり前だよ・・・と思うだろう。その通り。したがってF-PACEのキモは、SUVでありながらジャガーの走り、それもリアルスポーツであるF-TYPEの走りのエッセンスを注入したとメーカーが謳う高いスポーツ性にある。もしそれが現実なら、F-PACEはとてつもなく実用的なリアルスポーツということになるわけで、「走り」の評価なくしてF-PACEの評価は成り立たない。  事実、ジャガーはF-PACEを開発するにあたって、当時もっとも走りのいいSUVを開発目標に設定したという。具体的...

  • First Drive: 【新春企画】4W×3W×2W 北米車一気乗り!LINCOLN NAVIGATOR:岡崎五朗
    2016年01月09日 16時00分

     リンカーンといえば、キャデラックと並びたつ北米プレミアムブランド。ナビゲーターといえばそのリンカーンのフラッグシップモデル。  5mを超える長さ、2mを超える幅、2.7トンもの重量、豊富な装備を誇る豪華絢爛なフルサイズSUVである。大きいこと、強いことが正義であると信じて疑わないアメリカ人にとって、威風堂々とした巨体に大排気量V8エンジンを搭載したこの種のクルマはいつだって憧れの対象だ。  そのナビゲーターが、ついにダウンサイジングの波に飲み込まれた。エンジンを従来の5.4L V8から3.5L V6ターボへと積み替えてきたのだ。最高出力は304psから385psに、最大トルクは495Nmから624Nmへと向上したものの、ダウンサイジングエンジンがナビゲーターの個性にどんな影響を与えたのかは実に興味深いテーマである。  結論から言うと、ナビゲーターはやはりナビゲーターだった。加速するときも、減速するときも、曲がるときも、常に巨大な慣性力を感じる。キビキビ感という言葉とは対照的な、ゆったり、どっしりした乗り味は、まさに大船に乗った気分。とくに、可変ダンパー...

  • First Drive: 【試乗記】フォルクスワーゲン「e-up!」、回答は「すべてにおいてちょうどいい」:岡崎五朗
    2015年03月10日 19時15分

    もしEVを買うならどのモデルを選びますか? そんな風に聞かれたら、僕はe-up!と答える。ほとんど迷わずに。 それぐらい、e-up!の魅力度は高い。 いや、本音を言えばテスラのモデルSが一番欲しいんですよ。でも1000万円となるとなかなか・・・ね。その点、e-up!の価格は366万円。補助金を使えば300万円を切る。 それでも、ガソリンエンジンを積んだup!と比べればざっと100万円は高い。100万円あったら家族で豪勢な海外旅行にだって行けるし、何十回も高級レストランに行けるし、ブランドものの時計だってハーレーだって買えちゃう。にも関わらず、カタログ値(JC08モード)で185㎞、走り方にもよるが実用的には120㎞程度の航続距離しかないクルマをわざわざ買うというのは、冷静になって考えればかなり酔狂なことである。 でも、冷静になれないのがクルマの面白さでもあるわけで。エンジンを搭載せず、電気の力だけで走るEVには、大排気量のV8とかV12エンジンとはまた違った意味での、真新しい面白さがある。エンジンの音がしないとか、排気ガスが出ないとか、ガソリンスタンドに...

  • Report: 【試乗記】COTY 2014-2015インポート・カー・オブ・ザ・イヤー受賞 メルセデス・ベンツ C-class
    2014年11月24日 19時00分

    先日、2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤーのインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを獲得したメルセデス・ベンツCクラス。インポート・カー・オブ・ザ・イヤーとは、その年に発売された輸入車のなかでもっとも評価が高かったクルマに贈られる賞だ。大接戦の末、カーオブザイヤーの本賞こそデミオにもっていかれたけれど、点差はわずか。一歩間違えればイヤーカーになっていた可能性だってあった。僕自身、最高点の10点はデミオに与えたが、Cクラスにも9点を付けた。これはもう、どちらも甲乙付けがたいという意味の配点である。 ここで皆さんにお伝えたしたいのは、どうしてCクラスの評価がそこまで評価が高いのかということだ。メルセデス・ベンツなんてまるで縁遠いクルマだと思っている人も少なくないだろう。もっとも安いグレードで419万円もするのだから無理もない。高いんだからよくて当たり前、という考えだって正論だ。では、ここで59人の選考委員による選考結果(http://www.jcoty.org/result/)をみて欲しい。スバル・レヴォーグや日産スカイライン、リストには入っていないが今年発売されたBMW...

  • Report: 【試乗記】ガンガン使い倒す人に向けたコンパクトSUV Ford『ECOSPORT』岡崎五朗の評価は!
    2014年09月29日 08時00分

     フォード製SUVのなかでもっともコンパクトなモデルがエコスポーツだ。古くはブロンコ、最近ではエクスプローラーやクーガなど、SUV作りを得意とするフォードの伝統とノウハウを注ぎ込んだモデル、と彼らは胸を張る。なのに駆動方式はFFだけだったりするのが微笑ましいのだが、実はそこも、SUVを知り尽くしたフォードならではの部分なのかもしれない。このあたりはのちほどじっくりと考えてみることにしよう。...

読み込み中

Loading