Autoblog Japan Staff

  • Official: 新型シボレー「カマロ ZL1」、30年前のフェラーリ「F40」に匹敵する最高速度を記録
    2017年02月24日 10時00分

    シボレーの新型「カマロ ZL1」が、これまでゼネラルモーターズ(GM)の工場から送り出された「カマロ」の中で最速のクルマになることは既に周知の通りだが、198mph(318km/h)という最高速度は世界中の名高いスポーツカーと比べても決して引けを取らない。この数値は先日、ドイツ・パーペンブルクにあるATP(Automotive Testing Papenburg)の全長7.6マイル(12.3km)の高速オーバルトラックで記録されたもの。同じ最高出力650hpの6.2リッターV8スーパーチャージャー付エンジンを搭載する現行型のシボレー「コルベット Z06」さえも凌ぐ速さだ。 ...

  • Official: ルノー、青い海をイメージした日本限定車「ルノー カングー クルール」を3月2日発売
    2017年02月23日 20時30分

     ルノー・ジャポン (所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:大極 司)は、 南フランスの地中海に面した港町マルセイユから見渡す、多くの芸術家をも魅了した青い海をイメージした限定車「ルノー カングー クルール」を、3月2日から販売する。  ルノー カングーは、広い室内空間と高い機能性から、欧州では LUDOSPACE(遊びの空間)と呼ばれて親しまれている。随所に散りばめられた遊び心のあるデザインや、機能的で使い勝手に優れたユーティリティー、広くて高い開放的な室内空間、大容量のラゲッジ スペースなど、ルノー カングーにはたくさんの工夫が凝らされている。  フランス語で色を意味する「クルール」を車名に持つルノー カングー クルールは、 ルノー カングーを日本オリジナルのボディカラーで彩った限定車。第6弾となる今回は、温暖な気候と豊かな食文化、そして多くの芸術家を魅了してきたフランスでもっとも有名な港町マルセイユから見渡す、青く広がる地中海の色をイメージした。  「ルノー カングー クルール」のベースグレー...

  • Official: マセラティ、ディーゼルエンジンを搭載した「マセラティ レヴァンテ ディーゼル」を3月に発売
    2017年02月23日 17時00分

     マセラティ ジャパン (代表取締役:グイド ジョバネッリ、本社:東京都港区)は、昨年発売を開始したマセラティ初のSUVレヴァンテにディーゼルエンジンを搭載した「マセラティ レヴァンテ ディーゼル」(右ハンドル)を発売する。マセラティは、ディーゼルモデルを2013年にヨーロッパで発表、日本では 2016年3月に「マセラティ ギブリ ディーゼル」を導入し、ディーゼルエンジンならではの環境性能を実現するディーゼルエンジンとして高く評価されている。  最新のディーゼルエンジンを搭載した「マセラティ レヴァンテ ディーゼル」は、マセラティ伝統のエグゾーストサウンドの魅力をさらに高め、CO2 排出量の低減と燃費経済性、スポーツ性能を実現した。 <Photo:マセラティ レヴァンテ ガソリン>  マセラティ レヴァンテは、マセラティ初のSUVとして 2016年10月よりデリバリーを開始し、2017年マセラティの日本市場における販売を大きく牽引する役割を担っている。  レウ...

  • Official: BMW Motorrad、新型「BMW R nineT」発表し、2月24日より販売開始
    2017年02月23日 15時30分

    ビー・エム・ダブリュー(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、BMW Motorradのヘリテイジセグメントの主力モデルである「BMW R nineT」2017年モデルの販売を開始すると発表した。 BMW R nineTは、BMW Motorrad 90年以上の歴史を凝縮したモデルであり、伝統的な水平対向2気筒エンジンを搭載したヘリテイジセグメントの主力モデル。 新型 R nineTは、スプリングプリロード、コンプレッション、リバウンドが調整可能なアジャスタブル倒立フォークを採用。さらにステアリングヘッドアングルを64.5°から63.2°へ変更し走行性が、グリップヒーターを標準装備し快適性が向上した。 BMW R nineT の希望小売価格(消費税込み)は、1,985,000円。 ...

  • Official: MINI、プレミアム・コンパクト・セグメントSAV「新型MINIクロスオーバー」発表
    2017年02月23日 14時30分

     ビー・エム・ダブリュー(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、MINI初となるプレミアム・コンパクト・セグメントSAV「新型MINIクロスオーバー」を、販売開始すると発表した。納車開始は、本年3月2日のミニの日を予定。  今回のフルモデル・チェンジは、デザインの刷新、質感をいっそう向上させた素材の採用、このセグメントに相応しいインテリア・スペースの拡大、機能性の向上により、MINI初のプレミアム・コンパクトSAVとして生まれ変わっている。  MINIクロスオーバーは、2011年にMINIの4番目のモデルとして、それまでのMINIモデル・ラインアップからは一線を画すSAVモデルとして誕生した。その後、2014年には一部改良を加えると共にラインアップの見直しを行ない、当時においてはMINI初となるクリーン・ディーゼル・エンジン搭載車をラインアップに加えた。  エクステリアは、MINIらしいデザイン・エレメントを採用し、特徴的なショルダーラインのデザインやヘッドライトのスクエアなデザイン等により、力強さを表現した。先代モデルと比べ、全長を...

  • Official: ロータス、ある顧客がジェームズ・ボンドの初代「エスプリ」のイメージでオーダーした「エヴォーラ」を公開
    2017年02月23日 10時00分

    1人のエンスージアストがロータスにとてもクールな装いの「エヴォーラ」を注文した。ジェームズ・ボンドの映画『007/私を愛したスパイ』に登場した初代「エスプリ」のイメージを、最新の「エヴォーラ 410」に投影させたのだ。これは自分好みの塗装やグラフィックス、ボディワーク、インテリアでクルマをカスタマイズできる「ロータス・エクスクルーシブ」プログラムを通して、ある顧客がオーダーしたワンオフ・モデルである。...

  • Official: 「Fiat 500X Safety Package」限定150台発売
    2017年02月22日 22時00分

     FCAジャパン(本社:東京都港区、社長:ポンタス ヘグストロム)は、フィアット・ブランドのスモールSUV「フィアット500X」の限定車「フィアット500Xセーフティパッケージ」を計150台、3月4日より販売開始する。  フィアット500Xセーフティパッケージの特徴は、ベースモデルでは搭載されていない安全装備を全て(フィアット500Xで設定のもの)搭載。前面衝突警報、車線逸脱警報、ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション、リアパーキングカメラ、アダプティブクルーズコントロール、計5つの安全装備を備え、ベースモデルより108,000円高とした。アダプティブクルーズコントロールは上級モデルにも非設定の装備。上位グレードに標準設定されているバイキセノンヘッドライトおよび18インチのアロイホイールも採用している。  フィアット500Xセーフティパッケージの販売台数は、ブルーアバター 100台、レッドヒュプノティック 50台、希望小売価格(消費税込み)2,970,000円。 ...

  • Official: ヤマハ発動機、先行デザイン研究拠点「ヤマハモーター イノベーションセンター」の落成式を実施
    2017年02月22日 21時00分

     ヤマハ発動機は、グループにおけるデザイン司令塔として、製品デザイン開発と新たなイノベーションを生み出す先行デザイン研究拠点「ヤマハモーター イノベーションセンター」の落成式を22日実施した。  「ヤマハモーター イノベーションセンター」は、2016年12月に竣工、5階建て、延床面積8,634平方メートルの建屋で、オープンイノベーションを推進する開放的な空間レイアウトを採用、開発面では、原寸モデルを用いたリアルなデザインとデジタルを活用したバーチャルなデザインを可能にするインフラとソフトを整備している。  施設は、さまざまなデザイン創作に対応する広いクレイ(粘土による造形デザイン)ルームやターンテーブル2基を配した屋内プレゼンテーションルーム、自然光の下でデザイン評価を行う屋外プレゼンテーションスペース、バーチャルデザインを可能にするデジタル設備など、最新のデザイン環境を備えた。 ...

  • Official: トヨタとシェルが共同で水素ステーションを建設
    2017年02月22日 20時00分

     トヨタとシェルは、燃料電池自動車の普及に向け、米国カリフォルニア州における水素ステーション網の拡充で協力する。現地2月17日、カリフォルニアエネルギー委員会(California Energy Commission)が、補助金交付先提案書(NOPA)を公表。シェルは既存ガソリンスタンド7か所への水素充填設備導入を進め、カリフォルニア州エネルギー委員会は、州が現在の25か所から2024年までに100の水素ステーションの目標に達するのを助けるため、合計16,362,500米ドルの補助金が正式承認に向け提案された。今回のNOPAは、低炭素燃料・技術の更なる普及に向けた同州での様々な取り組みにおける、重要な一歩となる。トヨタは今回の協力において、当該水素充填設備の運営に対し資金面での支援を行う。  北米トヨタの先進技術車担当シニアマネジャー クレイグ・スコットは「FCVが主流のクルマとして普及するには、信頼性・利便性の高い水素充填設備をアクセスの良い場所に整えることが重要である。シェルとの協力により、同州の水素ステーション整備の取り組みにおいて、エネルギー会社の専門性や経営資...

  • Official: ランドローバー、RANGE ROVERファミリーに追加する新型モデル「RANGE ROVER VELAR」の画像を公開
    2017年02月22日 19時00分

    ランドローバーは、RANGE ROVERファミリーに新たに追加する新型モデルの名称と画像を公開した。新型モデルの名称は「RANGE ROVER VELAR(レンジローバー・ヴェラール)」で、3月1日に行われるワールドプレミアで詳細を発表予定している。  新型「RANGE ROVER VELAR」は、エレガントでありながらシンプルなデザイン、視覚的に無駄のないすっきりとしたアプローチ、利便性を高める革新的なテクノロジーが特徴。  ラグジュアリーSUVの歴史は、ランドローバーが初代「RANGE ROVER」を発表した1970年から始まり、それから約半世紀が経過した今もなお衰えないイノベーション精神が、RANGE ROVERファミリーにとって4番目となるモデルの誕生へとつながった。  ランドローバーのチーフ・デザイン・オフィサー ジェリー・マクガバンは、「当社では、『VELAR』を前衛的(アバンギャルド)な『RANGE ROVER』と位置付けています。なぜならば、Glamour(魅惑)、Modernity(近代的)、Elegance(優雅さ)という新しい要素を、RANG...

読み込み中

Loading