auto shows beijing motor show 北京モーターショー 関連ニュース - Autoblog 日本版

北京モーターショー

  • Report: 突撃!【北京オートチャイナ2016】大胆予測! この国は顔がド派手なSUV超大国になるッッ!?:小沢コージ
    2016年08月05日 18時00分

     昔、中国と言えば自転車でした。オシャレなスポーツサイクルでもないなんでもないチャリンコが何百台と雑然と太い国道を駆け抜けていく...そんな国でした。しかし小沢はここに断言しましょう。今後何年かすれば、この国はSUV超大国になる! それも異様に目ヂカラがこもった独特"デカ顔SUV超大国"になる!! と。  当てずっぽじゃありません。2年に1回行われる中国首都モータショー、つまり今年の北京オートチャイナ2016で私は確信したんです。あまりの専用SUVの多さにビックリ! この国の自動車デザインはますますオリジナル化すると。  実際、貴方、去年2015年に中国でクルマが何台売れたか知ってます? 中国汽車工業協会の発表によると通年で2459.76万台、つまり2460万台ですよ。コレはかつての自動車大国北米の年間1700万台を越え、日本の500万台を合わせても追いつかない数字。つまりブッチギリの世界一なんです。  それがどういう自体を招くかというとアイテムの専用化です。中身はさほど変えなくていいから"専用デザイン化"と言ってもいい。要するに先日不調に陥った三菱自動車でさえ、年間100万台で一応会社が回っていたわけだから、2460万台となると中国専用デザインだけでもオツリがくる。もっとかみ砕くと1モデル年間20万台も売れれば大ヒットと言われるわけだから、本当に「中国&外国人の、中国&外国人による、中国人のためのクルマ」がドンドン現地を出回ることになる。これは物凄いことなわけですよ。  各論行きましょう。この「俺さ、中国専用のカッコいいSUV欲しいずら〜」の声に、最近応えまくってる我が日本ブランド。まず今年はこれまでヨーロッパ大好き、ドイツ車大好きを公言していたマツダ。初のセクシー系ミッドサイズSUV、CX-4を今回北京でワールドプレミア。  デザインコンセプトの「超KOERU」はドイツで発表したけど実売は中国。しかも発売は世界で一番早く、その上いきなり本気の現地生産。不器用なマツダさんも随分、世界の流れを機敏に見るようになりました。  お次は最近インドやアセアンで波に乗るホンダ。こちらも一昨年あたりから新型専用コンセプトを中国ショーで連発させてましたけど、いよいよ現実化。それも2ブランド攻撃してまして、ホンダブラン...

  • Official: 新型SUV「ヴェヌーシア T90」が、東風日産より登場!!
    2016年05月09日 12時00分

    日産は、中国の東風日産で展開しているヴェヌーシア・ブランドから新型SUV「T90」を、北京モーターショーで発表した。 T90は、昨年の上海モーターショーで同社が披露したコンセプトカー「VOW」をベースに開発した新型SUVだ。 実用的で広々とした室内空間や力強い動力性能、多機能性に加え、スポーティで洗練されたスタイリッシュな外観、そして高いコネクテッド技術を兼ね備えているという。 東風日産の周先鵬副総経理は、「今回披露したT90は、ヴェヌーシアが、よりイノベーティブで魅力あふれるブランドとして発展していくための重要なマイルストーンとなる商品。東風日産は今後もお客さまがワクワクする高品質な商品をヴェヌーシアブランドからお届けしていきます」とコメントしている。...

  • Official: 走りも期待できそう!! 1.5Lターボに8速DCT搭載のアキュラ「CDX」初公開!!
    2016年05月09日 08時00分

    ホンダは、北京モーターショー2016で、アキュラ・ブランドから新型コンパクトSUVの「CDX」を世界初公開した。 アキュラ初の中国生産モデルとなるCDXは、中国市場をメインターゲットとしたコンパクトSUVモデルだ。 現在アキュラ・ブランドのSUVでは、上から「MDX」、「RDX」があり、CDXは最も小さなエントリーSUVの位置づけとなる。 CDXは、アキュラのデザインテーマである「Acura Precision Concept」を核とした、エモーショナルでシャープなスタイリングや走行性能・環境性能といった革新的技術、そしてSUVの高いユーティリティーを高次元で融合しているとのことだ。 ...

  • Official: ケーニグセグの関連会社が開発したカムレス・エンジン技術、中国車に搭載されて北京モーターショーで公開
    2016年05月03日 15時00分

    スウェーデンのスーパーカー・メーカーであるケーニグセグの関連会社であり、効率的な内燃機関の研究開発を進めるFreeValve AB(フリーバルブAB)は、自社開発のカムレス・エンジン技術を搭載するに相応しいクルマを見つけ、その試作車を北京モーターショーで公開した。 ...

  • Green: シトロエン、「Cエリーゼ」がベースの中国市場向け新型電気自動車「Eエリーゼ」を公開
    2016年05月02日 09時00分

    現在開催中の北京モーターショーでシトロエンからデビューしたのは、新型「C6」だけではない。シトロエンとその中国市場でのパートナー、東風汽車(ドンフェン)は、「Cエリーゼ」をベースとした新型電気自動車(EV)を発表した。シトロエン「Eエリーゼ」と命名されたこの新型EVセダンは、2017年に中国市場で発売予定だ。...

  • Official: 最高出力は109馬力! 新型「スマート」のブラバス仕様が登場
    2016年04月30日 08時00分

    パフォーマンスとは相対的に評価されるものだ。ブラバスによってチューニングされたこの新型「スマート」が好例となる。たったの109psしかないと聞くと、ハイウェイでは他のクルマに追いつけないという印象だろう。しかし、このとても小さなクルマの場合、少しのパワーアップで全てが大きく変わるのだ。...

  • Official: シボレー、映画『トロン:レガシー』をテーマにした「クルーズ」のカスタムカーを北京モーターショーで披露!
    2016年04月28日 20時00分

    シボレーは、映画『トロン:レガシー』をテーマにユニークな外観で仕上げた「クルーズ」を、現在開催中の北京モーターショーで披露した。この手のドレスアップを見るのは初めてではないが、アフターマーケットではなく実際に自動車メーカーによって製作された例はあまりないだろう。その出来栄えは、同映画に登場する乗り物のデザインを手掛けたダニエル・サイモン氏自身によってデザインされたかのように、非常に説得力を感じさせるものだ。...

  • Official: アウディ、400馬力の新型「TT RS」を発表
    2016年04月28日 19時00分

    アウディ「TT」が中身よりもスタイル重視のクルマだと思われていたとしたら、新型「TT RS」はその固定概念を払拭するだろう。現在開催中の北京モーターショーで同時発表されたそのクーペとコンバーチブルは、いずれも最高出力400psを誇る。昔を知るフォルクスワーゲンやアウディのファンにとって、現在購入できる唯一の5気筒エンジン搭載モデルだ。...

  • Official: ポルシェ、4気筒ターボ・エンジンを搭載した新型「718ケイマン」の予約受注を日本でも開始
    2016年04月28日 12時00分

    ポルシェが新型「718ボクスター」を発表したとき、「ケイマン」に同じような新型が登場するのも時間の問題だろうと思われた。そしてついにその時がやって来た。ケイマンはボクスターにルーフを付けたクーペ版で、現在はどちらも同じ「718」というナンバーが付けられている。新型「718ケイマン」が従来型から最も大きく変わった点は、ターボチャージャー付きのエンジンだ。旧型に搭載されていた2.7リッターと3.4リッターの自然吸気水平対向6気筒エンジンに替わり、新型では水平対向4気筒ターボ・エンジンを採用する2つのモデルが発表された。最新のボクスターと同様に、ベーシック・モデルの718ケイマンは最高出力300psの2.0リッターエンジン、上位モデル「718ケイマンS」は最高出力350psの2.5リッター・エンジンを搭載する。...

  • Video: 【ビデオ】アウディ、「Q3」の後部バンパーに電動ロングボードを格納したコンセプトカーを発表
    2016年04月28日 11時00分

    クルマにまつわる様々なニュースを短い映像と共にお届けする「Autoblog Minute」から、今回は現在開催中の北京モーターショー 2016で公開された、アウディの「コネクテッド・モビリティ・コンセプト」をご紹介しよう。このコンセプトカー、なんとリアバンパーに電動ロングボードが格納されているのだ。...

読み込み中

Loading