【シカゴオートショー2018】ストライプからエキゾーストまで! ダッジ「デュランゴ」のR/TとSRT用純正パフォーマンス・パーツが発売
Related Gallery:Dodge Durango SRT with Mopar Performance Parts: Chicago 2018

フィアットクライスラーは、ダッジの「デュランゴ R/T」および「デュランゴ SRT」用にメーカー純正パフォーマンス・パーツとして発売するデュアルセンター・ストライプやモパー製エキゾースト・システムを、現在開催中のシカゴ・オートショーで発表した。最高出力475hpの6.4リッター「ヘミ」V8エンジンを搭載するSRTモデルには、ロワリング・スプリング・キットとカーボンファイバー製インストゥルメント・パネルも用意する。


Related Gallery:2018 Dodge Durango R/T, SRT Mopar performance options

この3列シートSUVのフロントからリアまで覆うダッジお馴染みのデュアル・ストライプには、特徴的なNACAダクト形状のフード・スクープが組み合わされる。ストライプの色はブライトブルー、フレームレッド、ガンメタルローグロス(メタリック)、ローグロスブラック、スターリングシルバー(メタリック)の5種類で、価格は1,195ドル(約13万円)。3月から販売開始となる。


モパーのボルトオン式パフォーマンス・エキゾースト・システムは、ダッジ SRT部門のエンジニアやデザイナーと共同で開発された。排気の流れが改善され、例の甘美なサウンドを引き出す。オーステナイト系ステンレスSUS304を採用するため耐腐食性に優れ、ステンレス製バンド式クランプや溶接されたポリッシュ仕上げの直径4インチ(102mm)のテールパイプで構成されている。価格はデュランゴ R/T用が1,595ドル(約17万円)で発売済み。SRT用はそれより高い1,850ドル(約20万円)で今年の第2四半期から販売される。

デュランゴ SRT用のモパー製スプリング・キットは、車高を平均15mm下げることで高速コーナリング時の姿勢と安定性を向上させる。こちらもダッジ SRT部門との共同開発で、アフターマーケットには提供されていない同部門独自のデータを基に、純正ダンパーに合わせてロワリング・スプリングを調整したという。加速時のスクワットやブレーキング時のノーズダイブ、コーナリング時のボディロールを低減する。価格は325ドル(約3万5,000円)で3月に発売となる。

「インテリア・アピアランス・グループ」パッケージは、本物のカーボンファイバーを使用したインストゥルメント・パネルとドア・ベゼル、ソフトタッチのダイナミカ素材ヘッドライナー、アクセント塗装が施されたスピーカーのトリムリングが追加される。価格は2,495ドル(約27万円)で2月からオーダー可能だ。




By SVEN GUSTAFSON
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Dodge Durango SRT with Mopar Performance Parts: Chicago 2018

Related Gallery:2018 Dodge Durango R/T, SRT Mopar performance options