【大阪オートメッセ2018】市販化なるか!? フォルクスワーゲンがレーシングスタイルの「パサート」を出展!!
Related Gallery:OAM2018 VW Passart

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、オートメッセ2018に「パサート」をレーシングスタイルに仕上げたカスタマイズモデルの「パサート R-Line Evolution」を出展した。

このモデルは、東京オートサロン2018へ向けて開発されたコンセプトモデルで、オートサロンに続いて大阪でも一般公開された。


ドイツ本国のレーシングカーを日本へ輸入して展示しているように見えるが、実はこれは、日本でパサートのプロモーションのためにレーシングカーのようなスタイルに仕上げたデモカーなのだ。

各パーツが本物のレーシングカーのように仕上げられており、ジェントルなパサートがレーシーなイメージにガラリとチェンジされている。


装着されているパーツは市販の物もあるが、画像のオーバーフェンダーのように新たに製作されたものが多い。

通常、エアロパーツは、FRPで作られることが多い。しかし、今回はABSの削り出しで作られているとのことだ。削り出しで作られたパーツは、ボディに高い精度でフィットしているため、一般的には隙間は両面テープ等で固定する必要があるが、今回は受け具で固定するのみでボディとの接点は接着がなされていない。全体的なクオリティの高さは、この高い精度からも感じられるのだろう。

ちなみに、FRPではなくABSの削り出しにした理由は、オートサロンへ向けて数か月で仕上げる必要があったためとのこと。オートサロンでの説明では今回のデモカーは市販への展開予定はなくパサートのプロモーションのためのコンセプトモデルとのことであったので、ワンオフで仕上げる前提でABSが採用された面もあったのだろう。

なお、オートメッセの会場で担当者に"パサートは高級車路線で、レーシー路線は「ゴルフ」系の人が望むのでは?"と伺ったところ、既にパサートのオーナーの中からこのクルマに興味を持っている人がいて、今後の反響次第では、パーツ開発もあり得るとのことであった。

フォルクスワーゲンのラインナップには新たに最上級モデルの「アルテオン」も登場し、グループ企業にはアウディもあり、アッパーセダンとしてのパサートの存在感が薄れつつある。今後の方向性としてこのデモカーのようにレーシングテイストにプロモーションの舵が切られるのか注目だ。


■関連サイト
フォルクスワーゲン 公式サイト
http://volkswagen.co.jp/


Related Gallery:OAM2018 VW Passart