【ビデオ】18歳の少年が自力で1980年型トヨタ「セリカ」を電気自動車に改造! 航続距離は200km以上!
Related Gallery:Adam Lansing and his electric Celica

クルマや乗り物関連のニュースを1分程度の動画でご紹介する『Autoblog Minute』から、今回は18歳の少年が1980年型トヨタ「セリカ」を自力で電気自動車に改造したという話題をご紹介しよう。

米国テキサス州に住むアダム・ランシング君は12歳の時、兄が両親にガソリン代をせびっているのを見て、あんなことはしたくないと思った。そして動画投稿サイトで1972年型ダットサンをパワフルなEVドラッグスターに改造した男性の映像を見て触発されたという。

アダム君が改造の話をしていたのを友人の父親が聞きつけ、自宅に長年放置してあったエンジンのない1980年型トヨタ「セリカ」を提供。それからアダム君は2年を掛けて改造に必要なパーツを集めていった。


作業開始から4年、ついにアダム君は自力でセリカの電気自動車を完成させた。その間には1日に20時間も作業に取り組む日もあったという。16歳の時、初めてセリカを走らせた日は、友達とボーリングに行った帰り道で止まってしまったそうだ。改造すること実に52回。特に昨年はCore IVとPlasma Boy Racingという会社がスポンサーとなり、30kWhのリン酸鉄リチウムイオン電池を提供してくれたので、航続距離130マイル(約209km)を実現した。最初の航続距離は12マイル(約19.3km)に過ぎなかったのだ。

そして今や彼は、ガソリン車を電気自動車に改造するホークアイ・イノベーションズ LLCという会社を設立するまでに至っている。

さて、貴方ならどのクルマを電気自動車に改造したいと思うだろうか?



By Autoblog Staff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ】蘇った1980年製トヨタ「RA40セリカ」のテスト風景

Related Gallery:Adam Lansing and his electric Celica