これで砂塵も渡河も洪水も恐くない! トヨタが「タコマ TRDプロ」にシュノーケルを装備!
トヨタが最近公開した「タコマ TRDプロ」のティーザー画像は、粉塵に覆われていてクルマの姿がよく見えないものの、少なくとも新たな装備が追加されることを仄めかしている。インテーク・シュノーケルだ。

ご存じない方のために説明すると、オフロードではインテーク・シュノーケルによっていくつかの利点がもたらされる。クルマで川を渡る際にインテークから水が入るのを防ぐことができるし、また、砂埃を上げて砂漠を疾走する時には、インテークから取り込む空気に混じる砂塵の量を減らすことができる。トヨタがどういう意図でシュノーケルを装備することにしたのか、正確な理由は分からないが、オフロード走行をする人にとって便利な装備であることは間違いない。今のところ、これがタコマ TRDプロに標準装備されるのか、それともオプションとして用意されるのかは不明だ。

エクステリアにそれ以外の変更点は特に見られない。ライト、グリル、バンパー共に現行モデルと同じに見える。だが、足回りや他の装備がオフロード向けにさらに強化されている可能性はある。シカゴ・オートショーの会場で続報が得られたら、またお伝えしよう。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【シカゴオートショー2016】オフロード性能とタフなイメージを引き上げた、トヨタ「タコマ TRDプロ」

■関連動画