700馬力の直列4気筒エンジンを搭載する、レズヴァニ「ビースト アルファX ブラックバード」が登場!
Related Gallery:Rezvani Beast Alpha X Blackbird

米国カリフォルニア州アーバインの自動車メーカー、レズヴァニ・モーターズから新たな"野獣(ビースト)"が登場した。米空軍の偵察機ロッキード「SR-71ブラックバード」に触発され、「ビースト アルファX ブラックバード」と名付けられたこの特別仕様車は、ロータスエリーゼ」をベースに、カーボンファイバー製ボディにタルガ風トップ、そして「サイドワインダー」ドアを備えるクーペだ。その心臓部に搭載された2.5リッター直列4気筒ターボ・エンジンは、なんと最高出力700hpを発生するという。



ビースト アルファX ブラックバードは、最高出力600hpの「ビースト アルファX」ではオプションとなっている、調整式サスペンション、18インチ・ホイール、APレーシング製ブレーキ、カーボンセラミック製ディスクローターといった数々の装備が既に与えられている。さらにボディに施されたグリーンのハイライトと、もちろん100馬分のパワーも追加された。シート背後に積まれた直列4気筒エンジンはコスワースとの共同開発で、コスワース製ECU、CPキャリロ製鍛造ピストン、コネクティングロッド、カムシャフト、バルブ、スプリングが組み込まれている。トランスミッションは6速マニュアルが標準だが、1万5,000ドル(約164万円)を追加すれば6速シーケンシャルに変更可能だ。車両重量はアルファXより200ポンド(約91kg)重いものの、それでも2,150ポンド(約975kg)しかないから、0-60mph(約96.6km/h)を2.9秒で加速できる。


わずか5台のみが限定生産される予定で、名前の通りボディは全車ともブラックで塗られる。総合格闘家クイントン・"ランペイジ"・ジャクソンがすでに1台予約しているそうだ。22万5,000ドル(約2,460万円)で手に入る車両本体に、オプションをどのくらい追加するかはあなた次第だ。例えば、アルパイン製オーディオ・システムが欲しいなら、2,500ドル(約27万円)の上乗せが必要となる。もし屋根なんか必要ないというのであれば、最高出力700hpの「ビーストX」と比較してもいいかもしれない。ボディは同じくカーボンファイバー製だが、ベース車はロータスではなくアリエル「アトム」。同価格のアルファX ブラックバードよりも車両重量は400ポンド(約181kg)軽く、0-60mph加速は0.2秒速い。お好みに応じて選んでいただきたい。


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Rezvani Beast Alpha X Blackbird


■関連記事
・レズヴァニ・モーターズ、ユニークなドアを持つスーパーカー「ビースト・アルファ」をLAオートショーで発表

・米の新興メーカーRezvani Motorsが、スーパーカー「ビースト」を発表!(ビデオ付)

・レズヴァニ・モーターズ、まるで実物大ホットウィールのようなSUV「タンク」を発表! 価格は約2,000万円

■関連動画