Related Gallery:TAS2018 Premium Double Tweeter System

東京オートサロン2018トヨタ・ブースには、2018年夏に発売予定の高級セダン「クラウン コンセプト」が展示されたが、その中の1台に フェンダーミラーのようなものが装着されていた。

しかし、このパーツは、クルマのフェンダーではなく、ダッシュボードの先端の左右の隅に、ダッシュボードから生えているように設置されているのだ。


車内から見ると、これがフェンダーミラーではないことが分かる。

説明員によると、これは世界初の特許技術が採用された「プレミアムダブルツイーターシステム」と呼ばれるオプショナルパーツとのこと。

左側がホーンツイーター、右側がダイレクトツイーター。この画像は運転席側だが、どうやらダイレクトツイーターが運転手に向いているのに対し、ホーンツイーターが明後日の方向を向いているのがミソらしい。

一般的には、スピーカーの正面、すなわち指向軸を離れると高域が減衰する。ダブルツイーターでは、指向軸を運転席・助手席にそれぞれまっすぐ向けており、高域までフラットかつ、直接音の割合が多い特性となっているため、まじりっけのない輪郭のくっきりとしたサウンドを体験することが出来るとのことだ。

つまり、明後日の方向に向いているように見えるホーンツイーターは、運転席側に設置されているが、助手席用のスピーカーなのだ。

こちらは助手席側。

これまでのスピーカ―では、ステレオ音源を運転席・助手席にて楽しむ場合、左右スピーカーから聴取位置までの距離が異なるという課題があった。

この「プレミアムダブルツイーターシステム」では、運転席の場合、タイムアライメントで近い右スピーカーに遅延をかけることで、左右の音の到達タイミングを合わせることが出来るようになっている。

しかし、そうした場合、運転席では定位の良い音を聞くことが出来るが、助手席では偏った音になってしまう。そこで、運転席と助手席それぞれ同様の遅延をかけることで最適な定位の良い音を聞くことが出来るようになっているのだ。

スキー場の音楽や町内の緊急放送などを聞いていると、タイムラグが大きくやまびこのように同じ音が繰り返されて聞こえることがあるだろう。あまり気が付かないが車内でもわずかにこのような音の到達のズレがおきている。そのズレを解消してくれることで、運転席・助手席共に最適な良い音を聞くことが出来るということなのだ。

もちろん、これらの効果はこのダブルツイーターだけではなく、8ch高機能アンプ、高音質ドアウーハーを合わせた「プレミアムダブルツイーターシステム」としてはじめて実現する効果となっている。

発売時期、設定車種は未定とのことだが、おそらくクラウンが登場する際にはオプション装備として登場すると思われる。

音にこだわりのある読者は、この世界初の「プレミアムダブルツイーターシステム」を一度体験してみる価値がありそうだ。


トヨタ自動車 公式サイト
http://toyota.jp/crown_concept/


Related Gallery:TAS2018 Premium Double Tweeter System


■関連記事
【東京オートサロン2018】トヨタが一番力を入れていたモデルはコレ!? 発売前のカスタマイズモデルが一堂に!!