【ビデオ】メルセデス・ベンツ、発表を間近に控えた新型「Aクラス」をチラ見せ!
メルセデス・ベンツが、発表を間近に控えた新型「Aクラス」のエクステリアをチラ見せした。その全貌は、2月2日にアムステルダムでワールドプレミアが予定されている。


「新型メルセデス・ベンツ Aクラスは2月2日にアムステルダムで世界初公開。続報をお楽しみに!
新型Aクラスの詳細はhttp://mb4.me/AClass2018をご覧ください」

フロンエンドとヘッドライトは、昨年末のLAオートショーでデビューした新型4ドア・クーペ「CLS」との類似が見られる。同時に公開されたティーザー動画では、ハッチバックの輪郭も明らかになっている。新型Aクラスには他に4ドア・セダンも存在し、米国にはそちらのみが導入される見込みだ。自動車メディア『Motor Trend』によれば、新型Aクラスでは「CLA」や「GLA」と同様、第2世代の「MFA」プラットフォームが採用されているという。


Related Gallery:Merceces-Benz A-Class interior

新型Aクラスのインテリアは昨年11月に写真が公開されており、広々としたキャビンには、マッサージ機能や温度調節機能を備えるマルチコントロールシートバックを装備したフロント・シートや、マルチファンクション・ステアリングが写っている。また、同車では新しいマルチメディア・システム「メルセデス・ベンツ・ユーザーエクスペリエンス(MBUX)」も初めて採用される。MBUXには人工知能、拡張現実技術を採用したナビゲーション・ディスプレイ、そして「ヘイ、メルセデス」と呼びかけると起動する音声操作システムが搭載されている。

メルセデスによれば、新型Aクラスは「若々しく活動的な個性を維持しながらも、これまでより成熟し、快適なクルマになっている」という。今週末の正式発表を楽しみに待つことにしよう。



By Sven Gustafson
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
メルセデス・ベンツ、進化した拡張現実や「3単語」ナビゲーションを採用した新型インフォテインメント・システムを公開

■関連動画