モーガンの電動3輪車「EV3」に子供用が登場! カーボン製ボディにハンドステッチのレザー張りインテリア
Related Gallery:Morgan EV3 Junior

モーガン初の市販電気自動車(EV)となるスリーホイーラー「EV3」の量産が今年中に始まる。車両重量500kg未満で0-100km/h加速7秒というEV3は大人が楽しめそうなクルマ(?)であるが、この英国の少量生産車メーカーは、もっと若い年齢層を立派なモーガン・オーナーに育てるべく、「EV3 ジュニア」と呼ばれる子供用3輪EVも発表した。


EV3 ジュニアの外観は、2016年のジュネーブ・モーターショーで発表されたEV3とよく似ている。最高速度は前進、後進とも16km/h、航続距離は約16kmで、バッテリーはわずか4時間でフル充電が可能だ。価格は税別6,662.50ポンド(約103万円)と、パワーホイール(米国の大手玩具メーカー、フィッシャー・プライス社が販売する子供向け電動自動車)よりだいぶ高額だが、手作業で製造されるEV3 ジュニアはカーボンファイバー製ボディにウッドのダッシュボード、ハンドステッチ入りレザーのインテリアを装備。ライトも点灯するし、エナメル仕上げのバッジも付く。ボディ・カラーは標準のレッド、グリーン、アイボリーのほか、「わずかな金額を足すだけで」実車のモーガンと同じ4万色から選ぶことができるという。インテリアはブラックとタンの2色が用意されている。

EV3 ジュニアは、各モーガン・ディーラーやオンライン・ショップ、英国モルバーンリンク工場内のショップで購入できる。


By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Morgan EV3 Junior


■関連記事
モーガン、電動スリーホイーラー「EV3」の量産を2018年に開始

■関連動画