ランドローバー「ディフェンダー」が405馬力のV8エンジンを搭載して復活! ただし150台の限定生産
Related Gallery:Land Rover Defender 90 70th Edition

ランドローバーは創立70周年を素晴らしい形で祝っている。先日は数十年ぶりに発見された最初期の試作車をレストアすると発表。そして今回、既に生産が終了している「ディフェンダー」にパワフルな5.0リッターV8ガソリン・エンジンを搭載し、150台限定で復活させることを明らかにした。


この「ディフェンダー ワークス V8」と呼ばれる70周年記念モデルは、最高出力405psと最大トルク515Nmを発揮する自然吸気V型8気筒エンジンを搭載。これにZF製8速オートマチック・トランスミッションが組み合わされ、0-60mph(約96.6km/h)加速は5.6秒、空力的に不利なボディを最高速度106mph(約170km/h)まで引っ張るという。まさに史上最強最速のディフェンダーだ。


特別なのはパワーとスピードだけではない。ハンドリング向上のためショックアブソーバー、スプリング、アンチロールーバーがアップグレードされ、前後ブレーキも強化。4ピストン・キャリパーがフロント335mm、リア300mmのスリットディスクを挟み込む。


エクステリアには、リアの「70th Edition」と記されたプレートや、ボンネットの切削アルミニウムによるレタリングなど、限定車であることを示す専用バッジが装着される。ドアハンドルとフィラーキャップも切削アルミニウム製。ボディ・カラーは2つのサテン仕上げを含む全8色から選べ、ルーフ、フェンダーフレア、グリル、ヘッドライトベゼルは全てブラックに塗装される。ダイヤモンド切削加工を施した18インチ「Sawtooth」アロイホイールには、265/65R18サイズのオールテレイン・タイヤを履く。


インテリアは、レカロ製スポーツシートをはじめ、ダッシュボード、ドアパネル、ステアリング・ホイールにウィンザーレザーを使用。ランドローバー・クラシック独自のクラシック・インフォテインメント・システムが搭載される。

通常モデルと同様、ディフェンダー ワークス V8には2種類のホイールベースが用意され、2ドアの「90」と4ドアの「110」の合計で150台のみが生産される。英国での販売価格はホイールベース90のモデルでも150,000ポンド(約2,300万円)と高額だから、オプションを追加したり大型の110モデルを選択したりすればさらに値が張るはずだ。しかし、ディフェンダーのファンにとっては、これはランドローバーから贈られたほぼ究極のモデルと言えるだろう。しかし、残念ながら日本市場で販売される予定はないという。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Land Rover Defender 90 70th Edition


■関連記事
ランドローバーのデザイン部門トップ、「ディフェンダー」の次期モデルは「好き嫌いが分かれる」デザインになると発言

■関連動画