Related Gallery:TAS2018 Honda Access

ホンダのアクセサリーを手掛けるホンダアクセスは、東京オートサロン2018に、ハイブリッドクーぺ「CR-Z」の「α・Black Label」をベースにした、「Re:Z(アールイーゼット)」を出展した。

CR-Zは、2017年1月に販売終了となってしまったが、会場ではカスタマイズカーとして復活した。「Re」の意味は、"リラックス・リノベーション・リユース・リバイバル"とのこと。


開発者に話を伺うと、初代ホンダ「Z」の"水中メガネ"と呼ばれた特徴的なリアハッチをどうしてもこのカスタマイズに採り入れたく、こだわって造形を行ったとのこと。

まさに、コンセプトの"eco は燃費だけじゃない。古いものや価値を見つめ直し、自分らしく楽しみながら永く使うこと"を具現化したクーペなのだ。


こだわりの"水中メガネ"はこちら。ベース車両とは全く違う造形となっており、ホンダZの世界感が現代風のデザインにうまくアレンジされている。


リッドは、ガラス部分だけを開けることができ、狭い場所などでの荷物の出し入れを楽にすることが出来るようになっている。


さらに、ベース車両と同じように大きくリアハッチを開けることが出来る。流行りのシューティングブレーク風のデザインを目指したのかと伺ったところ、あくまで"水中メガネ"をうまく収めるために、ベース車両よりもハッチの高さを上げるなどこだわって造形したとのことだ。

「アコードエアロデッキ」や「トゥデイ」などにも通じる、ホンダらしいデザインが魅力的だ。


インテリアもベース車両の面影が感じられないほど、こだわってカスタマイズされている。また、カジュアルでモダンなチェックのシートがデートカーをうまく演出しており、エクステリアと共に新しい世界感を創り上げている。

ベース車両が販売中止のため、中古車のカスタマイズとなるが、市販化の見込みがあるかを担当者に伺うと、これまでも販売終了後の20周年記念に「ビート」専用の純正アクセサリーを発売したこともあるため、中古車向けのカスタマイズアイテムを発売しないということはないとのこと。そうは言っても、Re:Zがこのまますぐに発売されるかというそういうわけではないらしい。


しかし、この 「N lab.」 のプロジェクトは順次市販化へ向けて開発は続けられているとのことだ。現在開発進行中というのがこちらの 「S660」をベースにしたNEO CLASSICだ。

ホンダアクセスの有志の「N lab.」 が手がけるカスタマイズカーが市販化される日が楽しみだ。

■関連記事
【東京オートサロン2016】ホンダであってホンダでない!? 大人気の「S660」のカスタマイズカーが出展!!

【東京オートサロン2017】ホンダであってホンダでない!? ホンダアクセスの有志が作った「S660 ネオクラシック」の進化モデルが登場!!

■関連リンク
ホンダアクセス 公式サイト
http://www.honda.co.jp/ACCESS/