Related Gallery:TAS2018 Vellfire Pick Up

東京オートサロン2018トヨタヴェルファイア」 をカスタマイズしたピックアップが出展されていたのでご紹介しよう。

このヴェルファイアは、日本自動車大学校の学生がカスタマイズした「NATS ヴェルファイア ピックアップ」だ。

先代ヴェルファイアをベースにリフトアップし、さらに後方をトラックの荷台として仕上げている。カンガルーバーがピックアップトラックらしさをうまく演出している点もポイントだ。


インテリアは、レカロのバケットタイプのシートが装着され、2シーターに仕上げられているが、その他は基本的にベース車両のヴェルファイアのままとなっている。

ヴェルファイアの高級感のあるインテリアが意外とピックアップにもなじんでいる点は新たな発見だ。


基本的に、シャーシやボディはヴェルファイアを生かしているが、リアのランプ類などはサバーバンの物を流用し、あおりは手作りで作成したとこのと。

また、元々ヴェルファイアのリアハッチは、車室の後部へ移植され、違和感なく仕上がっている点も素晴らしい。

製作期間は、夏から出展までの短期間で、しかも数人のメンバーで作り上げたとのこと。ちなみに、東京オートサロン2018カスタムカーコンテストのSUV部門で最優秀賞を受賞したというので、今後の活躍が楽しみだ。

アルファード/ヴェルファイア・シリーズのフロントフェイスはオーナー以外の人にとっては威圧的で賛否両論あるが、ピックアップにすると意外とマッチしてしまう点が面白い。

ハイラックスなどの人気も高まっており、ギラギラでVIP的なものの他に、三菱「デリカD:5」のようなRVテイストのバリエーションが純正から登場するのも良さそうだ。


■関連サイト
NATS日本自動車大学校 公式サイト
https://www.nats.ac.jp/


Related Gallery:TAS2018 Vellfire Pick Up


■関連記事
【東京オートサロン2017】トヨタ「ヴェルファイア」をマイクロバスの「コースター」並みの7mにストレッチするとこうなる!!