人生における様々なイベントの中でも、家族が増えたことを機に新車を購入することは、とてもワクワクするものだと断言できる。

米国版Autoblog編集部のスタッフはクルマ好きであると同時に親でもある。子供をファミリーカーに乗せ、チャイルドシートに座らせてきた。ベビーカーを積み、荷室でのおむつ替えや、シートやカーペットに散らかったものを掃除した。そんな我々の評価に基づいて、家族にとって、特にまだチャイルドシートが必要な子供のいる世帯に最適なクルマをご紹介しよう。

まずは我々の経験から、新しいファミリーカーを購入する際に注目すべきチェックポイントや、あると便利な機能をリストにまとめてみた。

新しいファミリーカー購入時のチェックポイント

後部座席の空間: 後部ドアがどこまで開くか、ピラーが子供を乗せる時に邪魔にならないか。チャイルドシートを装着した際に助手席に十分なスペースが確保できるか。

後部座席の高さ: ワゴンよりもクロスオーバーを多くのパパ・ママにお勧めしたいのは、座席が高めの方が子供を乗せやすいため。

荷室: ベビーカーをお持ちであるなら、クルマ選びの際にはディーラーに持って行こう。どんなクルマのトランクにも入るとは限らないからだ。クロスオーバーの中にも問題になるクルマがある。また、我々がクロスオーバーをお勧めするもう一つの理由がトランクルームの高さだ。オムツ交換台としてこのスペースを使う際、オムツ替え道具が一式入った重いバッグを載せるには、ここが若干高めの方が便利である。ただし、あまり高すぎると不便なので必ずチェックしておこう。

先進安全技術: 時として赤ちゃんや小さな子供に気を取られ、運転の注意が散漫になることがないとは限らないそんな時、コンピュータやセンサーが貴方たち家族を守ってくれる。前方衝突回避・被害軽減ブレーキは装備するクルマをお薦めしたい。

キーレス・エントリー/エンジン始動: これが贅沢なアイテムだとお思いだろうか? 片腕に赤ちゃんを抱き、もう片方の手に荷物を持ったまま、ポケットからキーを探り出すという芸当ができるとお思いだろうか?

以上のことを踏まえた上で、小さなお子様をお持ちの家族にファミリーカーとして最適なクルマを挙げていこう。1台目はやっぱり便利なクロスオーバー。その中で最もお薦めなのはホンダ「CR-V」である。ホンダは家族に優しいたくさんの機能を用意しており、中でもこのクルマは特にそれが光る1台だ。


Related Gallery:2017 Honda CR-V First Drive

日本では売っていない? 大丈夫、昨年秋の東京モーターショーに出展されていたように、ホンダはこれにハイブリッド・パワートレインを搭載して日本にも導入する予定だ。海外では既に評価が高い現行モデルは、先代より後部座席の足元スペースが2インチ(約50mm)拡大した。さらに、後席ドアが90度近く開くのでチャイルドシートを簡単に載せることができ、中央にあるチャイルドシート設置用金具は使いやすい。また、CR-Vには高さを調節できるパワーテールゲート、キーレス・エントリーおよびキーレス・イグニッション、そして「Honda SENSING」と称する一連の先進安全運転支援システムが搭載されている。もう少し多くの家族を乗せたいならミニバンを選ぶことになるだろうが、それでもやはりホンダのオデッセイはお薦めできる。



Related Gallery:2017 Subaru Impreza First Drive

クロスオーバーやミニバンは好きじゃない、あるいは予算オーバーになるというパパ・ママに、セダンやハッチバックからお薦め車種を1台挙げるなら、スバルの「インプレッサ」ということになるだろう。ホンダ CR-Vと同様、新型インプレッサは後部座席の足元スペースが拡大され、小さな子供を持つ親にとって格段に使いやすいクルマになった。しかし、インプレッサが優れているのは後席の空間だけではない。スバルが誇る進化した運転支援システム「アイサイト(ver.3)」は、前方の衝突回避機能だけでなく、高速道路を走行中に子供に気を取られて車線からはみ出しそうになったら、警告を発して注意を促したり、ステアリング操作のアシストを行って車線逸脱を抑制してくれるのだ。しかもこのシステムは全車に標準装備。悪天候時にさらに安心な4輪駆動も選べるが、1.6リッターの前輪駆動なら200万円を切る。


By AUTOBLOG STAFF
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
スバル 2017年型インプレッサ、米国IIHSの2017年安全評価で最高評価「トップセイフティピック(TSP)+」を獲得

■関連動画