現代的なキャンピングカーに改造された1959年型メルセデス・ベンツ「O 319」がオークションに出品!
Related Gallery:Mercedes-Benz O 319 Camper Van

これは、旧いフォルクスワーゲンの「マイクロバス」を愛用していたヒッピーにぜひ見せたいクルマだ。

RMサザビーズのオークションに、1959年型メルセデス・ベンツ「O 319」が出品される。レストモッド(修復=レストアすると同時に改造=モディファイを加えること)されたこの個体には、現代のメルセデス製燃料噴射式エンジンとオートマチック・トランスミッションが搭載されており、アフターマーケット品と見られる現代的なエアサスペンションも装着されている。


前オーナーは15年以上掛けて、この年代物の小型バスをキャンピングカーに改装した。車内には特別に製作されたキャビネットやシンクが備わり、車体下にはプロパンガスと水のタンクを装備。全面がほぼガラス張りのキャビン後方に寝台が設置されている。このクルマで美しい景色の中を旅することを想像してみていただきたい。トラベル・インスタグラマーにとって夢みたいなものだろう。インテリア・トリムにはRV仕様のビニールが使われており、分かり難いかもしれないがフロント・シートは2代目アキュラ「CL」のものが流用されている(そう判別できた自分を誇るべきか恥じるべきか)。


予想落札価格は17万5,000~20万ドル(約1,980万~2,260万円)で、最低価格は設定されていない。オークションは1月18~19日、アリゾナ州フェニックスにあるビルトモア・リゾート&スパで開催される。


By JAMES RISWICK
翻訳:日本映像翻訳アカデミー
Related Gallery:Mercedes-Benz O 319 Camper Van


■関連記事
新車で買えるフォルクスワーゲン「タイプ2」バスのキャンピングカー、日本で販売開始!

■関連動画