Genovation Cars社、シボレー「コルベット グラン スポーツ」をベースにした新型電気自動車をCESに出展 800馬力で8,500万円!
Related Gallery:Genovation GXE C7 Corvette Renderings

米国メリーランド州ロックビルに拠点を置くGenovation Cars社は、2016年に開発を発表した電動スポーツカー「Genovation Extreme Electric (GXE)」の第2世代モデルを、1月9日からラスベガスで開催されるCES(国際家電ショー)で公開する予定だ。初代GXEは、先代のC6型シボレー「コルベットZ06」をベースに、スーパーチャージャー付き6.2リッターV8エンジンに替えて2基のモーターを搭載し、最高出力600hp、最大トルク83.0kgmを発生。この臓器移植が功を奏して、同車は公道走行可能な電気自動車として世界記録となる最高速度205.6mph(約330.9km/h)と、停止状態から1マイル(約1.61km)の距離を加速した際の速度190.4mph(約306.4km/h)を達成した。

第2世代のGXEでは、ベース車が最新のC7型「コルベット グラン スポーツ」に替わり、新しい2基のモーターは最高出力800hp、最大トルク97.0kgmに引き上げられるそうだ。このパワーは全て、カーボンファイバー製のリア・ホイールを駆動する。さらにパワフルなモーターの採用に加え、Genovation Cars社はバッテリー容量を44kWhから60kWhへ増大させた。前後の重量配分はこれまでと同じ50:50を維持している。音楽を聴きながらのんびりとアクセル・ペダルを踏めば、航続距離は約150マイル(約241km)に達するという。全長20.8kmのニュルブルクリンク・サーキットをUFOのような音を響かせながら全開で攻めても2周くらいは余裕で走れそうだ。同社によると、0-60mph(約96.6km/h)を3秒以下で加速し(ベース車両のグラン スポーツは3.5秒)、最高速度は220mph(約354 km/h)を超える見込みだという。

CESの会場で間もなく試作車が公開されるGXEは「人生で最も価値のあるものは無料、2番目に価値のあるものは非常に高額だ」という諺を証明している。同社によると75台が製造される予定で、1台の販売価格は75万ドル(約8,500万円)。限定生産のため価格は吊り上がるが、購入者は我々が知る限り他の電気自動車では見られない特徴、7速マニュアル・トランスミッションを選ぶことができる。Genovation Cars社は75人の購入希望者が問題なく見つかると信じており、GXEで得た利益は同車より低価格の「G2」と呼ばれるスポーツカーの開発に投資する計画だという。GXEの納車は2019年末より始まる予定だ。


By JONATHON RAMSEY
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
・Genovation Cars社、現行C7型「コルベット」をベースにした新型電気自動車の受注を開始
・【ビデオ】電動に改造された「コルベット」が、公道走行可能な電気自動車の最速記録を再び更新
・【ジュネーブ・モーターショー】シボレーの新型「コルベット グラン スポーツ」が米国から上陸

■関連動画