マツダ「CX-8」のニューカラーも!! 東京オートサロン2018に登場するマツダ純正のリアルなモデルカーをご紹介!!
Related Gallery:2018 Mazda Ace Modelcar

マツダのグループ企業のマツダエースは、東京オートサロン2018で新たに発売される予定のモデルカーの概要を発表した。

人気上昇中のSUV「CX-8」のモデルカーには、東京モーターショー2017で先行発売されたマシーングレープレミアムメタリックに加え、新たに6色のカラーが登場し、全カラーが勢揃いする。

精密な作りとリアルなカラーが再現されているので、東京オートサロン2018の会場で、全カラーを見比べて車両購入の参考にすることもできそうだ。


東京オートサロン2018では、新製品の他、「ボンゴ1000」も展示販売される予定だ。

ボンゴ1000は、マツダエースが1966年5月より発売を開始してから、50周年となるのを機に、その記念として企画されたオリジナルヒストリーカーシリーズだ。

現在のモデルと異なり、図面をもとに作ったモデルではなく、マツダミュージアムに展示されているボンゴ1000をマツダエースが取材し、制作した3Dデータや、当時のカタログを用いて製品開発を行った力作なのだ。

また、ミニカーの土台部に貼り付けてあるベースプレートは、当時のロゴを用い、オリジナル感とオフシャル感に加え、可愛さが演出されており、本体のみならずトータルでこだわりの仕上がりを体感できる。


また、初代「ロードスターNAの愛くるしいヘッドライトを、あえてポップアップした状態で製作した点が特徴的な、こだわりのモデルカーも出展・販売される予定だ。

東京モーターショー2017で販売された1/43 ロードスターNA&NDクラシックレッド2台コンプリートモデルカー(限定数150台・1万9,800円)は、大人気で完売してしまったが、こちらは単体で購入できるので、買い逃した方はこちらもおススメだ。

その他、東京モーターショー2017で登場し、限定販売されていた1/43「コスモスポーツ」(L10B)特別モデルカー(限定数200台・1万4,000円)、1/24「GLOBAL MX-5 CUP JAPAN」モデルカー(限定数150台シリアルナンバー付・1万8,500円)、2018マツダデザインカレンダー(1,800円)、も在庫わずかとのことだが、販売される予定とのことなので、購入したい読者は早めに東京オートサロン2018のマツダブースに立ち寄ると良いだろう。

ちなみに、大阪オートメッセ2018での販売も予定されているので、在庫次第で、関西方面の方はインテックス大阪の会場でも購入できる。

なお、ご紹介しきれなかったカラーバリエーションが多数あるので、詳しくはギャラリーでご確認を。


マツダエース 公式サイト
http://www.mazdaace.co.jp/mazdagoods/


Related Gallery:2018 Mazda Ace Modelcar


■関連記事
【東京モーターショー2017】開発者の熱いこだわりがカタチに!! ワールドプレミアなマツダモデルカーが続々登場!!