【ビデオ】今年のゴミはキレイに吸い取っておこう! プロが教える、車内に手早く効果的に掃除機を掛けるコツ
クルマの内装は定期的に清掃しないとすぐに汚れてしまう。ほこりや花粉、カビなどを放っておけば健康にもよくない。クルマ磨きのプロが愛車をキレイにするコツを伝授するビデオ・シリーズ『Autoblog Details』から、今回は車内の隅々まで手早く掃除機を掛ける方法をご紹介しよう。


必要な道具はこちら
・掃除機
・毛の硬いブラシ
・コンプレッサー
・ビニール袋2枚
・車内清掃用の柔らかい毛のブラシ
・マイクロファイバータオル


まずは全てのドアとトランクを開けよう。そして2つのビニール袋を持って、車内に残っている物を全て片付ける。ビニール袋を2つ使う理由は、捨てる物と取っておく価値がある物とを分けるためだ。捨てようかどうしようか迷う物は後で考えるとして、とにかくクルマの外に出そう。


次にフロアマットを外して、車外のきれいな濡れていない場所に置く。屋外で清掃するときは、うっかり泥や水溜まりがある場所に置かないように注意。


もしコンプレッサーをお持ちなら、シートレールやシートの下、シフトブーツ、座面の縫い目に溜まったホコリやゴミを吹き飛ばすのに役に立つ。コンプレッサーをお持ちでない方も、ブラシなどを使って隅々まで掃除していくのでご安心を。


さて、掃除機を掛ける前に、まず隙間ノズルの先端を見てみよう。プラスチック製のノズルは、成型時にできたバリがあったり、先端が鋭くギザギザになっていたりすることがある。そんなノズルでシートやカーペットを擦ったら、ファブリックの繊維がほつれたり、レザーが傷つくおそれがある。サンドペーパーをかけて研磨しておこう。もしサンドペーパーがなかったら、ノズルの先端が滑らかになるまでコンクリートの床などに擦り付ければよいだろう。


それでは掃除機を掛けていこう。まずはシート位置を最も後方まで下げて、背もたれを後ろへ倒す。シートの下から掃除機で吸い始め、続いてシートレールの隙間、シートとセンターコンソールの間、それから足元のスペースに掃除機を掛けていく。シートレールのグリスは落とさないように注意しよう。手早く確実に作業を行うには、例えば反時計回りと一定の方向で順番に掃除していくことだ。


カーペットは硬い毛のブラシを使い、繊維の間にある砂埃や汚れを掻き出して掃除機で吸い取る。同様に、カーペットを叩いてやると、埋もれている汚れを浮き上がらせることができる。



次はシートだ。まず、背もたれから掃除機を掛け始め、次に背もたれと座面の隙間の汚れも吸い取る。車内で食べたお菓子のくずが隠れていたりするので、念入りに掃除機を掛けよう。

座面は手で押し広げながら、ステッチに沿うように掃除機を掛けていく。サイドサポートとの間も忘れずに。古いクルマのシートは、表皮のファブリックがもろくなっていることもある。そういう場合はコンプレッサーか柔らかい毛のブラシを使って、シート表皮が傷まないように注意しながら、やさしく汚れを掻き出し、それから掃除機で吸い取ろう。

これを一定方向に順番に行ったら、運転席、助手席、後部座席と、反時計回りにもう一度繰り返し掃除機を掛ければ完璧だ。


最後にフロアマット。叩いたり、コンプレッサーの圧縮空気で汚れを落としてから、掃除機を掛けよう。車内に戻す前に、必ず裏面を確認することを忘れてはいけない。落ち葉などのゴミが付いていたり、濡れていたりしたら、せっかくきれいにしたばかりの車内のカーペットがまた汚れてしまう。

この方法を定期的に行うようにすれば、慣れたら10分以内で掃除機を掛けることができるようになるだろう。余談だが、フロアマットは交互にブラシを掛けると、野球場のフィールドのようなキレイな模様にすることができる。

クルマ磨きのプロ、ラリー・コシラが愛車をキレイにするコツを教える『Autoblog Details』。次回もお楽しみに。

※下のビデオで日本語字幕が表示されない場合は「CC」をクリック



■関連記事
【ビデオ】急なデートの前に必見! プロが教える、たったの5分間でクルマをきれいにする方法
【ビデオ】プロが教える、手早く15分でクルマを洗う方法
【ビデオ】プロが教える、クルマのボディを輝かせて保護するワックス掛けのコツ【3分間で分かる】