【ビデオ】クリスマスツリーをルーフに載せてどれほど速く走れるか! ヘネシーがダッジ「チャレンジャー ヘルキャット」で挑戦
ホリデーシーズンが到来し、まだ買い物を済ませていない人は店に急いで行くことだろう。特にクリスマスツリーを飾っていない人たちは焦っているのではないだろうか。そんな人たちは、ダッジ「チャレンジャー SRT ヘルキャット」が欲しくなるかもしれない。なぜなら、ルーフにクリスマスツリーを載せて174mph(約280km/h)の速さで運べるというのだから。

この事実を発見したのはヘネシー・パフォーマンス。同社はクリスマスの挨拶と実験を兼ねてダッジから「チャレンジャー SRT ヘルキャット ワイドボディ」を借り、SeaSucker社製の吸着型ルーフラックに、ロウズ(米国の大手ホームセンター)で購入した本物のクリスマスツリーを取り付けた。そして、テキサスにあるコンチネンタルタイヤのテストコースで、どれくらい速いスピードを出せるか実験を行ったのだ。その結果、記録された最高速度は前述の174mphだった。

映像を見ると分かるように、170mph(約274km/h)から174mphに到達するまでかなりの距離を走っている。とは言え、ツリーとルーフラックが少しも動かないというのは素晴らしい。映像は「世界最速のクリスマスツリー 174mph」という文字と、大量の煙を巻き上げたバーンアウト、そして707馬力を発生するV8エンジンとスーパーチャージャーが奏でる轟音で締めくくられている。ホリデー気分を盛り上げてくれる何とも楽しい企画だ。来年はさらにパワフルな840馬力の「チャレンジャー SRT デーモン」を使って記録更新できるように、ダッジがヘネシーに同車を貸してくれることを期待している。

それでは皆さん、メリー・クリスマス!




By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連ギャラリー
Related Gallery:2018 Dodge Challenger Hellcat Widebody

Related Gallery:2018 Dodge Challenger SRT Hellcat Widebody First Drive


■関連記事
・【試乗記&動画】「太って噛みつく力は増したが鳴き声は変わらず」 ダッジ「チャレンジャー SRT ヘルキャット ワイドボディ」
・幅広フェンダーに太いタイヤを履く新型ダッジ「チャレンジャー ヘルキャット ワイドボディ」が登場!

■関連動画