Related Gallery:Honda Access tas2018

ホンダ車用の純正アクセサリーを開発・提供するホンダアクセスは、東京オートサロン 2018に多様なカスタマイズの可能性を提案するモデルを出展すると発表した。

「Re:Z(アールイーゼット)」は、2017年1月に販売終了となってしまった「CR-Z」の「 α・Black Label」をベースとし、"eco は燃費だけじゃない。古いものや価値を見つめ直し、自分らしく楽しみながら永く使うこと。"をコンセプトに開発されたカスタマイズカー。

ちなみに、Reの意味は、 リラックス・リノベーション・リユース・リバイバル とのことで、初代「ホンダZ」をヒントに「はじめての・ひさびさのデートカー」としてまとめられた2シーターハッチバックだ。

純正オプションを手掛ける同社が、旧モデルのカスタマイズを手掛けるのは珍しい。今後中古車をベースにカスタマイズしてCR-Zを復活させるのか注目だ。


クロスオーバー人気に合わせて登場するのが、「オデッセイ ハイブリッド アブソルート」をベースとした「オデッセイ クロスクルーザー」だ。

シーンを選ばず洗練された車旅を楽しむためのクロスオーバーミニバンとして開発された同モデルは、クラス感を感じさせる上質なデザインと行動範囲を広げる走破性を併せ持ち、非日常の豊かな体験へ導いてくれるクロスオーバーに仕上げられている。

ルノーエスパス」やマツダ「CX-8」など多人数SUVのラインナップは増えつつある。このようなクロスオーバーモデルも人気を集めそうだ。


モデルチェンジした「N-BOX」には 「《BARBAPAPA》COLLECTION (バーバパパコレクション)」が登場。

"バーバパパとかくれんぼ"をテーマに、ママも子どももごきげんなクルマに仕上げられている。クルマの各所にはバーバパパがかくれおり、クルマでのおでかけのふとした時にバーバパパを見つけてクスッと笑える楽しいカーライフを提案するモデルとなっている。


マイナーチェンジした「N-ONE」には、アウトドアブランド「CHUMS」とのコラボレーションモデルが登場。

女の子4人で気軽に楽しく外遊びにでかけたくなるような、車の中でも外でも使えるアイテムを揃え、CHUMSカラーにコーディネートしたN-ONEとのこと。


「けもフレフィット」は、今年ブレイクした「けものフレンズプロジェクト」とのコラボカーだ。

フィット クロススタイル」をベースに、『けものフレンズ』の世界観を楽しめる一台とのこと。まだ、最終デザインは公開されていないので、会場でどのようなモデルになっているか要チェックだ。


スポーツモデルとしては、「S660」のホンダアクセス モータースポーツ部 K4-GP参戦車両が出展される。

"最強の軽自動車を作ろう"をコンセプトに、S660をベースに666kgの車重とパワーウエイトレシオ 6kg/ps台達成を目標に設定。大胆な重量削減+エンジンパワーアップとサーキット走行に耐えうる熱対策・シャシーチューニングが施されている。

ちなみに、このモデルは、ホンダアクセス社内モータースポーツ部活動メンバーで2017年K4-GP500km耐久に出場したとのことだ。

エクステリアの概要は公開されたが、会場で公開されるトータルコーディネートされたインテリアも注目したい。


ホンダ アクセス 公式サイト
http://www.honda.co.jp/ACCESS/

Related Gallery:Honda Access tas2018