【ビデオ】日産のエンジニアが真剣に取り組む、ミニチュアの洗車機でミニカーを洗車するお仕事?
日産自動車には様々な仕事を担当するエンジニアが働いている。ニュルブルクリンクで「GT-R」をテストしたり、"Zカー"こと「フェアレディZ」の次なる傑作を開発したりというクルマ好きにとって夢のような仕事がある一方で、"洗車"に関する研究を行っている人たちもいる。

日産が公開した動画では、同社は小さな模型自動車を使って塗装の試験を真剣に行っている。ミニチュアの洗車機を作り、塗装サンプルに"アリゾナの土"を振りかけ、水を噴射して青色の回転ブラシで擦ることで、現代の自動洗車機に対する塗装の耐久性を検証しているのだ。

とはいえ残念ながら、このフェアレディZの1/16スケールのモデルカーは、説明を分かりやすくするために使われているにすぎない。実際の試験は、(Zカーの下にある)長方形のプレートを使って繰り返し行われており、クルマの塗装が地方にあるガソリンスタンドの回転ブラシに擦られても傷まないことを確認しているのだ。

これでお分かりいただけただろう。自動車エンジニアの世界は、一般に考えられているほど華やかな仕事ばかりではないということだ。





By JAMES RISWICK
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
・【ビデオ】日産自動車、国内外での生産累計が1億5,000万台を突破!
・車台番号000001の日産Z33型「フェアレディZ」が、米国のディーラーで販売中 走行距離はわずか278km!
・【短評】マイナーチェンジを受けた日産「GT-R」に試乗 スーパーカーでピッツァを買いに行く

■関連動画