日産とDeNA、一般参加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中
日産自動車とDeNAが、自動運転車両を利用した配車サービスの実証試験を、2018年3月5~18日の期間限定で実施すると発表しました。試験を実施する区域は横浜市みなとみらい地区周辺で、一般モニターも参加可能とのこと。

日産は、自身が開発してきたEV、自動運転、コネクテッドカー技術をDeNAが取り組むインターネットとAIの活用したサービス設計や運営ノウハウと組み合わせて、「もっと自由な移動を」をコンセプトとする自動運転配車サービス「Easy Ride」を構築しました。

専用のモバイルアプリで車の呼び出し、目的地設定、運賃の支払いが可能、いずれは目的や気分に応じたおすすめ観光ルートなども自由に選択できるようになります。
 

自動運転技術を使うこの実証試験にわれわれ一般人が参加するには、まず事前登録が必要です。受付はすでに始まっており、2018年1月15日までEasy Rideのウェブサイトから登録できます。なお、自動運転とはいえまだ実験段階であるため、不測の事態に備えて運転手が同乗します。


日産はすでに自動運転仕様のリーフを使った公道テストを英国などで実施しており、英国特有のジグザグラインやラウンドアバウトなどにも対応しています。本家Engadgetが試乗した際は、目前で発生していた事故現場をきちんと障害物として認識し、それを避けつつ他車にも進路を譲ったりしながら安全に走行していました。

外国から大勢の観客が押し寄せるだろう2020年東京オリンピックは、自動車各社にとっても自社の技術をひろくプロモーションする大きな機会です。今回の実証実験は、2020年のEasy Ride本サービス開始に先駆け、いま現在の自動運転AIがどのレベルまで来ているかを体験してみる絶好の機会かもしれません。


by Munenori Taniguchi

※こちらの記事はEngadget日本版より許可を得て掲載いたしました。