【LAオートショー2017】日産、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』をテーマにした7台のショーカーを公開
Related Gallery:The Last Jedi inspired Nissan Vehicles: LA 2017

12月に入ってLAオートショーの一般公開が始まり、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開日も近づいてきた。他の皆と同じように日産は『スター・ウォーズ』が大好きだ。今年のLAオートショーで日産は、パートナーシップを結ぶこの映画シリーズからインスピレーションを受けて製作した7台のショーカーを展示。マニアにとってはたまらないブースとなった。


まずはカイロ・レンの「TIEサイレンサー」のスタイルを模した日産「マキシマ」だ。その側には、レンの威圧的なマスクを施したマキシマと、キャプテン・ファズマのマスクをシルバーのアルミで表現したマキシマが並ぶ。「スペシャルフォースTIEファイター」は、ファースト・オーダーをテーマに「アルティマ」をベースに製作されている。


ダークサイドの方は、善良な人々を応援する日産のクロスオーバー2台で製作された。「ローグ」には、ポー・ダメロンのXウイングを模した装飾が施され、相棒のBB8がルーフ後方から顔を出している。Aウィングのデカールが施された「ローグ スポーツ」は、リアにロケットエンジンのセットを装備する。これに、ハイパースペース用のデバイスが含まれているかどうかは、言及されていない。

これらの6台に加えて、後から日産はこの新作映画で「ファースト・オーダー」の新兵器として使用されるもう1台の車両「タイタン AT-M6」も公開した。日産では、これがLAオートショーでデビューする最大のクルマ("物理的なサイズで")になると語っている。日産が製作した車体にはタイヤが装着されているが、『スター・ウォーズ』の世界ではAT-M6は巨大武装トランスポート「ウォーカー」となる。


Related Gallery:Nissan "Star Wars: The Last Jedi" show vehicles

日産はこれまでにも、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』とタイアップしたローグの特別仕様車を発売したり、2017年のシカゴ・オートショーではXウイング仕様のローグを展示したりしている。だが、スター・ウォーズとコラボレーションした自動車メーカーは日産だけではない。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が公開された際には、ダッジがスター・ウォーズ仕様のクルマを走らせストームトルーパーをモデルにした「フィアット 500e」も製作された。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、12月15日に全国公開予定だ。この映画にはおそらくこれらの特別な日産車は登場しないと思うが(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が秘密だらけだったことを考えると何とも言えない)、日産と『スター・ウォーズ』シリーズのさらに楽しいコラボレーションを見ることができるかもしれない。



By JOHN BELTZ SNYDER
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:The Last Jedi inspired Nissan Vehicles: LA 2017

Related Gallery:Nissan "Star Wars: The Last Jedi" show vehicles


■関連記事
・【シカゴオートショー2017】日産のブースは映画『スター・ウォーズ』がテーマ 「Xウイング」仕様の「ローグ」も
・【ビデオ】日産「ローグ」、新CMでスター・ウォーズの世界に突入
・【ビデオ】映画『スター・ウォーズ』最新作、ダッジの広告にフォースを授ける