【ビデオ】プロが教える、クルマに貼られたステッカーをきれいに剥がすコツ
かつては愛車に喜んでステッカーをペタペタと貼ったものの、しばらく時間が経ってみたら、やはりすっきりとしたクルマのフォルムを楽しみたいと、気持ちが変わることはないだろうか。あるいは中古で手に入れたクルマに前オーナーの趣味で貼られた時代遅れのステッカーを何とかしたいとか、新車で購入した場合でさえ、メーカーやディーラーが貼ったステッカーが気に入らないと思うことだってあるだろう。

クルマをキレイにするコツをその道のプロが教えるビデオ・シリーズ『Autoblog Details』から、今回はそんなステッカーをキレイに剥がす方法を伝授しよう。


必要な道具はこちら

・潤滑スプレー
・ヒートガン
・カミソリとホルダー
・プラスチック製カミソリ
・マイクロファイバータオル
・シールはがし液
・ガラスクリーナー


まずはステッカーがガラスに貼ってある場合。ホルダーに付けたカミソリの刃をゆっくりと粘着部分の下に入れて剥がしていく。古くなったステッカーは固着していることもあるので、力を入れ過ぎて手が滑り、周囲を傷付けたりしないように注意しよう。コツはガラスクリーナーを使って刃を滑りやすくすること。ガラス面に残った糊を拭き取るのにも役立つ。


リア・ウィンドウの内側はデフロスターの熱線があるため、カミソリの刃は使えない。ヒートガンで温めながら、プラスチック製のカミソリで注意深くステッカーを持ち上げていこう。熱線を傷付けないようにくれぐれも気を付けて。


外装の塗装面に貼られたステッカーを剥がすには、その貼られている面の素材をまずチェック。樹脂製のバンパーなどに貼られている場合は、ヒートガンの熱で塗装面を溶かしてしまわないように注意しよう。ヒートガンは常に動かすようにして、1箇所を集中的に温め過ぎないように。手で温度を確認しながら行うとよい。思わず手を引っ込めてしまうようでは熱すぎだ。

樹脂の表面は、熱を受けると塗装が歪んでしまうことがある。冷めるのも速いので手早く済ませよう。


ヒートガンを使いたくないなら、プラスチック製のカミソリか爪で、潤滑スプレーをかけながら、ステッカーの端から少しずつ剥がしていく。

古いクルマの場合、塗装が劣化していることも考えられるので、ステッカーをなるべく水平に(横方向に)引っ張りながら剥がしていくこと。手前に引っ張ると塗装やクリアコートも一緒に剥がれかねないからだ。

最後にシールはがし液とマイクロファイバータオルを使って残った糊を拭き取れば完了だ。



ステッカーやデカールはクルマを個性的にドレスアップする方法として有効だ。飽きたらこんなふうに簡単に剥がせるのだから。

クルマ磨きのプロ、ラリー・コシラが愛車をキレイにするコツを教える『Autoblog Details』。次回もお楽しみに。

※下のビデオで日本語字幕が表示されない場合は「CC」をクリック

■関連記事
・【ビデオ】プロが教える、手早く15分でクルマを洗う方法
・【ビデオ】プロが教える、クルマのボディを輝かせて保護するワックス掛けのコツ
・【ビデオ】プロが教える、車内の嫌な臭いを手早く退治する3つのコツ
・【ビデオ】プロが教える、愛車についた深い傷を補修する方法