【LAオートショー2017】リンカーン、「MKX」の後継となる新型ミッドサイズSUV「ノーチラス」を発表!
Related Gallery:2019 Lincoln Nautilus: LA 2017

リンカーンは、「MKX」の後継モデルとなる高級ミッドサイズSUV「ノーチラス」をLAオートショーで初公開した。

リンカーンは、ノーチラスをMKXの後継としているが、アルファベットのネーミングを踏襲しなかった。ギリシャ語の"船舶・水夫"という意味から、潜水艦や軍艦の名前に使われる"ノーチラス"という車名が与えられたこの中型SUVは、「コンチネンタル」や「ナビゲーター」と共に"旅"をテーマとする同社のラインアップに加わる。


Related Gallery:2019 Lincoln Nautilus

2019年モデルには2種類のターボ・エンジンを設定。最高出力335hp、最大トルク52.5kgmを発揮する2.7リッター直噴V型6気筒ツインターボ・エンジンに加え、最高出力245hpの2.0リッター直列4気筒ターボ・エンジンが用意され、いずれも8速オートマチック・トランスミッションと組み合わされる。

車内には、整形外科医の協力を得て開発したという22Way調整式の「ウルトラ・コンフォート・シート」や、19個のスピーカーを備えるREVEL製オーディオなどの快適装備をオプションとして用意。また、レーン・センタリングやストップ&ゴーにも対応したアダプティブ・クルーズ・コントロールを含むリンカーン初の新しいドライバー・アシスト・テクノロジーも採用された。

リンカーンは、同ブランドで最も売れているMKXの位置をノーチラスに引き継がせることを狙っている。米国では来年の春よりディーラーに並ぶ予定だ。


By AUTOBLOG STAFF
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2019 Lincoln Nautilus: LA 2017

Related Gallery:2019 Lincoln Nautilus


■関連記事
・【NYオートショー2016】ガルウィング・ドアを備える大胆なコンセプトカーとして生まれ変わったリンカーン「ナビゲーター」(ビデオ付)
・【北米国際自動車ショー2016】新型リンカーン「コンチネル」、400馬力のV6ツインターボも搭載!