【ビデオ】ジャガー「XE SV プロジェクト8」が、ニュルブルクリンクで市販セダン最速ラップ・タイムを更新
ニュルブルクリンク北コースで市販4ドア・セダンの最速記録が更新された。ジャガーの「XE SV プロジェクト8」が7分21秒23というラップ・タイムを達成し、その動画が公開されたのだ。

ジャガーのタイムは、それまで記録を保持していたアルファ ロメオ「ジュリア クアドリフォリオ」を大幅に上回った。ジュリアはこの"ハードコア・キャット"より11秒も遅かったのだ。それ以前に量産セダン最速とされていたポルシェの「パナメーラ ターボ」が昨年記録したラップ・タイムは7分38秒に過ぎない。なお、単なる"4ドア・セダン最速"ということであれば、スバルの「WRX STIタイプRA NBRスペシャル」が7分を切っているが、これは特別に製作されたサーキット専用車で、市販されているわけでないので、今回のジャガーとはカテゴリーが異なる。


Related Gallery:Jaguar XE SV Project 8

ジャガーのXE SV プロジェクト8は、同社のセダンで最もコンパクトな「XE」に最高出力600psを発生する5.0リッターV8スーパーチャージャー付きエンジンを押し込んだ限定モデル。確かにベースはXEなのだが、カーボンファイバーが多用されたボディはフロント・ドアとルーフを残し大幅に作り替えられている。

しかし、この超高速ジャガーを体験できる人は多くない。ジャガー・ランドローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)部門で300台のみが手作業で生産され、日本への割り当て分8台は既に完売しているという。ただし、ジャガー・ランドローバー・ジャパンによれば、全世界からの受注が300台に達するまで、追加で取り寄せることも可能だというので、購入したい方はジャガー正規ディーラーに連絡してみよう。もちろん、2,180万円という金額を支払う財力のあることが前提条件だ。

それでは早速、最速記録を樹立した走りを動画でご覧いただきたい。




By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
ジャガー・ジャパン 公式サイト:XE SV プロジェクト 8
https://www.jaguar.co.jp/about-jaguar/special-vehicle-operations/project-8.html

■関連記事
・【ビデオ&フォト】ジャガー、公道仕様モデルで最もパワフルな600馬力の「XE SV プロジェクト8」を公開!
・ジャガーの「XE SV プロジェクト8」は、ボディの70%が専用に作り替えられている

■関連動画